2018年06月29日

歴史は現在の自分を相対化する旅である


FD2066AC-192A-404B-A6F0-6162BA84959E.jpeg

発売中のクラビズムに、寺子屋再度登場です。

チラシ1806.JPG

最近入っているチラシです。
お問い合わせ多数いただきまして、ありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

テレビを持っていないので、
正確に言いますと、妻は持っていて私は観ないのですが、
世間はワールドカップの話がわいのわいのみたいですね。

観る暇が全く無いので、
半端ないって!と言われても「???」という感じです。
塾は繁忙期に入っていますので、
しょうがないですね。


【すべての世界史を学んだ人たちへ】東大教授が魅せる、教科書執筆の裏側
東大発オンラインメディアUmeeTより


教科書執筆の裏側です。
世界史編ですが、とても面白かったです。

ちょうど今、高校生の現代文の授業で、
歴史は相対的で暫定的な学問である、、、という意見に賛成反対を論ぜよ、
という、

滋賀医大(笑)

の問題をやっていて、
そことドンぴしゃで重なります。

さすが医大、
受験科目に関係することしか勉強していない人はさようなら。。。という
出題意図です。


それはさておき、

>最近特に言われますが、学問的成果を社会に還元しなくちゃいけない。
>研究させてもらっている恩返しを、教科書という形を通してできると思います。

教科書は歴史学的には正確でない時もあるけれども、
大学で学問に入門するための踏み台で、
それがあったから、高みに行けた。
その恩返しを、膨大な研究の時間を削られてでも、教科書執筆に使いたい。

ここ、
熱いです(笑)。

授業での号令の意味
(寺子屋ブログ、過去記事)

こういう話を、また生徒に伝えないとと思いました。


勉強の神に、
そしてそれを取り巻く栄光無き天才たちに、
囲まれていることを、
あいさつの時くらいは意識しましょう、と。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

国語が全教科の土台です。

445.jpg

発売中のクラビズムに、
ぽわっと寺子屋登場です。


今晩は、本日も粛々。

先日の学研模試で、


D7835EC2-2C48-48D7-B64A-04554B8D8910.jpeg


国語、泉丘校内10番内の子がいました。
理系です。
理系だから国語が苦手、記述模試が苦手って聞くと、
数学や理科のことも分かっていないんじゃないかと思います。
この子、中学の時は国語は苦手科目だったのですが、
中3でセンター現代文を解いてもらうなどの暴挙の結果(笑)、
いい感じです。

まぁ、同じ内容を教えても同じ結果になるとは限らないのが、
厄介というか、面白いというか、
ですが、高3あたりは進研模試レベルで、
国語を受講している子は全員偏差値60くらいになってきました。

国語を教えられるだけで珍しいと言われます。
テキストや問題集を渡して、はいおしまいなんてことをせずに、
全教科の土台ですので
結構執念深くやります(笑)。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:29| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

寺子屋文庫、追加

445.jpg

発売中のクラビズムに、
ふわっと登場しています。


今日は、本日も粛々。

241C315B-C044-4E76-8E4C-7ADE2C9922F9.jpeg

今度は高校生用に話さっと買いました。
季節柄、大学選び関係が多めです。
高校生は理系が多いので、
理科系統の理解が深まる書籍を増やしました。

高校の勉強は量が多いですから、
講義も大切ですが、
具体的な事例をたくさん揃えて、
暗記や繰り返しだけでなく、理解を深めるのがポイントです。

A2D4B77E-60BA-46EF-9D5F-A42B7F646CD0.jpeg


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 16:29| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

粘り強く考える力

1711チラシ表.JPG

最近入っているチラシです。


今晩は、本日も粛々。

生徒たちを見ていて、一番嬉しいのは、先日書いたように、
生徒が熱を傾けられる部分を、寺子屋の中で見つけてくれた時です。
その手前段階ですが、
じっくり物事に取り組む姿勢ができてきた時ですね。

難しい問題でも、
ああでもない、こうでもないと、
試行錯誤を尽くすことをするようになります。

これ、大事です。

今日、名門公立受験道場でお馴染みの、
東京の、GS進学教室に見学に行ってまいりました。
使っている教材から、
生徒をどういう方向に伸ばしていきたいかという考え方まで、
とても親近感を感じています。

都内は競争が激しい。
それによって、石川県内と異なって、
早いうちから能力を伸ばそうという力が働くのは、
とても羨ましいと感じます。
才能豊かな小学生が、
小学校の時に能力を伸ばさず、
中学校に入ってから完全に公式主義に陥って、
見事に創造性が無くなって、
点数が伸びることに喜びを見出すけれども、
分からないことがわかるようになるような、
本質的な喜びからは遠く離れたところに行ってしまう。
本当は点数と勉強の本質は、そんなに遠くないのに。

しかしながら、都内の競争の激しさは、
入試直前期にはどうしても過去問演習一辺倒になってしまうそうです。
それはそれで大切な時間なのですが、
寺子屋でやっているような授業は、なかなかしたくてもできないようです。

地方都市の強みはここにあります。
強烈なプレッシャーがやってくるのは、高校入試や大学入試で、
やっとです。
それまでの間にたっぷりと、
考える楽しさを伝えていけばいいのです。
しかし、それが強みだと理解している、先生・保護者はほとんどいません。

東大や京大で、
(正直、東大や京大より海外の大学や大学院かなと思いますし、
どこに行ったか?よりそこで何をやったか?にしか価値を感じていません)
圧倒的に都市部の中高一貫校が合格しているのにもかかわらず、
地方の公立高校出身者の方が活躍することもあるのは、そこに秘訣があります。
あ、ちなみに東大や京大で、一番ダメな生徒も地方の公立高校出身者ですからね。
ポイントがあります。
そのポイントのひとつは、粘り強く考える力なのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

寺子屋文庫、大量追加


今日は、本日も粛々。

約100冊くらい、どどーんと買いました。

IMG_2285.JPG

IMG_2286.JPG

本の大人買い、羨ましいでしょ?と生徒たちに言いまくっていました(笑)
冗談はさておきまして、
マンガで理科・社会の本を中心に置いていたのですが、
小学生の子たちは、
マンガだから読む、絵ばかりを見る=本を読むと思っている素振りが多々見られ、
様子を見ていてとてもまずいと感じ、
今回の大購入に到りました。

21世紀版 少年少女世界文学館 全24巻
21世紀版 少年少女日本文学館 全20巻
ズッコケ三人組シリーズ Aセット 全26巻
ズッコケ三人組シリーズ Bセット 特27巻

小学生向けで97冊、

サイエンスペディア1000
マスペディア1000
経済は地理から学べ!
経済は世界史から学べ!

なるほど日本地理 気になる疑問から学ぶ地理の世界
 自然環境・国土・行政・産業・生活文化・歴史的背景
なるほど世界地理 気になる疑問から学ぶ地理の世界
 地図・自然環境・民族・生活文化・産業・環境問題

合計103冊!
その他にも冬期講習のときのために、DVDを数本購入しました。

生徒を指導していて、彼らが愚かだと感じるときというのは、よくあります。
ですがほとんどの場合は、生徒の前に立っている、
私のような人間が実は愚かだということの証明に他なりません。
まぁ、生徒のせいにすれば楽ですけどね、
成績が上がって、しかも勉強が楽しくなるというのは永遠の理想ですが、
理想を諦めて「成績だけ・合格だけ」というのはどこにでもある塾ですので、
寺子屋は敢えて理想を追っかけたいのです。

寺子屋は学力も、
現在の学力=テストの点数と、
未来の学力=知的好奇心や知的なベースと、
両方を大事に考えています。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:25| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする