2019年02月10日

スルメのような勉強

1902チラシ表.JPG

2月の間、ちょいとチラシが入ります。


今日は、本日も粛々。

世間は三連休なんですね、
昨日くらいに知りました(笑)。

寺子屋では学力テストと、
中間テスト前の自習、
それから受験生たちで朝からわっさり席が埋まっています。

普段はスカイプで遠隔授業している生徒が、
テストを受けにきてくれたついでに、
授業をしてみます。

この子は算数がとても得意になり、
かつては難しい問題になるとすぐ諦めていたのですが、
最近は粘り強く考えるようになり、
今では大好きな教科になりました。

それが垣間見れたのが、
今日寺子屋に来て、テストが終わると早速、

180B9FEE-A263-49AA-8F4C-10B2BD5FFD38.jpeg

こんな感じで、立体を作って遊び始めました。
女の子は空間図形が苦手なんてよく言われますが、
組み立て方をみていると、
ちゃんと立方体の裏や、展開図を意識しているのがわかります。

6304B546-0B06-49B2-880C-2F8C4360A2D2.jpeg

完成しました^ ^

以前、ブラジルから授業を受けにきてくれた子も、
寺子屋で授業を受けて、
これは勉強だったの?遊びじゃないの?と。
彼は韓国で勉強をしていた時期もあって、
後発国の東アジア独特の、
傾向と対策、
理解が伴わない訓練と暗記を勉強と思っていたようです。

ただし、この楽しさはスルメのような楽しさです。
最初は取っつきにくいですが、噛めば噛むほど味が滲み出て、
病みつきになるような楽しさで、
砂糖や化学調味料どっさりの、
子どもがすぐに飛びつくお菓子みたいな楽しさではありません。

例えばゲームは、
筑駒や灘開成から、東大京大などを出た秀才たちが、
何十人がかりで、
いかに子どもが夢中になるかを、
徹底的に考えて出来た代物です。

ですから、今までお菓子三昧だった子には、
ちょっと楽しくなるまで時間がかかるかもです。

今日のブログで登場した子たちは、
お家の方が手塩にかけて、
お菓子の影響を最少限度に留めてくれたので、
かなり早く、
スルメの味が病みつきになってくれました。

ご褒美やシールで釣ったりしなくても、
勉強や頭を使うことは、
本質的に楽しいことなんです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:46| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

じっくり概念を育てる


1902チラシ表.JPG

月曜から入っているチラシです。
おかげさまで連日のお問い合わせありがとうございます。
とても励みになります。
残席状況は近日中にアップします。


今晩は、本日も粛々。

立体の辺の数や頂点の数が苦手だったり、
数え方が下手くそ(←ここ大事)だったりした子には、

7FAC0250-2157-4943-B140-D0315FBD049D.jpeg

こんな感じで実際に組んでもらいます。
こういうひと手間をプリント学習やテキストでやってしまうと、
変な感覚のまま成長してしまうような気がして、
しっかり具体物に触れてもらうようにしています。

昔は必要無かったのです。
例えば雛祭りや端午の節句でのお飾りの手伝いなどで、
立方体や直方体に触れたり、
それらが積み重なっているところを見たりしましたから。

今はそんなこともやりませんし、
世の中便利になっているので、
私たちが想像している以上に子どもたちはわかっていません。

簡単なもの(=しっかり子どもが考え方がわかったもの)はスピードアップしていいですが、
考える系の問題で解けるのが遅くても、
それは怒る必要がありません。
じっくり考える力が無くなると、
とんでもない算数や国語をやりだす子に育ってしまいます。
そのとんでもない算数や国語のまま中学生になると、
とても大変です。

で、とんでもないのが公立中学校では普通になりつつあります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

数と図形の融合学習


452.jpg

発売中のクラビズムに、コラムを書きました。
見た目はこんなのですが、
ちょっと真面目に話しています。


今晩は、本日も粛々。

京都で恒例の、
幼児低学年の勉強会。

ちなみに今度の諫山先生特別授業は、
2月17日日曜、14時30分からでございます。
テーマは単元に関係なく、
無学年で参加可能な、
全体を眺めて取り組む特集です。

低学年の子たちが授業をしていると、
日に日に試行錯誤する力が身についてきていて、
それに伴い、
積み木の見えない部分を予想したり、
図形の大きさと数の感覚が身についてきたり、
文章題を工夫したり、
という効果が見られます。

で、勉強会に参加している塾長さんたちも同様で、
目に見えて効果を感じているんですが、
皆さん口を揃えて、
それが保護者にわかってもらえない、
なぜならテストの点数で、必ずしも見えるとは限らないから。

笑、、、えない。

どういう点で笑えないか、
子どもが変化していても気づかないくらい、
親子がディスコミュニケーションであるのに、
塾に限らず、周囲は何ができるのでしょうか。

もうひとつ、
テストで学力すら、全て測れるわけではありません。
高校生ですら、テスト直前にあった出来事で、
点数なんて簡単に左右されます。
ましていわんや、小学生をや。
そして、テストで測定している一番のものは、
どこを直せばもっといいか?です。

優秀な子より、
立派な子を育てたい。
今日の勉強会で、刺さった言葉です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

真正面から向き合う

チラシ1811.JPG

最近入っているチラシです。
あと来週頭には、冬期講習申込みを締め切ろうと思います。


今晩は、本日も粛々。

保護者の方から、
生徒がこう変わったとお褒めいただくことについて、
嬉しいのは、
「考えるようになった」
「文章題ができるようになった」
「難しい話をするようになった」
「勉強しているのが楽しそう」
などなどです。

そこ?って思うのは、
「やる気が上がった」というものです。

やる気がある状態って、
どれだけ頑張り屋さんでも、毎日じゃないでしょう。
それよりは、
やる気があろうがなかろうが、
毎日勉強するようになった方が嬉しいです。
たとえ、
保護者の方から促されてやる状態であったとしても。

それよりは、
思考が変わってきているかどうかのほうに注目してほしいですね。

寺子屋でうまくいっている低学年の子は、
宿題を進んでやる時ばかりでもありませんし、
集中力も毎回続くわけではありません。
ですが、
思考力は抜群についていて、
嬉しい事にそれをお家の方が、気付いてくれています。

保護者の方が真正面から子どもと向き合ってくれているから、
分かることですね。
真正面から向き合うだけですから、
保護者の方の学歴等は関係ありません。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:59| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

よく見る


こんにちは、本日も粛々。


今日も京都で勉強会。

大手進学塾で9年、独立して9年目、
この18年を顧みても、子どもたちの読解力については、
年々酷くなっていっている印象です。

もっと年上の人に聞くと、
1970年代真ん中生まれくらいから酷いと思っていたよと、
私なんてもろ被りですから、
成長過程を振り返ると、とほほとなりますが(笑)、
原因を探しても、
頭を使わなくても生活に困らない、
便利な世の中になったからなので、
しょうがないのです。

問題は、
どう対処しなければいけないか。

読んでいて、大事なポイントが分からないのは、
昔からよくある話なので、まだわかるのです。
最近、急増しているように感じるのは、


★最初から部分を拾い読みしかしない


こういう子に、よく読めと言っても無駄です。
よく読めと言う前に、
よく観察するということすらできていないと思います。

つまりは、こういう事です。


CFB632FB-7CAC-4D1B-A6B6-844F078C62A3.jpeg

上のお手本の鳥から、
実際に色板の鳥まで、
1から組み立てるのではなく、
図形の一部を移動させてできるか。

言語は言語で、また別の観点がありますが、
算数と国語は、
同じ教科の二側面です。

こういうことを、
じっくりと仕込んでおきたいのです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(2) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする