2016年09月13日

自由からの逃走


今晩は、本日も粛々。


近年、石川県の進学校が自由や自主自律ということを諦めて、
管理型の受験予備校化していくのを、嫌だなぁと思ってみています。
自分以外のものを批判してみても仕方がないので、
私は、寺子屋生が、
そんなに管理されなくても大丈夫。
という生徒に育てていけばいいと思って、
粛々と日々を過ごすだけです。

が、
最近、いろんな塾の先生とお話ししていると、
ウチの子は、管理されないと勉強しないから、
チョメチョメ高校の方が合う気がしているんです。
・・・なんて保護者のお話しを聞きます。

自由からの逃走という有名な本がありますが、
学生の過ごし方だけじゃなく、
保護者という立場でも、
示唆に富んだ内容になるんですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:00| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

清潔願望


今晩は、本日も粛々。


明日チラシが入ります。
中1・中2対象です。

1606チラシ.JPG

勉強ごときでくじけたくない、
気合が入った子たちからお問い合わせ、お待ちしています。


さて、18歳選挙権施行初の国政選挙が行われます。
(中2以下の授業で、実は雑誌1冊分、テーマについて書かれたものを読んでもらってから、
授業中に少しお話をしました)
それに合わせてか、今年は政治家から流行語になりそうなものが飛び交っています。

数年来のヒットになりそうな予感がするのは、
消費税増税延期は絶対にしないと言っていたが、
延期を決定した安倍首相が、野党からの追及で出た一言


「約束とは異なる、新しい判断をした」


ぜひ皆さんも使ってください。
宿題を忘れたときに、部活遅刻したときに、約束をうっかり忘れてたときに、
「約束とは異なる、新しい判断をしたんです」

個人的には、福田康夫首相辞任会見での一言、
「あなたとは違うんです」
以来のメガヒットでした。

もうひとつは、舛添問題ですね。
「違法ではないが、一部不適切」これもまた使いやすいですね。

それにしても、舛添問題は報道や空気が気持ち悪かったですね。
もちろんモラルとして、
また弁明のやり方がまずかった等々、
追及されてしかるべきなのです。

しかし、法律違反したわけでもなく、
しかも金額は東京都の予算からすると微々たる金額の引責させて、
50億ほどかけてもう一度選挙。
叩きたいから、叩いている。
市中引き回しのうえ、打首獄門を観ている感じでした。
観ている私たちの感情をスッキリさせるために、
徹底的に僅かな悪を叩く。。。という意味でです。

ちなみに、こういうのを全体主義といいます。
私たちが許せない、汚いと判断するものを排除するときって、
びっくりするくらい気持ちがいいでしょう?
ベッキーさんの不適切な関係(懐かしい表現ですね)しかり、
野々村議員のことしかり。

。。。というお話を、
学年によっては数回に分けてお話ししています。


あ、そういえば
中3は今月で募集を締め切ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

芸は身を助ける


今晩は、本日も粛々。


高大接続改革で、今後の塾業界、
中学生・高校生は映像授業全盛期を迎えるかもしれません。
なぜか。
高度な内容を教えられる先生が少ないからです。
幸い、寺子屋はそういうところに手を出さずに済みそうです。
手を出したとしても、補完的に扱うに留められそうです。

私は明治学院大学という、偏差値的には大したことがない大学出身です。
第一志望でもなかったのですが、
教授陣が素晴らしい
(といっても当時は書籍を出している先生が多かったという判断でしたが)
という理由で志望校に加えまして、結局進学することになりました。

大学の授業は、中学校・高校に比べて知的刺激に充ちていて、
それはそれは楽しんでいました。
法学部政治学科でしたが、
人文・社会科学を全般的に楽しみました。
この時に得た思考は、ビジネスでも教育でも仏教でも、
本当に役に立っています。

今回高大接続改革で、
生徒が勉強する内容に深く食い込んでくる理論のうち約3分の2を、
趣味として眺めてきた学問分野がカバーしてくれています。
残り3分の1の自然科学分野は、
普段私と教えている母親が、実はカバーできています。

「学問なんて、何の役にも立たないもんだぜ」と同級生に揶揄されてきましたし、
「しょうもない」と大人に言われ続けてきましたが、
音楽を聴き、本を読み、友や先生と語らい、映画を観てきたことが、
今や今後の教育のキーワードになってくるくらい、役に立ってくれるとは。
当時は夢にも思っていませんでした。

久しぶりに音楽でも1曲。
VAN HALENの『Not enough』



どんなに愛してみても、探してみてもそれでは足りない。
疲れ果てて気付いてみたら、実はすぐ傍にあった。

青い鳥と同じで、昔からあるシンプルな歌ですが、
当時アメリカを代表するアーティストにかかると、こんなにムードが出ます。

当時絶頂期にあった彼らは
今はバンドとしては分裂状態で、
サウンドの核であるギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンの家庭もバラバラになりました。
どんな状態でも、
それで充分ということはありません。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 13:23| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

失敗が多い人


420.jpg

発売中のクラビズムです。
最近、知らない方から「雑誌に出ていましたね!」なんて声をかけられることがあり、
真剣に怯えています。


今晩は、本日も粛々。


最近、youtubeで観て、ファンになった人物がいます。
メンタリストのDaiGoさんです。
私が大好きになる要素が、ふんだんにある方でした。

ペーソス(悲哀のある情感)がある明るさを持った人、
適度に真面目な人、
論理的に話す人、
研究者・職人気質の人、
そして、失敗が多い人。

憧れる人は、その真逆であることが多いですが、
好きだと感じる人は、こういう点・・・
いえ、
点というより、線かもしれません。

多分彼が、「人の心を理解し、場合によっては誘導する」というのは、
自分自身を変えたいという欲求に基づくものから出発している気がします。
で、そういうルーツみたいな部分は、
恥かしいので隠すのですが、
結構開け広げに見せているところが面白いですね。
多分、彼はまだ「私を助けて」とメッセージを発しているのだと思います。
というと、ネガティブな印象ですが、
決してそうではないんです。
自分が本当にやりたいことを見つけるために、
色んなことを全力でやって、試して探っているのだと思います。

さぁ、彼は戦略を立てる、
つまり、
自分の心と、採るべき行動を一致させるということは若干苦手みたいですが、
これからどんな行動をしていくのか、
とても楽しみです。

それはさておき、
私が好きな人間のタイプの人は、たいていこういうパフォーマンスになります。
私はこういうこと、とっても面白いと思うんだ。
君はどう?
絶対に気に入ってくれると思うよ?

つまり、ベースは好奇心。
好奇心こそ、科学や学問の根幹です。

私は生徒たちにどう見えているのかわかりませんが、
もし私が人生を楽しそうに生きていると見えるならば、
好奇心だけだと思います。


                                    ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

このままじゃ、まずい。


420.jpg

現在発売中のクラビズムに、ひっそりと寺子屋が載っています。


今晩は、本日も粛々。

千葉県で見学させていただいた塾は、職人的に成績アップを目指して30年。
石川県内のイメージでいうと、七尾や小松のようなところでしょうか。
トップ校は、泉丘〜桜丘レベルまでまんべんなくいて、
二番手校となると、中学校で平均やや上くらい。
大学進学実績も、素晴らしく、
昨年度は東大・筑波・千葉大をはじめ、早慶上理6名、MARCH4名・・・。
映像授業ではなく、全部生授業だそうです(汗)。

で、
定期テスト前の部活動停止期間は、毎日全員自習に来る。
評定平均4.5以上は当たり前
圧巻。

そして、悩みをうかがうと、
最近、難関大にふさわしい勉強の仕方や姿勢の生徒が、めっきり少なくなった。

ぐぅ。
私もとても悩んでいます。
もっと言えば、
難関大にふさわしい生徒を、小学校中学校のうちから育てたい。
あの子たちが持っている能力を、
どう活かしてもらえるか。
今年の方針は決まりました。
その戦術をもっとしっかり悩んできます。

いやー、
名伯楽の道は遠いです^^;


                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする