2017年02月16日

感慨深いです

1701チラシ.JPG
最近入っているチラシです。
たくさんのお問い合わせありがとうございます。
残席をちょっといじれていませんが、
満席が出ている学年もあります。詳しくはお問い合わせください。


今日は、本日も粛々。

立命館大学に合格した生徒がいまして、中3の春期講習くらいから寺子屋に通っています。
来た時の偏差値は49。
1年間で偏差値10ほど上がりましたが、
志望していた公立高校には届かず、
私も悔しい思いをしました。

高校に入ってから、もともと好きだった科目に磨きがかかり、
もちろん寺子屋の指導だけでなく、高校やご家族のおかげもありますので、
寺子屋のおかげだと言うつもりは毛頭ありませんが、
探求心溢れる生徒に生まれ変わりました。
来たときを考えると見違えるようです。

まだ受験は続いていますので、
これで安心するわけにはいかないのですが、
受験対策に明け暮れ、すっかり知的好奇心が摩耗した大学生を、
それこそ私が大学生の頃からたくさん見てきていますので、
またひとり、
大学の先生方にも胸を張って送り出せる生徒が誕生しました。

よくチラシ等にも書いていますが、重ねて言います。
寺子屋生で勉強が好きになる子がいます。
それは寺子屋が特別なわけではありません。
勉強は本来、楽しいものです。
古今東西、限られた人にしか許されなかった最大の娯楽なのですから。
それが現代日本においては、
基本的にすべての人に門戸が開かれています。
こんなに素晴らしいことはありません。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 13:02| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

やっぱり普通の事でした


今晩は、本日も粛々。

1月に行われる名門公立受験道場模試、
その忘年会に行って来ました。
皆さんお馴染みの、サンライズさん・岡本塾さんもいました。

寺子屋が着手している、
生徒の地頭を鍛えるアプローチは、
石川県ではおかしな人と言われ、
かほく市ではそれ以前の、受験生でも無いのに勉強しているのはおかしいと、
言われ放題です。
まぁ、気にしたことはありませんが(笑)。

いろんな先生たちとお話ししていると、
そういうところに着手している塾がゴロゴロいます。
私は寺子屋のことを、
至って普通の塾と捉えています。
とんがっている塾と評されることも多いのですが、
お気持ちは嬉しいのですが、
平凡極まりない塾だと思います。

しかし、点数を追いかける・合格を目指すだけで終わっている方が多数派ですから、
平凡に映らないだけで、
点数や合格を追いかけつつも、そこだけで終わらない在り方は、
将来世の中を考えると普通の事だと思うのです。
ですので、ブログで成績アップ自慢をするのはぴたりとやめました。
寺子屋では珍しい出来事では無いからです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 12:09| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

塾は月であり続けるのが本筋だと思うのですが

11gatu.jpg
クラビズムにちょいと寺子屋が顔を出しています。


今晩は、本日も粛々。

附属高校の説明会に行ってきました。
知的な取り組みの数々は、
受験予備校型にならざるを得ない地方都市の高等学校にあって、
異彩を放っています。

いつも説明会を聞いていて、
知的な素地がある生徒であるならば、唯一オススメしたい高校です。
そうでない生徒には、他にもたくさんオススメの高校があるのですが。

もちろん、附属高校を100%賛辞しているわけではありません。
附属生が今まで、来賓の人たちに挨拶をしているところを、
私は一度も見たことがありませんから、
附属生だからではなく、
個々の生徒や、そのご家庭の方針によって初めて、
エリートに相応しい人に育って行くのだと解釈しています。

今まで教えてきた生徒で、
普通の知的な、進学校らしい高校生と思える子は、附属生が圧倒的に多かったですし、
素晴らしく進学校らしい、知的な高校生は附属生でした。

浪人率が高いことを糾弾材料にされる方もいらっしゃるようですが、
入試からみると、一見無駄に見えるような、しかし大切な知的バックグラウンドを、
学校がじっくり育て、
塾が点取り屋という、
本来の役割分担を行える、
石川県で唯一の教育機関だと思います。

学校は太陽で、塾は月。
最近業界で流行っている某小説に出てくるフレーズですが、
私はこの方が居心地がいいんです。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:50| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

一歩先の視点


今晩は、本日も粛々。


昨日、英語のプロフェッショナルに来校いただき、
高3を中心に、英語のアドバイスを個別にもらう機会を作ってみました。
さすが寺子屋の生徒だけあって、
受験のアドバイスもそうなのですが、
将来英語を使えるようになるためのアドバイスまでもらっているようでした。

受験予備校型進学校に通っていても、
こういう視点を持っていたことが、
指導者として嬉しかったです。

こんな田舎に、
都市部でも滅多に見かけないような、
学びの空間があるということに、びっくりしていました。

確かに京都大学の医学部に合格した教え子も、
附属高校でも物足りないとくすぶっていた子ですが、
中学や高校の時に通いたかったと、
お母さんに愚痴っていたと聞きました。

私としては、勉強の楽しさを伝えるには、
最低限のものしかまだ揃えられていない印象なのですが、
こういう、
寺子屋根っこみたいな部分に気付いてもらえるのは、
とても嬉しいです。

これからもコラボ企画、
やってみようかな。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

知性と心


今晩は、本日も粛々。


寺子屋恒例、映画で授業日でした。
ブログと授業で、ちょいと呼びかけしただけなのですが、
満席御礼でした^ ^

image.jpeg

ほらミニシアターみたいな
ゾクゾクする雰囲気です。

今回は小学生や中1もいたので、
ストーリー的には単純で、映像がすごいので飽きない映画を3つチョイスし、
多数決で選んでもらいました。

デイ・アフター・トゥモローです^ ^

地球に氷河期が来て、大混乱という映画です。
映画で授業ですので、
講義のテーマは、

「父親」の回復がテーマの映画が乱立するアメリカ社会の病理。
(わかりやすく、ルフィみたいなリーダーばかりでいいのか?でも可)
知性と心が揃って初めて、人間は人間らしく生きられる。

というテーマでした^ ^

みんなが楽しんでいただけたのでしたら、嬉しいです。
いやー、映画って、
ホントいいものですね〜。

また機会があればやりましょう。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:31| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする