2017年11月13日

【お知らせ】臨時休校のお知らせ


今晩は、本日も粛々。

11月19日(日)の丸一日。
11月20日(月)の15時まで、
休校とします。

休校ですので、授業がないだけでなく、校舎自体も閉まっています。
宜しくお願いします。

さて、大阪に塾長さんの集まりで来ています。
教育は西高東低と言われるみたいですが、
面白い方が多いです。
来年度の小学生の授業のヒントをたくさんゲットしてきました。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

タダでは吹き飛ばされぬ

今晩は、本日も粛々。

台風で福岡からの飛行機が飛ばず、
陸路で帰るのを試みるも、特急が運休。
さすがに東京まで行って北陸新幹線という手を使っても授業に間に合わず。

仕方なく、
中学生の授業は数学と英語を入れ替えて、
高校生の授業は別日に振り替えて対応しました。

転んでもタダでは起きぬ、、、ではありませんが、
せっかくなので岡山県まで来ました。

E8FC7D7F-548A-497B-80CF-31EF70E93BD5.jpeg

名門公立受験道場模試でお馴染み、
進学塾サンライズです。
授業や進学におけるイメージが、お互いにとても近い塾です。
低学年の授業をこってり見学して、
じっくり塾談義です。

福岡の3人の塾長さんとの語らいも有意義でしたが、
こういうのもいいですね^ ^
ちなみにどちらの会合にも、なぜか横浜の塾長さんもおりましたが(笑)、
来年度以降、
低学年や高学年の仕組みをかなり変える予定ですので、
その参考になっていくと思います。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

愛はまばらに、まんべんなく


今晩は、本日も粛々。

ちょっと前の話ですが、
松任に勤務していた頃によく行っていたむささび亭という、
安くて美味しいところがあるんですが、
久しぶりにぶらっと寄ってみました。

今はレストランみやびという名前ですが、
名物店長は健在です。

IMG_2329.JPG

当時から好きだった、
鶏のカツレツ、ジャパニーズスタイル

IMG_2330.JPG

キャベツと大根おろしわっさり、
天つゆにとろみを加えてあんかけにして、
ご飯の上にたっぷりかけて、スプーンで召し上がります。

私が松任校を離れるとき、
店長の青木さんが色紙に書いてくださった言葉がタイトルの言葉です。


愛はまばらに、まんべんなく


別に浮気せぇって意味ちゃうぞ!
と、青木さんは注釈しておりましたが(笑)。

料理人として、昨日より美味いものを作らないとおもんない。
客は毎日来てるわけちゃうから、昨日と今日の差なんてわからんけど、
自分だけは分かんねん。
自分で壁を作って、それを壊してやろうというのは、楽しい。
大人の遊びは、本気やねん。
だから努力ちゃうねん。
俺は努力なんてしたことない。楽しいからやってることは努力とは言わん。
遊びやから本気やし、
飽きたらすぐ別の事するで。

実際、
10年以上前に食べたジャパニーズスタイルは、
前は仔牛のカツレツ、今回は鳥のカツレツ。
天つゆも前はそのままの液体、今回はとろみをつけた餡かけに、
下のご飯も昔は無く、
以前の味と土台は変わっていないのですが、明らかに美味しくなっていました。

ひとつのことを極めると、
地下水脈のようにいろんなところとつながってくる真理を得ます。
青木さんがおっしゃった料理人としてのこだわりなんて、
優秀な受験生の言っている内容と当に同じ言葉です。

本気対本気。
やっぱりこうでなきゃね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

台風を追いかけて帰宅中(笑)


おはようございます、本日も粛々。

昨日金沢に到着予定でしたが、
台風18号の影響でサンダーバードが運休で、もう一泊。
早朝に新幹線に乗っています。

九州で美味しいと、昔から評判のお店に行ってきたのですが、
ネット上のレビューでは、
サービスが最低との書き込みが少数ですがありました。

確かに愛想満面というわけではありませんでしたが(笑)、
築年数が経った建物は、そう思えないくらいに掃除が行き届き、
調度品も、例えば何十年も囲炉裏で燻された竹を用いた一輪挿しなど、
これまた手入れが隅々までしてあり、長年使い込んだ物。
お庭も、こんなに美しくなるには何十年かかるのだろうというくらいの美しい苔庭で、
漆塗の器も、漆が剥げるくらい使い込んであります。

こういうのもサービスなのですが、
サービスを受ける側が未熟だと、もてなされていることにすら気付かない、
客商売の宿命といえば宿命なのですが、
職人を殺すには刃物は要らぬ、無知な客がいればよい、、、
というのを骨身に沁みて分かっているので、
加えて、小さな正義を振りかざして、
相手を蔑ろにして平気な小者が世の中にはおいでなので、
切なくなりました。

さて、飲食店が名店かどうかは、
お掃除の具合をみるのがよいとはよく聞きますが、
個人的にはもうひとつあります。
帰りにちょっとやってみました。

お会計のあと、おばちゃんに
「とても美味しかったです、ご馳走さまでした」と、
きちんと目を見て、心から伝えます。
そのとき、愛想がいいとはいえなかったおばちゃんの顔が、
パッととてもいい笑顔になりました。
これですよ、これ。

おだてられても、心は動かず、
貶されても、真摯に聞くべきところだけしっかり受け止める、
ただ気持ちが伝わったのを実感できさえすれば、
それが何よりの幸せ。

頑張っていいものを作ろうとしている人たちだけの聖域なのに、
誰にでも門戸が開かれている、
この不思議な一瞬。
いくらか未来が好きになっちゃいますね。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

夏期講習終了しました


今晩は、本日も粛々。

先だって、ようやく夏期講習終了。
まだ不確定要素があるのですが、残席状況を更新しました。

ここ2年ほど、小学生のお問い合わせがとても多いのですが、
ぽつぽつ来る中学生をみていると、
小学校内容がきちんと入っている生徒と、そうでない生徒が極端!
学校で400点以上取っている子でも、
きちんと入っていない子もたくさんいます。
泉丘程度でしたら、
それでも合格してしまうのが本当に恐いと、よく言っていますが、
その証左みたいな出来事を聞きました。

県内某有名進学高校がボリドロンという、
寺子屋でも使っている空間図形を作るパズルを買ったそうです。
英語では、寺子屋でもしつこくやっているフォニックスを取り入れたそうです。

やはり進学校の先生も悩んでおられたんですね。
自校に入学してくる生徒が、それまでにやっておかなくてはいけないことが、
全然身についていないということに。

寺子屋が低学年をやり始めた理由は、
トップ高に合格していく生徒でも、
知性ではなく、単に試験対策だけで乗り切ってしまう生徒がいる。
問題演習をしていても、これ以上伸びないという臨界点を感じる生徒がいる。
それに対しどうしたらいいか?
と考えて編み出したものですから。
某進学校さん、ようやく数年前の私に追いつきましたね(笑)

冗談はさておきまして、
テストの点数の割に視野が狭い、
近距離的な考え方しかできない、
難しい問題より簡単な問題を好む、
世の中の事象に関心が無い、
こういう傾向がみられると、勉強を表面的にしかとらえておらず、
ごまかしで点数を取っているケースです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする