2019年01月21日

優秀な子より立派な子を育てたい


今晩は、本日も粛々。


センター試験の自己採点結果が、続々とやってきております。
まだ全部そろっていないのですが、

得点率94%、89%

が出ています。
この二人が象徴的なので、
ちょっと書いてみたいと思います。

正直言いまして、
センターで成功したことに、
あまり価値は感じていないのです。
仮にセンターに失敗して、
本命に出願できなかったとしても、
私にとって彼らを教えることができた価値に変わりはありません。

地方の公立高校出身者で最も危険なこと。
それは、
成績だけでいい大学に行ってしまうこと。

たっぷりと他のことを吸収できる素地がないと、
大学で持たないですし、
まだ退学できればいいのですが、
そのまま社会に放りだされると悲惨だと思うのです。
大学でやるのはテストや受験勉強という他者評価に阿ることではなく、
学問なのです、
いい大学に行って四年間自由な時間を買うだけでは勿体ないなぁと。

さて、
94%取れた生徒については、知的な素地みたいな部分を、
少しは伸ばせたなぁという印象です。
知的素地がないにも関わらず、卒なく何でもこなす子なので、
私から、

背番号の無いエース(笑)

と呼ばれていました。
それが高3になったときに、大学で勉強したい内容を、
少しはしっかりした内容を言うようになりました。
まだまだ調べて言っているレベルでは無いのですが、
寺子屋が推奨している、


★余熱で点数を取る


ということが見えてきたので、
センター9割は越えると予想していました。


センター89%の子は対照的に、
将来やりたいことや、知的好奇心みたいな部分は充分ある、


★私の世代や少し前の世代の、普通の高校生


みたいな感じの子です。
打てば響くという言葉がぴったりな感じです。
この子は9割か少し届かないと予想していました。

こういう子は教えていてとても楽しかったです。
もちろん、
課題点や欠点もたくさんあるのですが、
学問のベースができていることが大事ですね。
すなわち、

感情が動く、
実際に調べる、
言語化する。

それでも、
「国語が思ったより取れなくて、すみませんでした」
なんて殊勝なことを言ってくるので、
素直に言いました。

受験がまだ終わってないのに言うのもなんだけど、
教えさせてくれてありがとう。


先生との約束を守り、
ある程度長い期間、行動を続け、成績等の報告を欠かさない。
その上で、
知的な素地を作り、
志望校を正しく選ぶ。
そういう条件が整うと、余熱で点数を取るということができます。

優秀な生徒はどこでも勝手に育ててください。
寺子屋は、
立派な子たちを育てたいのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

寺子屋低学年の師、諫山先生講演2回目


こんにちは、本日も粛々。


今日も京都で勉強会。

C9C0FA22-4508-4F18-9107-7524E0AA37A8.jpeg

寺子屋に通う低学年の子は、まず文章題が得意になります。
ですが、
小学校低学年や高学年で、
徹底的に考えない習慣が身についてしまった子は、
年々増えている印象です。


分からない、習っていないと文章を読もうとしない。

文章内容を無視して、数字合わせで答えを出そうとする。

何算で計算すればいいの?という質問をする。

書かずに頭だけで考えて、難しい・分からないと言う。


これらは、もう重症というレベルなのですが、
小学校で行われるテストでは、点数では見えてきません。
お問い合わせくださった保護者の方が、
上記のような様子を見て、
ウチの子が心配で、、、と相談を持ってきてくれると、
身近な大人の観察力で、
子どもの知性って育つんだなぁと、
つくづく感心します。

これらの重症が放置されて、
中学生・高校生になってしまった生徒を、
わんさかみてきました。

そんな歳になっても、
課題はやはり、前に戻らないと解決できません。
ただ先に内容を網羅的に理解している分、
低学年より早くマスターできます。

さて、6月に大好評を博しました、
諫山先生の公開授業の日時が決定しました。
10月21日日曜14時から17時です。
詳細は後日お伝え致します。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 15:58| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

明日で夏期講習終了


今晩は、本日も粛々。

高学年の夏期講習が明日で終了です。
小学校の間に基本動作、

〆切までに習った内容を頭に入れるよう調整する、
授業を受ける姿勢を身に付ける、
抽象的な中学校の勉強の、具体的な事例をたっぷりと仕込む、

これらを備えるため、
小学生に力を入れ始めて4年ほど。
寺子屋はいつの間にか、小学生が一番人数が多くなりました。

今、小学生の子たちが中学校に上がると、
例えば中1の授業は、
中1レベルの学力の子が授業を受けるような小学生と中1が混ざった形式
などになっていくかと思います。

義務教育期間は、
基本を身に付けた子にとっては長すぎる。

これは何十年も前から言われている、
我が国の課題です。

まぁ、
公立高校入試に間に合いすればそれでいいという、
志が低い方には普通の塾に通っていただいて、
寺子屋は気合入った人だけが頑張る塾でいようと思います。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:39| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

嬉しい一言


今晩は、本日も粛々。


最近、学校の先生が、
寺子屋ってすごい塾だねとか、
行った子はすごく成績が伸びるとか、
おっしゃってくださっているという話をよく聞きます。
とても有り難いです。

最近、ブログやチラシで、
成績アップ状況には触れないようにしています。

理由その1
http://honrakuji.seesaa.net/article/450533094.html

理由その2
http://honrakuji.seesaa.net/article/450881986.html

まぁ、おかげで、
偏差値5、6くらい上がったくらいでは、
当たり前みたいな空気を、寺子屋保護者から感じて、
時々拗ねていますが(笑)。

くどいようですが、
成績が上がるのは副産物で、おまけなんです。
せいぜいがきっかけに過ぎないんです。

勉強が面白い、
自分で勉強を深めたい、
ここまで持っていくのは、
とても難しいのは重々承知なのですが、
どうしても達成したいと思っているんです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:42| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ガチめ

チラシ1806.JPG

最近入っているチラシです。
昨日残席状況をブログにアップしました。
ブログタイトルの残席は、まだ古いバージョンです。

FD2066AC-192A-404B-A6F0-6162BA84959E.jpeg

発売中のクラビズムに寺子屋登場中です。


今晩は、本日も粛々。

最近お問い合わせがあった子に、
寺子屋って厳しい、すっげー勉強しなきゃいけないとか言われてない?
って聞いたら、

わりとガチめに取り組む塾って聞きました。

とのこと。
思わず笑ってしまいました。


まぁ、今までの成績が悔しくて、何とかしたいと思うなら、
ガチめに取り組むのは当たり前だと思うのですが、
それにしても、
そういうふうに聞いていても頑張りたいと、
幣塾の門を叩いてくれるのはとても嬉しいです。

ぬるいのは子どもたちだけじゃなくて、
大人にもたまにいますから。
これはどこの世界にいっても変わらないことです。

まぁ、良く言われていると聞くのが、
賢い子しか通えない塾。

通ってから偏差値10以上アップした子が多いんだけどなぁ。
賢くなりたくて、
頑張り続けた子が通う塾というのが、
正確なところだと思うのだけれども。

まぁ、
今の成績を何とかしたいけど、
今の自分を変える気がありませんという子は、
どんなに成績が良くても断るようにしています。

「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること
(The definition of insanity is doing the same thing over and over and expecting different results)」
アルベルト・アインシュタイン(厳密には少し表現が違うらしいですが)


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする