2016年11月06日

勉強って、立派なことですか?

11gatu.jpg
プチクラビズムにほんわり寺子屋が登場しています。


今晩は、本日も粛々。

11月は報恩講という、宗祖親鸞聖人のご命日の法要を、
営むことが多いです。
ご家庭に行って、普段よりゆっくりお話しできる機会がありますので、
普段より忙しくなりますが、
故人がどんな方だったか、どのような想いで日々過ごされているか、
私自身のお寺や地域への想い、
そういうことに触れられる機会ですので、
楽しんで過ごせる時期です。

そこで一番声がかかるのが、
塾生の皆さんが頑張っておいでて、素晴らしいですねという話です。
特にこういうお話しをしてくださる方は、
小学生の頃戦争で、勉強より勤労奉仕で、
ろくに勉強させてもらえなかった方や、
自分の親御さんがそうだったという方が多いので、
塾をやって良かったと思う時です。

生徒やその保護者の方に向けては、ちょっと異なる感覚でいます。


勉強をしていることって、そんなに立派なことですか?


一番こういうのを思う時って、
生徒が何かの言い訳をする時に、
学校の宿題が多くて、何々できませんでしたとか、
テストが近いので、何々できませんとか、
学校で残って勉強していたので、来校できませんでしたとか、
勉強をしていたことを何かの免罪符にした際です。

例えば、学校の先生が業務時間以外に、
授業に関わることや学校・学級運営について勉強している。
医者が休日に、治療法や症例について勉強している。
会社員が業務時間以外に、新たに資格を取得したり、業界のことについて勉強している。

当たり前ですよね?
もっと正確に言うなれば、そういう勉強をしていない人は、
こういう職業の人って、ダメだよね?と評価される典型例で、
そういう勉強をしている人は、
成功していたり、派手でなくても長く活躍している方です。

ですから、勉強していたり、ある程度の結果を出していたりごときで、
さも偉そうなことを言っている生徒を見ると、
おいおいと思ってしまうのです。

勉強をするようになって嬉しいという保護者のお話を聞くと、
喜んでおいでなのを嬉しく思う反面、
早くそれが当たり前になってほしいなとも思います。

お説教された後の行動が早かったり、
その行動が長続きしたり、
勉強の工夫を凝らすようになったり、
知的好奇心が今までなかったところにではじめたり、
自ら考えて行動するようになったり、
こういう点を素晴らしいと考えたいと思っています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ふざけるな、お前らと一緒にするな


今日は、本日も粛々。


アメリカ出身で、青山やニューヨーク・香港などに美容院を持つ
美容師、小林KENさんが強烈なことを書いていました。

ふざけるな、お前らと一緒にするな

美容師という言葉を何に置き換えても、
本気で頑張ったことがある人だけ、共感できる内容だと思いました。
そして、
経営者などのようにある程度、
全体を俯瞰する立場に立つと、
これとは全く異なる考え方に立っているという意味でも。

受験勉強でもまったく同じことです。
過去、成績を爆上げしてきた生徒たちは、同じストイックさがありました。
別に、
経済的に困窮しなくてはいけないわけじゃないんです。
睡眠時間を削らなくてはいけないわけじゃないんです。
一切遊んではいけないわけではないんです。
ただ単に、自分自身から逃げたくない・楽な道を選びたくないという一心で、
やり方はいろいろあるんです。

たかが高校入試や大学入試、
たかが学生時代の勉強。
やると決めたことをとことんやった人だけが、
学歴みたいなものの正しい価値を身にまとうことができると思うんです。


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 19:06| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ノーガードの打ち合いから生まれる成長


松島から金沢に着きました。
私が全国の塾長さんたちとの集まりをとても大事にするのは、
本音で面と向かってお互いを挑発し、すげえと言い合える関係が、
とても居心地がいいからです。

ごますりをしてくれる人じゃないと話も聞けない、
そんな気持ち悪い関係は、求めていないです。
寺子屋すげぇと言われても、
すげぇ塾から言われないと嬉しくとも何ともないですしね。

寺子屋の演習形式の一部や、
生徒の地頭を伸ばそうとする試みは全国的にも変わっているみたいで、
賞賛を受けたのですが、
そうですか?生徒の状況を観察していれば妥当なやり方だ思いますよ?
と、率直に疑問をぶつけてきました。

それを不遜だ、生意気だ、程度の解釈をするような程度の人たちがいないから、
遠慮なくできることです。

泉質のいい温泉に浸かりながら、
高校数学の質問をしていた、温厚な紳士の先生がボソッと
まだまだですね
とつぶやかれました。
こういう瞬間に、数学のプロとしての誇りが垣間見れ、
口走ってしまった以上、常に結果を出し続ける責任を背負い込む。
こういうやりとりが、
ヒリヒリするほど、経営者・授業者・教育者としての部分を掻き立てる、
このゾクゾクする感じ。

これがたまんないですね。
ギラギラした部分をぶつけ合って構わないという関係は、
本当に貴重です。

さぁ、今週も授業が始まります。
勉強は遊びです。
遊びということは、つい本気を出してしまうものということです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:27| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

自由からの逃走


今晩は、本日も粛々。


近年、石川県の進学校が自由や自主自律ということを諦めて、
管理型の受験予備校化していくのを、嫌だなぁと思ってみています。
自分以外のものを批判してみても仕方がないので、
私は、寺子屋生が、
そんなに管理されなくても大丈夫。
という生徒に育てていけばいいと思って、
粛々と日々を過ごすだけです。

が、
最近、いろんな塾の先生とお話ししていると、
ウチの子は、管理されないと勉強しないから、
チョメチョメ高校の方が合う気がしているんです。
・・・なんて保護者のお話しを聞きます。

自由からの逃走という有名な本がありますが、
学生の過ごし方だけじゃなく、
保護者という立場でも、
示唆に富んだ内容になるんですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:00| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

清潔願望


今晩は、本日も粛々。


明日チラシが入ります。
中1・中2対象です。

1606チラシ.JPG

勉強ごときでくじけたくない、
気合が入った子たちからお問い合わせ、お待ちしています。


さて、18歳選挙権施行初の国政選挙が行われます。
(中2以下の授業で、実は雑誌1冊分、テーマについて書かれたものを読んでもらってから、
授業中に少しお話をしました)
それに合わせてか、今年は政治家から流行語になりそうなものが飛び交っています。

数年来のヒットになりそうな予感がするのは、
消費税増税延期は絶対にしないと言っていたが、
延期を決定した安倍首相が、野党からの追及で出た一言


「約束とは異なる、新しい判断をした」


ぜひ皆さんも使ってください。
宿題を忘れたときに、部活遅刻したときに、約束をうっかり忘れてたときに、
「約束とは異なる、新しい判断をしたんです」

個人的には、福田康夫首相辞任会見での一言、
「あなたとは違うんです」
以来のメガヒットでした。

もうひとつは、舛添問題ですね。
「違法ではないが、一部不適切」これもまた使いやすいですね。

それにしても、舛添問題は報道や空気が気持ち悪かったですね。
もちろんモラルとして、
また弁明のやり方がまずかった等々、
追及されてしかるべきなのです。

しかし、法律違反したわけでもなく、
しかも金額は東京都の予算からすると微々たる金額の引責させて、
50億ほどかけてもう一度選挙。
叩きたいから、叩いている。
市中引き回しのうえ、打首獄門を観ている感じでした。
観ている私たちの感情をスッキリさせるために、
徹底的に僅かな悪を叩く。。。という意味でです。

ちなみに、こういうのを全体主義といいます。
私たちが許せない、汚いと判断するものを排除するときって、
びっくりするくらい気持ちがいいでしょう?
ベッキーさんの不適切な関係(懐かしい表現ですね)しかり、
野々村議員のことしかり。

。。。というお話を、
学年によっては数回に分けてお話ししています。


あ、そういえば
中3は今月で募集を締め切ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする