2017年07月07日

塾として嬉しいこと


今晩は、本日も粛々。


よく勉強の相談を受けた時に思うのですが、
「ウチの子、勉強のやり方が分かっていないと思うのです」とか、
「時間をかけているわりに、成績が悪いのです」という話を聞きます。
私はちょっと怖いなと思って、つい身構えてしまいます。

このメッセージ、使い方を間違えると、
「やり方が悪かったら、やっても無駄」
「時間をかけたらかけた分だけ、成果として現れるのが当然」
という、メタメッセージ(要は裏の意味ですね)になってしまいます。

勉強は質量ともなっているのが理想的ですが、
敢えてどちらかを選べと言われれば、私は迷わず、


★勉強量


を選びます。
勉強のしかたがわからない、
効率のいい勉強のしかたを教えてくださいと言われれば、

それがわかるまで勉強量をこなす

というのが、本来は最短の道なんです。
方法を言うくらいのことはできますよ。
それはタイミングを間違うと、依存心だけを育てるかもしれないという、
危険な賭けに出るので、私も相当考えながら話します。

そんなことより、一番違和感を感じるのは、
点数は多少伸びたのに、思ったほどではなかったと、
うまくいかないときに、あれこれ悩んでいる姿。
これって一生懸命になっているという、何よりの証左だと思うのです。
なぜそれを「喜ばしいこと」と思えない保護者、
これが親心なのでしょうね。

私は
「点数が伸びたのに、それが不満な様子」は、
塾の先生としてみていて、一番嬉しい姿です。

いい点数を取ってガッツポーズしている姿は、
そんなに好きではありません。
次につながらないことが多いからです。

期末も450点以上がばしばし出ていますが、
良かった^^とのたまわっている生徒は、まだいません。
悔しそうな顔をしている子はたくさんいます。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

思考力の天敵

1706チラシ.JPG

月曜に入ったチラシです。
早速お問い合わせをたくさんいただいて、嬉しいです。


今晩は、本日も粛々。

都市部で中学校受験を教えている方がよく、
九九があかんとか、
大量演習形式だけじゃダメ(たくさん問題を解くのがダメではない)とか、
言っている理由が最近になって、
少しずつ分かるようになってきました。

小学校算数の天敵は、九九・筆算・方程式。
楽なやり方を先に覚えてしまうと、
応用が利かないカチコチの方法しか使えなくなってしまうんですよね。
安易な先取り学習(これも先取りが悪いわけではない)も同様、
楽を覚えてしまうと工夫しなくなるのが人間の脳みそです。

大量演習は寺子屋もやっていますが、
低学年や高学年・中学生で使い方を変えています。
頭を使って工夫したり、じっくり考えることを抑圧しない程度にやる必要があります。

低学年を教えていると、
高学年や中学生・高校生に必要なものがどういうものかということも、
深く深く理解できるようになってきました。
こういう傾向を踏まえないと、
「思考力系の問題は、難しいから捨てなさい」と指導するしかなくなるわけですね。
怖い事です。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

これが当たり前の進学校


433.jpg

表紙の方、綺麗だなと思ったら上戸彩さんだったんですね。
テレビを見ない私ですら名前を知っている人だけあります(笑)。
そのクラビズムの恒例企画ぷちくらで、連載を書いています。
お見かけしたらほっこりしてください。


今晩は、本日も粛々。

毎年のことですが、進学校に進学した生徒たちから、愚痴をよく聞きます。
勉強に対してやる気がある子が少ない、と。
これはもう、
10年以上聞き続けている話なので、
もう高校はそういうものと思った方がいいのでしょう。

保護者の方が持っているイメージと、進学校がかなり異なってきています。
進学校に進学している生徒で、
その学校の格に合った生徒はどれだけカッコいいか、
ぜひお話ししてあげて欲しいと思います。

私も、
あまりに進学校の生徒としてふさわしくない生徒が多いので、
それに対して抵抗する気持ちで、
寺子屋本楽寺を立ち上げました。

それでも卒塾した生徒で、進学した先の高校の先生に謝りたくなるような、
体たらくの生徒を輩出することもあります。
ですが、
合格することも、成績アップもそうですが、
各高校の先生が、こんな素晴らしい生徒がいたと胸を張れるような生徒を育てる。
こればかりは、必ず毎年挑戦し続けていますし、
これからも決してそこはぶれません。

どの高校でも、
素晴らしい生徒というのは、特に地方都市の場合、
あることを高2から高3にかけて言い始めます。
それについては、また今度。。。


ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

感慨深いです

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
たくさんのお問い合わせありがとうございます。
残席をちょっといじれていませんが、
満席が出ている学年もあります。詳しくはお問い合わせください。


今日は、本日も粛々。

立命館大学に合格した生徒がいまして、中3の春期講習くらいから寺子屋に通っています。
来た時の偏差値は49。
1年間で偏差値10ほど上がりましたが、
志望していた公立高校には届かず、
私も悔しい思いをしました。

高校に入ってから、もともと好きだった科目に磨きがかかり、
もちろん寺子屋の指導だけでなく、高校やご家族のおかげもありますので、
寺子屋のおかげだと言うつもりは毛頭ありませんが、
探求心溢れる生徒に生まれ変わりました。
来たときを考えると見違えるようです。

まだ受験は続いていますので、
これで安心するわけにはいかないのですが、
受験対策に明け暮れ、すっかり知的好奇心が摩耗した大学生を、
それこそ私が大学生の頃からたくさん見てきていますので、
またひとり、
大学の先生方にも胸を張って送り出せる生徒が誕生しました。

よくチラシ等にも書いていますが、重ねて言います。
寺子屋生で勉強が好きになる子がいます。
それは寺子屋が特別なわけではありません。
勉強は本来、楽しいものです。
古今東西、限られた人にしか許されなかった最大の娯楽なのですから。
それが現代日本においては、
基本的にすべての人に門戸が開かれています。
こんなに素晴らしいことはありません。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 13:02| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

やっぱり普通の事でした


今晩は、本日も粛々。

1月に行われる名門公立受験道場模試、
その忘年会に行って来ました。
皆さんお馴染みの、サンライズさん・岡本塾さんもいました。

寺子屋が着手している、
生徒の地頭を鍛えるアプローチは、
石川県ではおかしな人と言われ、
かほく市ではそれ以前の、受験生でも無いのに勉強しているのはおかしいと、
言われ放題です。
まぁ、気にしたことはありませんが(笑)。

いろんな先生たちとお話ししていると、
そういうところに着手している塾がゴロゴロいます。
私は寺子屋のことを、
至って普通の塾と捉えています。
とんがっている塾と評されることも多いのですが、
お気持ちは嬉しいのですが、
平凡極まりない塾だと思います。

しかし、点数を追いかける・合格を目指すだけで終わっている方が多数派ですから、
平凡に映らないだけで、
点数や合格を追いかけつつも、そこだけで終わらない在り方は、
将来世の中を考えると普通の事だと思うのです。
ですので、ブログで成績アップ自慢をするのはぴたりとやめました。
寺子屋では珍しい出来事では無いからです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 12:09| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする