2017年06月04日

テストで伸びたことをお知らせしなくなった理由

433.jpg

こっそり今年も寺子屋登場です。


今晩は、本日も粛々。

中間テストがぞくぞく返ってきていて、
自己最高得点更新やら、自己最高順位取ったやら、
いろんな報告が来ていますが、
ブログやチラシをお知らせすることは、ここ数年一切していません。

したほうが、宣伝としても、生徒のやる気アップのためにも、
いいのは分かっているのですが。

理由のひとつは、学年トップ10やら、点数大幅アップやらが、
寺子屋的には大して珍しい事柄ではなくなっていることです。
毎年1月の保護者会で、
実際の成績推移を全員分お見せするという、大胆なことをやっています。
他の塾さんのことは知りませんが、
結構すごい数字が、毎年踊ります。
点数や順位が良くなったことよりも、
考え方が前進したり、物事を深く考えるようになったり、積極的になったり。
そっちの方がかけがえのない財産です。

極め付けは、
とある高校に大逆転合格できた保護者の方から。
「点数が数点違ったとしても、人生に大して影響はない」と言われ、
一生懸命指導して、点数を上げることまではいいのですが、
それを誇らしく思うことに馬鹿馬鹿しくなりました。

点数が上がって、大逆転できれば、
何か思うことを抱えてくれ、その後の生活が変わるはずだ。
こう無邪気に考えること自体が甘かったわけですね。
ですので、生徒の成績以上に、考え方や取り組み方を注目するようになりました。

もうひとつ理由があるのですが、
それはまた次回に。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:05| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

小学生や中学生に難しい問題を与える理由

433.jpg

現在発売中のクラビズムに寺子屋がひっそり登場しています。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋の小学生・中学生のテキストは、
教材会社さんが「全国でも採用しているところはほとんどないくらい難しい」教材を
選んでいます。

理由はいくつもあるのですが、代表的なふたつ。
「丸が付く楽しさより、じっくり考える楽しさを伝えたい」

ごまかし勉強が身に付いている子は、
マルが付くことが勉強だと勘違いしています。
マルが付くためには、平気でズルをします。
泉丘の生徒のうち、このごまかし勉強で泉丘にたどり着いてしまった不幸な生徒は、
文章をまとめるという課題すら、解答の暗記で乗り切るそうです。
大学の課題は、数冊の本をまとめる作業があるのにねぇ(笑)。

マルが付かなくても、じっくり考えて解く。
ああでもない、こうでもないと考えるのが、人間は本能的に楽しいことを、
思い出してもらいたいのです。
そして、失敗から工夫することが、学問の出発点であることを伝えたい。

これが、私のイメージしている勉強です。
まぁ、ある種の理想論です(笑)。
ですが、それだけでなく、実際に成績という点取りゲームの部分でも、
実は難しい問題集を用いた方が、絶対にいい!と言い切れる部分があります。

算数・数学だと分かりやすいのですが、
簡単な問題集ほど、計算が基礎で文章題が応用という、単純な図式で構成されています。
本当の基礎は、
分数は何か?とか、かけ算ってどういうこと?のような、
概念を徹底的にやらなくてはいけないはずです。
にもかかわらず、
簡単な問題集ほど、概念に触れず、計算ばかり。
難しい問題集はたっぷりと概念に触れます。

概念がわかっていない子に、
計算方法を工夫したり、文章題で日本語から数式を読み取ったり、
できるわけがありません。

つまり、
生徒のレベルに合わせて、簡単な問題集を使えば使うほど、
計算等はできるが、考え方は分からないという、
伸びない生徒予備軍を作り出すことになります。

これに過去問対策で点数だけは取ってきた子たちが、
進学校に大量にいます。

なるべく本質的なアプローチをしようと思うと、
むしろ難しい問題集を使った方がよいと、結論にならざるを得ないんですね。


                              ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:09| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

寺子屋から世界へ(一人目)


今晩は、本日も粛々。


寺子屋卒塾生から、ボストン大学(universityの方ね)合格が出ました。
ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領や、
マルティン・ルーサー・キング牧師の後輩になります。

中学校のときは、国内の大学に関心があったようですが、
高校の先生や先輩からの話を聞いて、
海外の大学に関心を持つようになったそうです。

確かに、最近の東大総長や京大学長の話では、
「受け身の勉強ではなく、主体的な勉強が必要だ」とか、
「研究は対話が大切だ」とか、
本質的ではありますが、どうも志が低いなと。
もちろん原因の一端は、我々塾にもありますから、いつも反省させられますが、
このような状況では海外の大学に行きたくなるのも、
無理はないと思います。

私はこの生徒の推薦文を書くことと、
時折スカイプで近況報告や相談を受けていたくらいですので、
特に何か指導をしたということは無いのですが、
ひとつはきちんと自分のやりたいことと進学先を一致させて、その結果合格したこと、
(ですから、国内海外・偏差値の高低は、実はあまり重視していません)
それから、寺子屋のイズムを持った学生が世界に羽ばたくのは、純粋に嬉しいです。

私はまだ先進国に、海外旅行に行ったことが無いので、
いつかこの生徒が在籍しているうちに、アメリカに行ってみたいと
密かに考えています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

大学入試に思う事


今晩は、本日も粛々。


寺子屋は中学校で在籍した子のみ、高校生の大学受験を指導しています。
例外(高校生になってから在籍)はごく数人いましたが、
今まで高校からの入塾は、20人以上?30人以上?断ってきました。

授業は少しだけ行っていますが、それも単に授業が無いと通っている気がしないという、
次元の低い要望に応えただけの話。
高1から基本週3回、
高3になったら基本毎日など、数少ないルールしか存在しません。
ですので、
最近泉丘や七尾高校あたりが躍起になって、
塾・予備校に行くなと脅しに近い形でやっていますが、
何ら抵触することはありません。


高校生は、勉強する場所さえあればいい。


数少ないルールをきっちり守れた生徒は、
ほぼ全員国公立大に合格しています。
別に国公立大がいいとは限りませんが、結果としてそうなっています。
(実際国公立を蹴って私大に行った生徒もいます)

コツはいくつかあるルールは、学力に深く関連するものなので、
それを守ってくれること。
あともうひとつは、大学入試にとらわれ過ぎないようにすること。

それだけです。

高校入試は大学入試の基礎固め以上に意味は無いですし、
大学入試もきちんと基本に則れば、それだけを目標にするほどの価値はありません。
ただ、
これらの受験勉強の周辺には、
たくさんに価値ある事象が転がっています。
これをきっちり伝えたいのです。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:03| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

寺子屋の中学生への指導方針


今晩は、本日も粛々。


新中1対象の保護者会を、生徒同伴で実施いたしました。
アンケートを拝見していて、ひょっとして寺子屋の意図がうまく伝わっていないかもと
思った記述がいくつかありましたので、補足をいたします。

寺子屋は450点以上、学年10位内を目指す塾だと話しました。
しかし、500点や学年1位にこだわるつもりはありません。
だいたい、
学年5位内くらいを安定して取れるようになれば、
特に何か言う事はありません。

寺子屋卒塾生で、附属より偏差値が高い高校に進学した子たちや、
泉丘首席合格した子などなどおりますが、
彼らは公立中学校で学年1位をずっととっていたわけではありません。
中3のときでしたら、
1年で少ない子で3〜4回くらい、多い子で半分くらいでした。

勉強の面白さのうち、
「いい順位や点数を取る」という面があるのは確かですが、
例えば、460点から480点に上げようという勉強は、
ミスをいかにしないかという勉強になります。
これって、とても苦痛で生産性が乏しいと思うのです。

それでしたら、深堀りの勉強をした方がいいと思うのです。
先取りではなく深掘りです。
もっと難しい問題を解く?
それもひとつの手段ですが、もっとたくさん方法がありますよ。

公立高校入試を受ける地方都市の子は、それだけで1年以上遅れスタートです。
附属泉丘の旧帝大合格者の半分は浪人です。
「ここまでの勉強でいいですよ」と歯止めをかけると、
この遅れに拍車をかけてしまいます。

余熱で点数を取る。
今まで寺子屋で活躍してきた子たちは、
勉強を楽しみながら、結果を残してきました。
ただし、
この楽しいはテレビのような楽しさではありません。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする