2016年07月13日

気合いが入った子

1606チラシ.JPGチラシ小学生.JPG

今年の夏期講習のチラシです。
たくさんのお問い合わせをいただきありがとうございました。
来週には夏期講習を開始しますので、もう少しで申込受付を締め切ります。
中3は、塾生の紹介に限り夏期講習受講者まで受け付けます。


今晩は、本日も粛々。

この夏から入塾する生徒の面談等をしていて、
気合いの入った生徒たちが多くて、こちらまで嬉しくなります。

かほく市内の塾からは、まぁ好き放題言われておりまして、
やれ、狂ったように勉強させる塾だとか、
やれ、めちゃくちゃ厳しい塾だとか、
言われて嬉しいことばかりなのですが(笑)。

どうもかったるい人間が嫌いで、
できない理由を自分以外から持ってくる人とか、
取り組んでいることを手抜きしながらたらたらやる人だとか。
ですから、
自分のペースを守りながら勉強できますか?とか、
分からないところをじっくり教えてくれますか?とか、
引っ込み思案なんで、まめに分からないところが無いか聞いてくれますか?
そんな事を言われると、
ちゃぶ台をひっくり返したくなります。
そんなに気を遣われないとできない勉強なら最初からやるな!と(笑)。

そういうかったるい方が、寺子屋の評判と、
入塾テストがあるというだけで、
勝手にどん引きしてくれますので、とても助かっています。

厳しい塾だとは聞いていたけど、どうせやるなら徹底的にやりたい。
今の自分の成績が悔しくて、どうしても何とかしたい。
入塾テストまで100点以上足りなくても、絶対越えたい。
今の自分の成績に、悔し涙を流す子。

こういう生徒たちが来てくれました。
私まで胸が熱くなりますね。
こういう子たちのために頑張りたいと思います。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

本日もチラシが入りました

1606チラシ.JPGチラシ小学生.JPG

中1・中2用チラシが、多分今夏最後です。
今日入りました。


今晩は、本日も粛々。

中1・中2で一番頭を悩ませるのは、
宿題が多い中学校で、どうやってそれを手早く終わらせるか、です。

基本的な問題ばかり、みっちり宿題を出すことで、
この中学は、統一テスト150点未満の生徒たちを劇的に減らしました。
しかし、泉丘合格者数が、以前ほど出なくなりました。
今昔を問わず、
中学生の基礎力はとても心許ないものです。
しかし、今の生徒層は、ある程度出来る層と、お手上げの層があまりに極端。
ひとつの宿題パターンで全部の生徒層をカバーするのは不可能です。
もう一段階上の勉強をしないと、
泉丘附属などの上位高校に合格して、
さらにそれらの高校の勉強に耐えられるだけの勉強体力は身につきません。

しかしながら、中学校の宿題は先生との大切な約束。
意義あるものを無効化しては元も子もありません。

そこで、それらをスピーディーに、
しっかり出題意図を汲み取ってクリアしていきたいですね。
だいだい大変だと感じている子は、直接もしくは保護者を通じて相談してくれますので、
個々にアドバイス出来ているかなと思います。

きちんと学校の宿題をした上で、
上位高校にふさわしい勉強を。
寺子屋の大切なコンセプトのひとつです。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:28| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

小学生専用チラシ

チラシ小学生.JPG


今晩は、本日も粛々。

小学生専用チラシを出してみました。
数年後、ひょっとしたら、
小学生からいる生徒以外は、中学生になっても寺子屋に在籍できない。。。
って感じになっていくかもしれません。

というくらい、
小学生の下ごしらえが大事になってくる時代になってきました。

ですので、
二ヶ月に一度、京都まで低学年指導の勉強会に行ったり、
小学生の授業をいじってみたりしてみました。

小学生のうちに、
じっくり考えることは楽しい、
毎日机に向かうのが当たり前という習慣、
そして、
勉強が楽しいことを体感

してほしいと思います。
中学校受験をしないケースでも充分です。
保護者のかたがこっそり行って欲しいなと思っている高校も、
泉丘でいいんです。

点数を取ることには興味があるけれども、
世の中や人間に無関心というエリートより、
勉強の楽しさを噛みしめることができるエリートを育てていきたいなというのが、
寺子屋のモットーです。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

チラシが入りました

1606チラシ.JPG

ずずんとチラシが入りました。
早速お問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

今の中1・中2は激動の大学入試を受けることになります。
ですので、成績アップを媒介にしながら、いかに下ごしらえをするか?
が、とてもとても大事な学年だと考えています。
今回の改革は、
成績上位10%ほどにはとても大きな影響があります。
つまり、寺子屋生はドンピシャで当てはまります。

今の中学生が学んでいる教科書で、改革の目玉だったのは数理社。
今回の改革で目玉は英語。影に隠れて国語。
ようやく全教科揃うわけですね。
ですので、じっくり時間をかけて、
下ごしらえを。

受験のイメージが、直前に頑張って仕上げていくファーストフードから、
じっくり仕込みをしていく和食に変わっていくということです。
キーワードは、知的好奇心。

そういえば、
今読んでいる本が斎藤環さんの『人間にとって健康は何か』。
質の高い人生を維持していくには、
知的好奇心などといった特性が不可欠という、
ユニークな考察で、面白くてぐいぐい引き込まれていきます。

今までの受験勉強でも、知的好奇心などの特性を伸ばすために設けられていたのですが、
点数を取るテクニックで、ごまかしも通用しちゃうので問題になっていたんです。
それが、変わるという理解でいいと思います。

こういうところまで考えている塾っていいなと思われる方は、
ぜひお問い合わせください。
いい高校に入りさえすればいいんでしょう?という方は、
他塾さんにお問い合わせください^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

小学生がいい感じです。


420.jpg
現在発売中のクラビズムに、
ひっそり寺子屋が載っています。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋では高学年年6回、低学年年3回、学力テストというテストを行っています。
AテストとBテストの2種類があって、
Aテストは、公立小学校から公立中学校に行く生徒の基礎レベル
Bテストは、首都圏中学校入試での基礎レベル。

公立小学校の一番の悩みは、学力を客観的に見る機会がゼロということだと考えています。
ですので、Aテストで9割=中学校に入ってからの学校のテストで9割という、
過去の生徒のデータに基づいて指導してきました。

Aテストで9割取れる生徒は、Bテストに移行してもらっています。
ここで偏差値60以上を安定して取れる生徒は、
公立中学校の内容が余裕になります。

おかげさまで小学生がいい感じに育ってきていまして、
今年の4月から、Bテストを受けた生徒が多いです。
私の気持ちとしては、
へっへっへ、一度がつんと凹みやがれ Ψ( `∀´)Ψ
くらいの意地悪さだったのですが(笑)、
ほとんどの生徒が偏差値60超えを果たしてきました・・・。

まさに、
強敵と書いて「友」と読む



強敵と書いてともと読む.jpg

という心持ちになりました(笑)。


学力テストBテストと、首都圏中受最難関模試の、
ちょうど間をいけるようなテストを考えてみようかな・・・。

もう今在籍している中学生くらいから、
中3の部活が終わってから高校受験対策を頑張る、
中学生になったから塾にでも行こうかな、
こんな考え方が、棺桶に放り込まれます。

その準備としては適切な時期にきているのかもしれません。
んー、考えてみます^^


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする