2017年07月22日

共通点


今晩は、本日も粛々。


久しぶりの更新になってしまいました。
わったわたで過ごしておりました。
そのわったわたの中、愛知県の尾張ではなく三河に行ってきました。
最近お話しするようになった塾長さんとお会いして語らうためです。

仕事談義・教育論もいいのですが、
塾という仕事だけに収まりきらない人とは別の話もいいもんです。
今回のメインは文学談義・映画談議。
実りの多い時間でした。
文学は比較的苦手項目なので、尚更です。

それにしても教えることと経営と、両方ともバランスよく得意な塾長って、
モテる人が多いなぁという印象です。
モテるというと語弊がありますね、
ご夫婦でいいパートナーシップを築いている人もいますから。
塾長の難しいところは、
教務と経営という、全く違う脳みその使い方をする2つを考えなくてはいけないところ。

教務は一生懸命な人もいるのですが、
と、曖昧な言い方をするのは、
昔どこかで、「全ての位の数を足して3の倍数なら、その数も3の倍数」ということを
知らない人がいて、ドン引きしたことがありまして、
教務にすら一生懸命になれない方もおいでるんだーというのが忘れられないのですが、
そういう問題外はおいときまして、経営を考えることはなかなかしないようで、
いろんな業種の方が生き残りに必死なのを知っているだけに複雑な心境になります。

勉強して経営が得意になった人もいれば、
バランス感覚とセンスだけで得意な人もいます。
どちらのタイプも、私は大好きな経営者です。
経験上、全くセンスもバランス感覚も向学心も無い経営者は、
経営=卑怯な金儲け手段と考える傾向です。
今回お会いした方は、後者のタイプ。
ご本人としては痛い過去の恋愛話まで、たくさん聞きました。

お話をうかがっていて、私がモテるようになるのは来世以降かな?と思いつつ(笑)、
夏期講習前に心が豊かになる時間が持てました。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

【お知らせ】恒例の6月保護者会について


今晩は、本日も粛々。

月曜にブログをアップする予定でしたが、
すっかり後回しになってしまいました。

恒例の保護者会を実施したいと思います。
小4以上中2以下(小1〜小3は参加したい方はどうぞ)
6月24日(土)10時〜12時
6月25日(日)13時〜15時
ふたつの時間帯からお選びください。

中3(なるべく保護者・生徒同伴で)
6月25日(日)19時〜21時

近日中に出欠確認メールをお送りします。
内容は、
恒例の入試分析なのですが、
去年に続き2020年を明らかに睨んだ問題がぽんぽんと出てきましたので、
そちらを少しご紹介。

(途中になっていました、、、追記)
残りの内容は、受験学年と非受験学年で分けてお話しします。
受験学年は、受験への心構えや、
進学校の生徒らしい高校生になるためのポイントお話しします。
非受験学年では、
知的好奇心を育むポイントみたいなお話をしたいなぁと思っています。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

地方都市の優秀な子が抱える不全感

433.jpg

プチクラに連載しています。


今晩は、本日も粛々。

進学校の凋落がすさまじいというお話をしました。
大学受験予備校と化している進学校では、いたしかたの無いことです。
それだけでなく、
子どもの数がどんどん減っているのに変わらない上位高校の定員、
現役で国公立大学合格を求める保護者、
それに応えて点数を取る勉強重視の高校、
点数を取り、いい高校大学に行けさえすればいいと判断する塾、
附属・泉丘・二水程度の、全国的には何のネームバリューの無い高校で満足する生徒、
それぞれの共犯関係で、この状況が成立したわけで、
だからいけないというより、
進学校なんてその程度と考えて過ごした方が生産的ではないか?
というのが前回の話と補足です。

さて、優秀な地方都市の生徒は、高2〜高3にかけて、
あることを言い始めます。
この「優秀な」は、必ずしも成績に比例はしません。


★公立高校がつまらない、苦痛だ、早く県外に出たい


です。
たいてい、人と人が違うことが理解できる関係を求めてです。

こういう、
ちょっと賢い、
地方都市の進学校の子が抱えるコンプレックスって、
好きですね。

これが大学で都市部に進学した後の、
大きな起爆剤になるからです。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

今回の収穫


今晩は、本日も粛々。


月曜から通常授業が始まりまして、
いわゆる連休明けで無気力になるという5月病には罹ったことがないのですが、
塾にとっての5月病は、
受験と春期講習が終わったという、心のぽっかりした部分ですね。

今回の旅のテーマはいろんな人に会う、でしたので、
今回会えなかった人たちには、機会を作って会いに行きたいなと次を考えていて、
連休ボケ引きずっていないのですが、
しばらく放心しているみたいな状態です。

とはいえ、
連休でボケるにはビジネスパーソンだけでな、
生徒たちもそうなので、
否応無しに現実に引き戻されます。
高3は、浪人生や有名中高一貫校模試に参戦してくる8月に、
どれくらいのダウンで済むか。
中3は、英数新しい単元で躓きが少ないこと、
中1・中2の復習がどれくらい済んでいるかが受験を大きく分けるカギです。
そろそろ気合い入れていきます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

思考がシンクロする


今晩は、本日も粛々。


土曜と日曜は、京都でお世話になっている幼児教育教室です。
土曜に授業見学、
日曜はいつもの勉強会。

思考がシンクロするということがあります。
参考記事→ http://honrakuji.seesaa.net/article/229416606.html

先生のことをイメージしながら、手探りで低学年の指導をやってきたのですが、
授業形式や関わるタイミング、関わり方が非常に似ていました。

私も研修を受けたり、低学年をするようになって、
授業見学に行けるタイミングがあったのですが、
何も知らない状態で授業を見ても大事なポイントがわからないですし、
何より主体的に見れないので、見たもののコピーしかできなくなります。
ですので私としては、2年ほど低学年の指導をしてみて、
ある意味答え合わせ的な感覚でした。

もちろん、先生は幼児教育歴30年の猛者というよりレジェンドですから、
ひとつひとつの指導の深さ・タイミング・カリキュラム等々、
及ばないところばかりなのですが、
このシンクロは嬉しかったですね。

もうひとつ、勉強会のテーマは時刻と時間。
これも先生だったらこう教えるだろうなと想像しながら教えていた単元ですが、
ポイントほぼ当たっていました。
チューニングが合ってきました。

一度、その人のものの見方でしか見えなくなるまで、どっぷり浸かる。
取捨選択をすることを「学び」だと思っている方は、塾業界多いですから、
彼らの学びはコピーですし(たいていコピー元には無許可)、
こんな指導者に教わったら、
「私にはこの仕事は合わない」と言って辞める新入社員みたいなのが育つのは、
しかたがないかもしれません。

さて、旅行気分が抜けてきて、
仕事モードにもなってきました。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする