2018年06月18日

頭を使うことは、本質的に面白い

445.jpg

クラビズムに寺子屋登場。
6月20日発売の次号でも、再度登場いたします。
多数お問い合わせいただき、ありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

昨日の知のスレッジハンマー、大好評だったようです。


私が従業員に研修でいうことは、
昨日の諌山先生や寺子屋の保護者会で聞いたことと、同じです。
勉強の本質は、
いつの時代でも、年齢がいくつになっても、
変わらないものですね。

経営者の保護者から、こんな過分なお言葉も頂戴しました。


子どもの勉強を見つめる上で、
忍耐が必要なのは、子どもだけじゃなく親もそうだと思いました。

指導者である私も、
毎回諌山先生の研修を受けるたびに、同じ反省をします(笑)。


即効性があり、便利で、分かりやすいものというのは、
教育の本質からいうと真逆であると思いました。

学びという意味では、本当にそうだと思います。
じっくり取り組んで、不便で、分かりにくいものをうんうん悩んだ人だけが、
即効性があり、便利で、分かりやすいものをうまく使えるのだと思います。


高校生や中学生にも、
今日からパズルブームが到来したみたいです(笑)。
勉強の中にも感動を見いだせるようになったら、
本物の学生になりますよ^^

途中ぐだぐだしていた子もいるんですが、
しばらくすると目を輝かせて取り組んでいました。
頭を使うということは、
本質的に楽しいことなんです。

頭を使わなくて済むような遊びに慣れた子だと、
それがごっそり奪われてしまうんです。
とても恐ろしいと思います。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

魅力的な学校

445.jpg

発売中のクラビズムに、ひょっとこ寺子屋登場です。
実は6月20日発売号にも、ふらっと載ります。
お問い合わせをたくさんいただいておりまして、
少しご連絡が遅れる場合があります。


今晩は、本日も粛々。

説明会に出席して、
ここは是非生徒にオススメしたいなと、
つい思ってしまう高校は、


★どんな生徒に育って欲しいか


という理念を高らかに述べるところです。
合格実績や成績状況も説得力がありますが、
現世利益で釣っているような気がして、
ちょっと嫌です。

で、
どんな生徒に育って欲しいかという理念を高らかに述べている高校は、
実績もたいてい伴っています。

勉強に置き換えると、すぐわかります。
点数を取れさえすれば、何をしてもいいという指導を受けた生徒と、
勉強や点数の先に、人として大切なことを教わった生徒と、
大学は、特に難関大はどちらが欲しいと思いますか?

点数を取るのが悪いのではないのです。
テストの点数は、
その問題を答えるために必要な、
背後の事柄をも含みで測るものです。
入試問題は特にそうです。

だからお家の方が「いい点数取れて良かったね!」と喜ぶのは、
人間的な、知的な成長が数字で見えたことを喜んでいるんです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

説明会

445.jpg

発売中のクラビズムに、やわっと寺子屋登場です。
実は、6月20日発売の次号にも、出ます。


今日は、本日も粛々。

北陸学院の説明会に来ています。
星稜AコースとBコースの一部、金沢の特進、金沢学院の特進、
そして北陸学院の特進が、
石川県の私立高校四天王みたいなイメージです。

それぞれに特徴があって、
それに沿えば、附属泉丘二水くらいの併願校として、
オススメできます。

公立も含めて、
現役合格をうたうことは、即ちある程度で妥協しましょう。
浪人率が高いことは、即ち間に合っていない。
どちらにしても、
高校がひーひー言って何とか生徒に力を付けてもらおうと、
四苦八苦しています。

で、
現在進行中の教育改革は、
簡単に言うと、
上位層に対して、もっと幅を広げよう
学力に対する考え方を変えよう、
という内容です。

寺子屋は上位高校受験専門塾ですから、
大歓迎です。

ですから、
小中学生のうちに、
いかに高校内容まで踏み込むか、
いかに新しい学力に基づいて接するか、

そのためには、
与えられた課題はさくっとこなす、、、というステップは、
さっさと越えて欲しいですね。

寺子屋生は、
私の授業中の話が面白い、
置いてある本が面白い、
と言ってくれる生徒が多いのですが、
こういう中身を、自分で構築できるようになるには、
小中高での勉強は不可欠です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

知のスレッジハンマー、〆切


今日は、本日も粛々。

6月14日17時をもちまして、
日曜に行われる講演会は、
多数のご参加により、満席〆切といたします。

おかげさまで
40名オーバー、
たくさんの方にお申し込みいただきました。

厚く御礼申し上げます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

点と点を結ぶ

445.jpg

発売中のクラビズムに、
お鍋の中からぽわっと、寺子屋おじさんが登場しています。


こんにちは、本日も粛々。

80508409-275D-48B0-B199-ABF04F89F56A.jpeg

夜の東京ドームです。
結局、朝5時くらいまで語り合っていました。
石川県内の塾長さんと語らうと、教育論や塾の話が中心になるのですが、
全国の人と語らうと、もっと未来形の話になりますし、世の中の話になります。
どっちも楽しいですが、
そろそろ年なので、腰や膝が悪くなってきているのかもしれません(笑)。

さて、
勉強で出会った文章を読書につなげるときに、
その本を読んだだけで満足する残念な人と、
そこから次の本につなげて習慣にしていく人との差は何か?
という話です。

次々と読書に繋がった生徒は、
ゼロから1個点を作り、今まであった点とを結んで線を作ったイメージです。
次の読書に繋がらなかった生徒は、
1個点を作っただけで終わったというイメージです。
線まで作られないと、周りの人にとっては変化とは認識されませんが、
変化するかもしれない一点は、きちんと置かれたんです。

ですから、読書習慣になった子と残念な子の違いは、
周りに分かるようにまでなったか、なっていないか、
という差でしかありません。

読書習慣にまでなった子も、
1年半以上壮大な点作りをしてきました。
(もちろん寺子屋だけが点を作っているのではありません)
実際に出来上がった線は、私の想像を超えるものでしたが(笑)。

点と点が繋がって、周囲の人が分かる状態になるまで、
周囲が我慢しきれなくなるのは、よくあることです。
私ももう一方を「残念な」と形容したように。

点が必ず全て、線にならなくてはいけないわけではないのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする