2019年06月01日

寺子屋文庫、追加書籍


今晩は、本日も粛々


わさっと本を買ってみました。

E1D9345B-7395-4A1E-9FD9-E3E5E3BE69F4.jpeg

はたらく細胞、細菌あたりは人気が出そうですね。
個人的に推しは、
はじめての数学・物理です。
フルルビで、小学生にもベクトルや虚数が理解できるようになっています。
理科の調べもの用図鑑を二つに、

高校生用に
筑摩の歴史講義シリーズ、
快楽ヒストリエ、
浅田彰の逃走論、
姜尚中の悩む力、
野矢茂樹の論理くん、
科学の女性差別とたたかう

を置きました。


さて、

34B81AFE-B371-47D1-8004-DC7DF956DB9A.jpeg

こちらもいい感じで準備中です。
妻が買ってきたもので、
さささっと作ったリースです。
こんなに簡単にできるんだーと、
ちょっと吃驚。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

土地の息遣いを知る


今晩は、本日も粛々。


Twitterに呟いたとおりにフラフラ歩いていたのですが、
折角なので、
妻の学生時代の友人たちに会うのを勧めました。
なんせ、
究極のマイペース夫婦なので、
友人も数年放っておくのもザラ。

久しぶりの再会をお邪魔しないようにしているうちに、
妻の実家がある地域のルーツを調べていました。

三井三池炭鉱とともに隆盛を迎えた北九州工業地帯は、
どこの地域もそうであるように、
光が強ければ強いほど、
影も大きいもので、
その両方をなるべく理解して、
その土地に住んだ人の考えを、
少しでも理解したいと思っています。

影があるから悪いみたいな、
短絡的な思考ではなくて、
光だけ眺めても、
人間の本質には全く近づくことができません。

CCD4DFCD-2570-488E-ADBE-2A0F47E24E72.jpeg

奇しくも福岡市立美術館で開かれていた、
英国で活躍するインカ・ショニバレさんの展示。

人形が着ている服は、ショニバレの故郷であるアフリカを植民地支配していた、
イギリスがルーツで、
東南アジア経由でアフリカに渡り、
今でもアフリカで人気のある衣服。

そして人形に頭には地球儀。
撃っている銃からは花。

植民地時代の受苦の叫び以外の、
支配被支配という対照以外の、
何かを伝えようとしているみたいです。


87DE3391-D2C0-4591-90C5-581F9FB0E44F.jpeg

まぁ、そんな感じです。

新大牟田駅にあった団琢磨の銅像、
福岡市立美術館にあった広田弘毅の銅像、
彼らも評価が分かれる人たちですが、
影の部分以外も評価され、
かといって、影の部分をなかったことにせず、
そういう営みって、大切だと思うのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

リハビリテーション


今晩は、本日も粛々。


882DFBB4-C541-489C-848F-1FA710649DCC.jpeg

アート書道アワードに行ってきました。
妻がうまいこと表現していまして、

芸術はその作家さんが全部出ちゃうから、
その裸で勝負している空間が、
とても居心地が良い

ほんとその通りで、
作家さんの葛藤や悩み、コンプレックスまで
伝わってきてしまうときがあります。

仕事をしていると、
頭脳みたいな部分ばかりを使って、
感性がおいてけぼりになってしまうことや、
生徒たちの目線でも伝わるように意識しすぎて、
自分自身がテーマにしていることがなおざりになることが、
往々にしてあります。

書道は、字を美しく書くものという、
常識から大きくはみ出たような作品なんて、
特にいいですね。

文字が持つ意味を超えて、
イメージや想いがじわーっと染みこんでくる感じです。


C589C1C3-3ACF-4D46-8B1E-6C92722890B6.jpeg


さて、青山でイッセイ・ミヤケで少しだけ買い物をして、
学生時代からよく通っていた中華料理屋さんへ。

寺子屋生には授業中、
寧波(ニンポー)湯団子のお話をする事があると思いますが、
そのお店です。

私の母親と同年代のマスターなんですけどね、
毎年のように新しいメニューを増やしていて、
探究心が尽きることがありません。

自分の営みを、わざわざ言葉で飾る必要はないんです。
分かる人に分かれば、それでいいんです。

誠実な仕事をしたいとわざわざ喧伝している人は、
本当に誠実でないと自分で分かっているから喧伝せずにいられないのですし、
人を貶すのは、疚しいところが自分にある時です。

私もそろそろ、塾で教えるようになって、
19年目に入ります。
マスターが独立してからの年数に、
まだ少し足りません。

こうやって心をリハビリしていくのが、
私にとっての、この期間での旅のイメージです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

ハシゴ


今日は、本日も粛々。


朝から大学受験についてのセミナー、
昼から別のセミナー、
勉強会をハシゴするというのも、
たまにはいいもんです。


E1F48710-A25C-46C7-9726-345650FAEA03.jpeg


今、話してくれている、
神奈川県の某塾長お腹です(笑)。

自分の経験や感性を超えるには、
勉強するしかないってのは、
仕事をするようになっても、
学生も、
一緒です。

そして、
自分の経験や感性の枠内にしかいない人ほど自信満々というのも、
学生でも社会に出ても一緒です(笑)。

知らないということは、
怖いことです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

勉強と準備


今日は、本日も粛々。


昨日ご紹介した上野千鶴子先生の祝辞、
一部の東大新入生や、大多数の東大と関係の無い人から反発があるようで、

・「受かったのはお前らの努力じゃなくて、環境のおかげだ」なんて祝辞で言うな
・フェミニズムも性差別だからな
・女の子が少ない大学に入って泣きそうなのに追い打ちするな。

最後のは微笑ましいですが(笑)、
まぁ、こんな有様ですから、上野先生はああいうスピーチをしたんですよ。
それにしても反発している子はまだいいんです。
発想のレベルが低いのは気になりますが、
心が動けば、
いつか自分なりに、その葛藤を超えるでしょう。

多分寝てた人とか、
終わった瞬間に内容を忘れた人とか、
そういうのもいるんだと思います。

今日は京都で勉強会。
諫山先生も、

19C91399-BC00-442F-BD29-051721A4E10A.jpeg

成績だけ優秀な冷たい社会人ではなく、
心温かい立派な人になってね


挨拶できない子、
ありがとう、ごめんなさいを言えない子、
ご褒美という餌が無いと頑張れない子、
答えやヒントをもらえるまで、ボーッと待っている子、
ウソやごまかしで勉強に取り組む子、
先生が話している時に内職したり、寝たりする子、
お家の方に感謝できない子。

こういうのは誰でも一度は通る道ですが、
どこかで直さないと、
勉強する資格がない、
どれだけ成績が優秀でも、決して認められない子です。

きちんと出来る子は何より、


E65B5F6E-DFF7-4155-A696-A171CEF545B3.jpeg

こういうのを粘り強く考えることができます。
算数や国語だけでなく、
勉強の大切な考え方がたくさんあるのですが、
すぐ理解できるわけではありません。

こういうのをじっくり下ごしらえしておきたいです。

今年中に、年少年中年長さんを開講できたらいいなぁと、
準備も兼ねまして。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする