2018年03月14日

寺子屋8期生入試結果


今晩は、本日も粛々。

今日が公立高校入試、合格発表でした。
今年の生徒は成績的には比較的優秀でしたが、
姿勢という面では寺子屋史上最弱でした。
その分怒ることも多かったですが、それでへこたれずに頑張ってきたと思います。

泉丘 4名
二水 2名
桜丘 1名
石川高専(電子情報)1名
私立専願 1名

という結果になりました。
ここ4・5年くらいは、受験者の約半数が泉丘受験・合格という感じですね。
唯一不合格だった二水の1名は、
なんとかしてあげたかった生徒なので、後悔があります。

寺子屋が開校して8年間の累計です。
県外2名5校 灘、東大寺、西大和、鹿児島ラサール、関西創価
附属1名
泉丘25名
二水15名
石川高専6名
桜丘12名
七尾13名
羽咋11名

先日、仲の良い塾長さんたちとお話ししていて話題になったのですが、
本物って必ず伝わるということです。
寺子屋が伝えたいことは「勉強は最高のエンターテイメントである」ということで、
それは間違いなく真理だと思うので、
伝わらないとすれば、伝える側の私が不十分なんでしょう。
どの塾長さんたち、いえ経営者も、真理とおいた内容は異なっても、
多かれ少なかれ、同じように考えています。
塾だけでなくいろんな経営者とお話しした経験上。
にも関わらず、
世に認められているものが、
ズルいことをやっているからうまくいっていると発想するのは、
その人自体が本物とは程遠い紛い物でしかありません。

まぁ、寺子屋は小さい、細々とやっている塾。
世に認められているとは、これっぽっちも言えないくせに、
大見得切ってみました(笑)。

そういう意味では、
今年の受験生も、受験をとおして伝えたかったこと、
全員には伝えきれなかったです。
半分くらいかなぁ、
道は、果てしなく遠い、、、


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:37| Comment(4) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

観ていませんが、オリンピック


今日は、本日も粛々。

チラシがずずーんと入りまして、早速お問い合わせいただきました。
ありがとうございます。

2月に入塾した生徒が、塾内学力テストに挑んで、
見事、入塾テストより30点以上、点数が上がりました。
わずか3週間ほどで、、、です。

秘訣は何もありません。
毎日勉強したというだけです。
ただ、良かったと思うのは、
誤魔化したり手を抜いたり、
そんな変な癖がついていない生徒だったというのが、
もうひとつのポイントでした。

こうやってまだ受験生でもないのに、毎日頑張っていると、
心無いことを言う人もいます。
そんなに勉強してどうすんの?みたいに。

テレビを持っていないのと、
あっても観ている時間が無い時期ですので、
オリンピックは観ていませんが、
それぞれの選手たちがどのように苦労してオリンピックの舞台に上がってきたのか、
メディアが流しているのは、若干感動を押し売りされているようで辟易しますが、
プレイから伝わってくるものは、
きっと素晴らしいものなのでしょうね。

でも不思議に思うのです。
スポーツでも勉強でもそうなのですが、
オリンピックという舞台に立っているからこそ、それらの努力は評価されますが、
中学生がオリンピック目指して日々努力している姿は、
「無理に決まってるだろ」という冷笑の対象になります。
イチロー選手ですら、そうでした

勉強でもそうです。
毎日コツコツとやってきている人を、あいつ何であんな勉強してんの?
何て言う輩は、
大人であれ、子どもであれ、
今まで一生懸命に物事に取り組んだことのない人たちです。

でも彼らは、
ちょっと大舞台に我々が立てば、ころっと手のひらを返します。
彼らの主張なんて、その程度です。

そして、そのような足を引っ張る人たちの声で挫折するようなら、
我々が感じていた「やりたいこと」というのは、
その程度です。
早々に、頑張っている人の足を引っ張る人たちに仲間入りしてください。

寺子屋は、愚直に頑張る人の味方をしますよ。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:04| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

知能がぐんと成長する瞬間

1711チラシ表.JPG

月曜に入ったチラシです。
早速のお問い合わせがありました。ありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋の小学生が取り組んでいる問題は、
基本的に図形と文章題が主です。
難しいけれども基礎的な問題。
・・・といいますのは、
概念や考え方という意味では基礎ですが、
場合によっては中学校・高校で習う内容もあるという意味では難しいです。

場合の数.JPG

例えばこの問題。
中2か高1でやる内容ですが、
寺子屋では小学校1年生の内容です。

初めはすぐ答えが出ないとつまらないみたいですが、
そのうち、じっくり考えたり、ああでもないこうでもないと試行錯誤したり、
そういうことが楽しくなってくるみたいです。
するとある日を境に、どんと賢くなる瞬間があって、
小学生の吸収力・発想力に舌を巻きます。

そんなふうに楽しんでやっていたら、
寺子屋はいつの間にか、高校生・中学生・小学生のなかで、
小学生が一番人数が多いです。
あ、今日中学生と小学生の生徒数が同数になりました(笑)。

今、泉丘に合格する生徒でも、
基礎的な下ごしらえができていないが、受験対策だけで
合格だけならできてしまいます。
泉丘の先生も苦労されているようで、
生徒たちの基礎力・考え方の再構築に挑んでおられるのですが、
その方法の中には、
寺子屋で使われている方法も混じっています。
(寺子屋ブログのファンがおいでる話は聞いたことがありますが、
方法に関しては偶然の一致でしょう)。

こういうところにじっくり時間を割く、
変な塾ですがよろしくお願いします。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 16:42| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

もう一息ですね。


今晩は、本日も粛々。

石川県総合模試をもとにして、中3には話をしているのですが、
いろんな意味で「あと一息」という感じがしてもどかしいです。

偏差値の平均は62〜3くらい(二水くらい)ですから、
例年の寺子屋生と比べても普通くらいです。
にも関わらず、
例えば、
答案を見ていると、是が非でも点数を取りに行こうとした形跡が少ない、
効率良くやることばかりを考えて(それ自体は悪い事ではない)、勉強量が増えない、
1カ月という期間で見た場合、安定したリズムができていない、
などなど。

今まで同じくらいの成績の生徒への悩みと比べて、
数段階下という印象で、
この傾向は年々強くなっています。

まぁいい点としては、
今までの生徒に比べて、知的好奇心が格段に高いということでしょうか。
調べもの等はよくやっています。

指導する側としてももう一息で、
全員偏差値60以上、
偏差値の平均が65以上、
偏差値70以上が生徒の半分
狙いたい数字がたくさんあります。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

数学の文章題が好きな生徒


今晩は、本日も粛々。

低学年を教えるようになって、
高学年・中学生になって伸びなくなるメカニズムが、
少しずつ理解できるようになりました。

早い子では小学校1年生から始まっていて、
いくつかポイントみたいな部分があります。

そのうちのひとつが、こういう問題。
ドラえもんがどら焼きを7個持っています。
犬神佐清(すけきよ)君はドラえもんより4個少ないどら焼きを持っています。
どら焼きは合わせて何個ですか?

なぜドラえもんと佐清なのか?
それは去年の「たまには違う格好で勉強する日」の

IMG_1906.JPG

私のコスプレですが、
佐清君の仮面は、生徒たちは元ネタを知らなかったせいか、
真剣に怖いと言われて凹みました(笑)。

それはともかくとして、
こういうところをじっくり考え方からやっていくので、
大抵、寺子屋の小学生たちは、
文章題が好きになっていきます。

最初は算数=計算問題と考えていた子たちも多いのですが、
こういうちょっとしたごまかし理解の積み重ねが、
代数の分野を苦手にしちゃいますし、
算数と国語が対照的な科目といった、間違った印象を与えてしまいます。

こういうところにひと手間加えたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする