2018年10月20日

土俵際


今晩は、本日も粛々。


中3が寺子屋史上かつてないほど、だらしないです。
今日から、土曜授業が8時半からになったのですが、
なんともはや。。。


基本的に今までの寺子屋生は、

朝6時から7時くらいに起床、
朝ご飯をちゃんと食べ、
数分でも勉強に目を通し、
授業開始の30分前かそれ以上前に着いて、
日曜など授業がない日でも、
朝8時半にはほぼ全員集合していて、
10時間以上は、
人によっては朝昼晩、黙々と頑張る。

というのが基本でした。
まぁ、一部出来ていない子もいましたが、
あくまでも少数派でしたし、
夏休みをきっかけに、
こういうリズムをつかむ生徒が多数派になっていきました。

それくらいやっていても、
1日2、3時間くらいは遊ぶ時間はありますので、
勉強しかするなというつもりは、
さらさらありません。

さぁ、撤退戦になる前に、
手を打たねば。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

これは水です


21日日曜14時から17時、
諫山先生特別授業、参加規模者はメールにて受付中です。
ひとつのご家庭で受講料税込2000円です。


今晩は、本日も粛々。

BD689963-E388-4ABB-A988-EB3710094340.jpeg

妻がクレイアートに凝っています。
私みたいな素人が見ても、
日に日に上達しています。

7A91B85E-E937-40BF-80DF-2F66415E6A79.jpeg

むぅ、面白い。。。

さて、寺子屋文庫に図鑑中心に追加しました。
高校生のとこには、
10代からのマネー図鑑、10代からの哲学図鑑、
それから
「これは水です」という、講演会の翻訳も置きました。

スタンフォード大学の卒業式で
stay hungry,stay foolishという名フレーズで有名な、
スティーブ・ジョブズの講演を抑え、
その年の名スピーチ1位になったものです。

これは水です
これは水です

最近、大学入試や高校入試で、
よく出るテーマのひとつに、

自由意志は実は存在しない、という哲学上のテーマがあります。
しかしながら、1920年代から80年代くらいまでの議論で、
少々古いのですが、
少しでもモノを考えたことがある高校生は、
意外とその発想から抜け出せられません。

それを見事に取り払ってくれ、
しかもとてもわかりやすい。

そういう稀有なスピーチです。

ジョブズのスピーチも素晴らしかったですが、
内容面では「これは水です」が秀逸で、
比べ物にならないかなと思います。

ぜひぜひ読んでみてください。


最後に、妻の最新作

B8653040-69DF-4516-A4B4-672333767FB6.jpeg

これは花です。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

寺子屋文庫追加書籍


今晩は、本日も粛々。


わさっと本を追加する第一弾です。

F70CA67C-5D49-4140-8582-DEEE23B0838B.jpeg

ブログは、
小学生の保護者がご覧になることが多いでしょうから、
ぼそっと書きますが、

文字を読むこと、
を少し重視したいなと思い、
星新一さんのショートショート集を買い込みました。

最近テーマにしているのは、
理系と政治経済・英語の本を増やすことです。
今回もそういうラインナップにしてみました。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

それぞれの戦い方


今晩は、本日も粛々。

台風が来る前に早起きして、
妻とちゃっと軽井沢に行って来ました。
美人すぎる銅版画家、小松美羽さんの展覧会目当てです。

テーマが非常に宗教的なので、
生で作品を観たかったんです。

52DFCB69-2F15-40DD-8E9E-F3DCB07E10AB.jpeg

私が普段、何気なく触れている仏教というのが、
あまりに壮大な体系なので、
ちょっとモチーフが小さいように感じてしまい、
期待外れ感がありました。

作品集を買って、塾に置いてあります。
生徒にもわかりやすい、
迫力が伝わってくる作品だと思うので、
ぜひ観てみてください。

小松さんは、
プロデューサーのチームがあって、
本人は作品を作るのに集中できる環境にあるようです。

昨今で言うなれば、
ワンピースのように、
何人もの人が集まって、魅力を出していく感じですね。

確かに、本物の天才というのは、
作品を作ることと、セルフプロデュースの両方で、
天才的な才能を発揮したり、
セルフプロデュースなんてものの考え方を突き抜けていたり、
するのでしょうが、
世の中には、そういう才能を自分にどうしても見出せない人もいるんです。

例えば、岡本太郎さんや葉加瀬太郎さん。
彼らは、本当に創造的な作品を作れないと(私にはその境界線がわかりませんが)、
美術や音楽の楽しさを、
素人にも伝えるという方向に、
舵を切ったようです。

塾の世界で身近なところで言えば、
出口先生という、有名な国語の先生もそうです。
論理エンジンなど、アイディアは出口先生のものなのでしょうが、
具体的な教材は、別の人が作っていて、
ご自身はそれのスポークスマンに徹しています。

自分の使命を感じ、
それぞれの役割を果たす。
そういう姿を見たり、
作品等を通じて感じる瞬間が、
たまらなく好きです。

さて、台風も近づいてきて、
駅のホームまで雨霧が立ち込めてきて、
幻想的な土地でした。

9A93DE80-F83F-4A71-AAF8-FFD797C3539E.jpeg

妻に感想を聞いたら、
お昼に食べた、ウインナーが美味しかったでしゅ!
とのことでした(笑)

お土産は、青森に次いで日本2位の生産量を誇る、
りんごのお菓子です。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

良心の声


今晩は、本日も粛々。


先日、
自己肯定感は、小さないいことの積み重ねで得られる、
という話をしたら、
妻が妙に食いついてきて、

自分の中の良心に従って行動するのを積み重ねないと、
自分に自信なんて持てないよね、と。

妻も私も、
若い頃、根拠のない自信だけはあって、
そこから自信をぶっ壊される経験をたくさんして、
再度自信を積み直した(もしくは最中)ので、
そう思ったのでしょう。

欲望ではなく、良心です。

入試直前になると、
日頃の良心に従って行動しない生徒は、
入試当日に緊張し過ぎてしまったり、
すぐ志望校を下げてしまったり、
成績が上がっても志望校は安全重視のままだったり、
傾向にあります。

例えば、
誰もわからない問題に、敢えて手を挙げてみるとか、
いつもギリギリにやっていた宿題を、少し早めにおわらせてみるとか、
やるべき課題を少し多くやるとか、
そういうことの繰り返しだけでも、
かなり違ってくるはずです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする