2015年06月21日

小学生の夏期講習

1506チラシ表.JPG1506チラシ裏.JPG
明日月曜日に、どどんと入るチラシです。


今晩は、本日も粛々。

小学生の夏期講習は、小5・小6は基本的に理社特訓です。
普段の通常授業で、算国みっちりやっているので、こういうスタンスになります。

小学校高学年で意識していることは、
・最低限の論理的思考力を算国でやっておくこと(中学生の9割はできていない)
・低学年は暗記でこちこちにしてはいけませんが、高学年からもう少し暗記量を増やすこと
・暗記による知的好奇心のベースが出来たら、それを伸ばすこと

これには理社が最適ですね。

今検討しているところでは、
2018年の小学校英語必修化に向けて、講習期間にフォニックスをやりたいなと、
その検討をしています。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

中学生の夏期講習


今晩は、本日も粛々。


国語に重点を置いている講習会って、珍しいと思います。
といいますか、国語を教えている塾自体、あまり聞きません。

附属・泉丘の国語基礎編と応用編です。

中3でもセンター現代文8割は取れる。
10年以上前からの持論でした。
そのノウハウを
『大逆転のセンター英語 マンガでわかる現・古・漢
 あたしが教えるとすぐに国語の成績が上がっちゃうんだからねっ!』
という、とてもふざけたタイトルの本にまとめました(笑)。
実は、中学生の国語の授業で教えている内容を、
センターにあてはめただけのものです。

この国語指導のノウハウ、
今までは、やった子は偏差値10くらい伸び、やってない子は横ばいと、
相場が決まっていました。
しかし5年くらい前から、一生懸命やっているのに伸びない子が、
気にかかるようになってきました。

つまり、指導している理論が難しすぎて、基礎からやり直す必要があったのです。
そこで、
附属・泉丘の国語基礎編と応用編、ふたつのノウハウを、
今までの理論の礎としておきました。

小学生〜中2の間は、基礎編と応用編をしっかりとやっていってもらおうと思っています。


                                   ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

怒涛です^^;


今晩は、本日も粛々。



春期講習、スタートしています。

講習期間は、受験真っ最中より、忙しいですね。


毎度毎度、講習期間で一番盛り上がるのは、

小学生たち。


吸収力抜群の時期ですからね、

勉強の基礎をしっかり身に付けておいてもらうと、

中学校からが本当に楽です。


しっかし、ほとんどの公立小学校の生徒は、

通常授業時間だけで足りなくて、

自習に呼んでは、補講することが多いです。

大半が、




★演習不足




ですね。

中学生になった時という長期的な視点と、

小学生で身に付けておかなくてはいけない力という、短期的な視点と、

ダブルで構えていきます。



                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

新中1〜新中3の春期講習

チラシ2月.JPGチラシ裏.JPG

本日最後のチラシが入りました。
嬉しいことに1枚目でした^^
新聞販売店の皆様、ありがとうございます。



今晩は、本日も粛々。


新中3の英語は、2つ目の文法単元に入っています。

現在完了ですね。

69個の不規則動詞をさくっと暗記してもらって、

4曲の洋楽で、現在完了が完成です。


3用法+時制まとめです。

このペースで行くと夏期講習で中学校の文法が終了します。

あとはひたすら長文と英作文。

ここで現代文とつながってくるテーマが多々あります。

そうやって英語と国語を両方使って



★論理



という勉強をしていきます。

オールイングリッシュの授業なんて、いい授業だと思えません。

寺子屋は粛々と、

日本語能力と、国籍を超える論理の力を追っていきます。



新中2の学年末テストを見ていますと、やはり、教科書や入試の変化に敏感ですね。

かなりひねってきています。

平均点が270点くらいまでは全くもって許容範囲だと思います。
(つまり1科目平均点55点程度)

現中3の学年より、早い段階で負荷がかかっている状態ですから、

精神が鍛えられます。



この非受験学年のひねり方、

数国と英理社では、若干異なります。

英理社での難化は、


「単にやる内容が増えた」


というものです。


春期講習は柱が2本になりますね。
新中1〜新中3は、


@5回の授業で目からウロコが滝のように落ちる、国語読解力養成

A覚える内容がぐんと増えた理社を中心に


対策ですね。

通常で英数はがっつりやっているのでできる、

講習との役割分担ですね。




                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 18:27| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

春期講習

チラシ2月.JPGチラシ裏.JPG

25日に入るチラシです。

春期講習、新中1は3月20日より、

他の学年は、3月25日より開始する予定です。

受講希望者、お待ちしております^^



今晩は、本日も粛々。


春期講習、毎度一番の目玉になるのが、

新中1生です。


世の中は「軽めの春期講習」というのが全国的な潮流のようです。

意味が分かりません。

理社の内容が爆発的に増え、

英数の難易度が跳ね上がっているにも関わらず、

ぬるい小学校から、中学校に上がる時に、

短い春期講習?



嫌ですよ、絶対(笑)。

みっちり15日間×4時間ほど、

やります。



中学校で部活等の様子を見てから

中学校に入いるのでとりあえず塾でも行くか


・・・こういう考え方の方が、

問い合わせる気力がなくなるような春期講習に

設定してあります(笑)



 
                          ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする