2016年07月01日

雑種文化

1606チラシ.JPGチラシ小学生.JPG

中1・中2生用のチラシと、小学生専用チラシです。
おかげさまでたくさんの方にお問い合わせいただいており、
感謝感謝です。


今晩は、本日も粛々。

「 日本はイケてないっていう現実を突きつけられた。」椎木里佳が、18歳に伝えたいこと。

JK社長で有名になった子です。
テレビでの発言を少し聞いたことがありますが、面白い子だなと思っていました。
もちろん、まだ未熟な部分はたくさんありますし、
お父さんが有名な社長さんですから、まだ七光りの部分もあります。
が、それを差し引いても、
これから楽しみな子が出て来たなと。

>シンガポールに行く前までは、正直、日本はリスペクトされていると思ってたんです。
>「日本の文化いいよね、クールだよね」って。でも実際は全然違った、
>それを目の当たりにしちゃって。

私も同様の認識です。
ですから、日本は実はすごい!という最近の出版や報道の流れをみていると、
自信を失っているんだなぁと感じてしまいます。


>日本の若い世代が海外に興味がないわけじゃないんです。
>周りを見ていても、今の10代はグローバル意識が高い子は多いですよ。

同感です。
小学生・中学生は仕方ないですが、
高校生・大学生・若い社会人はむしろ海外の動向に対してすっと理解できますね。
おっさんが一番頭が固い(笑)。


>私の感覚だと、同世代はとにかく“いい子が多い”っていう印象です。
>反抗したり、反骨精神みたいなのを感じないんですよね。もったいないですよね。

ホントにね。
能力が高い羊のイメージですね。
精神論で片付けるのはよくないですが、根性座った子が少ないですね。
だいたい見ていると、根性座っていない子は、
保護者が本人に責任を取らせない傾向にありますね。

寺子屋でも知性の土台部分みたいなのを、
もう少し鍛えられるようにしたいなとあれこれ考えています。

クールジャパンの捉え方のイメージですが、
もう世界の人にとって only one ではなく one of them だと思うんです。
クールな民族的な背景がある何かって、もう世界には溢れているので。
だから、
only one的なものになっていかないと!とか、
only oneとして日本人を慰める物語を国内に広めるのではなく、
oneを増やしていけばいいじゃないと思いますし、
おそらく実際の現場は、そう動いていると思うのです。

例えば、日本酒の海外販売を頑張っている人って、
日本酒が only one 的な酒として、海外にも認知されてほしいとは思っていない気がします。
今まで知らない人たちに、日本の伝統を知ってもらい、
それで少しでも美味しく感じてもらう。
(人は食材を食べるに非ず、認知を食べるのである)
そういう伝統的な背景がある酒がわんさかあって、
時折日本酒がその選択肢のひとつとして、食卓に登場する。

日本の伝統といえば、国際社会での在り方は、
ナンバーワンの国に頑張って追いつこうぜ!しか、歴史上成功していませんし、
その期間が長いです。
俺たちの国ってすごいだろ!で成功してきたヨーロッパとは異なります。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 19:52| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

戦後がひとつ終わったのかもです。


今晩は、本日も粛々。


昨日は歴史的な瞬間でした。
スピーチの内容や行程なども少しだけ調べましたが、
感動しました。

オバマ大統領の就任スピーチもそうでしたが、
素晴らしいチームが付いているんだなと思います。

オバマ大統領スピーチ訳

国民一人の目線で、
政治を動かしていくことの熱意、感動。
こういうところに視点があるのが、オバマ&そのチームの特徴かもしれません。

そして、
オバマ大統領がハグしていたおじいちゃんはどなただろう?
と調べていたら、こんな事情が出てきました。

http://abcnews.go.com/Politics/president-obama-embraces-hiroshima-survivor-historic-visit/story?id=39427290

日本語
http://togetter.com/li/980144

日本の政治って、地方も中央もそうですが、
もっとパフォーマンスを行ってもいいんじゃないかな?と思います。


それにしても、
被爆者がまだかろうじて生きている、
こういうタイミングでアメリカ大統領を呼ぶことができたのは、
安倍外交の功績として大きいと思います。

戦後がひとつ、
終わったような気がします。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:16| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

言論の自由


今晩は、本日も粛々。


最近、私はどんな世の中に住んでいるんだろう?と思うほど、
世界は極端に排他的な言論が飛び交っています。
トランプ氏しかり、EUの国々しかり、日本しかり。

しかし、こういうニュースを見ると、
一人っ子政策、集団訴訟 中国、子を亡くした親180人 「介護など受けられず」
言論の自由というのは、
多様な価値観というのは、
本当に大切だなと思います。

一人っ子政策が二人になって、
国に集団訴訟を起こしたそうだが、受理すらされなかったそうです。

ここで、国を訴えることができることを、厚かましいとか、
一人っ子政策そのものや、その廃止の良し悪しではなく、
「受理すらされなかった」
というここがポイントです。

結果的に国に有利・不利な判決が出る・出ない以前ということです。
だから中国はダメで日本は素晴らしいと言うつもりは毛頭ありません。
ただ、こういうことの価値が分かる人に育って欲しいなと、
生徒たちをみていて、いつも思います。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

Paris attacks


今晩は、本日も粛々。


大変なことが起こりました。
パリのテロ事件です。質問応対中でしたが、情報を集めていました。
BBCニュース(英語)ここが一番詳しかったです。

ぽそっと授業終了時に話したら、
早速寺子屋内のPCで、ニュースを調べている生徒が何人かいました。
まぁ、呑気な子は、
「宇ノ気や金沢はテロリスト来ないでしょう?」なんて
言っていましたが(笑)。

ウチはテレビが無いので分かりませんが、9・11に匹敵する事件のはずなのに、
特番等が組まれていないとネット上では識者がつぶやいています。
そういえば、海外で起こったことや、国内でも海外からも注目度が高そうな出来事に関しては、
私はハナから、日本国内のメディアにアクセスしません。
CNNやBBCから先にチェックします。
ですので、世界史的な事件が起きても、
日本のテレビが遅いのは、ある意味視聴者のニーズに的確に応えているからなのでしょうか。
残念ですが。

さて、ウクライナ情勢然りですが、フランスの国境閉鎖は、
止むを得ないですが、ちょっと今後の行方が怖いなと思っています。

フランスは当事者なので分かります。
しかし、シリア難民問題に加え、極右政党台頭が報道されている欧州では、
治安と排他的政策はセットになりやすいので、
嫌な空気だなと感じています。

イスラミック・ステートの犯行声明を信じるならば、
わずか8名のテロリストが引き起こした出来事そのものは、
国際社会を揺るがすような出来事ではありません。
しかし、それを見た人々の動揺や怒りを媒介にして、
結果的に国際秩序のカタチが変わってしまう。
これは、テロ組織からすとしてやったりですので、かなりまずいと思っています。

過激派組織が消えても、テロリズムという方法が消えることはありません。
ビン・ラディン氏やフセイン大統領を殺害しても、
アメリカを狙うテロ組織は、一向に減っていません。

国際社会がどのような対応をして、どのようなことになっていくか、
注目していてください。
これは、近い将来教科書に載るであろう、出来事です。


                                  ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:23| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

TPP、大筋合意


今晩は、本日も粛々。


何かと賛否が多いTPP、大筋合意に達したという報道がありました。
私自身はまだ立場を決めかねています。

安保法制の時に、一番疑問だったのは、
国際情勢上、集団的自衛権は果たしてどうか。
専守防衛を貫いたほうが、日本が国際貢献できたり、海外の邦人を守れるのか?
それとも集団的自衛権を持っていた方が、そうなのか?
そういう議論が、全くと言っていいほど行われなかった点です。
対中国にどうこうとか、
アメリカの戦争の片棒を担ぐかもしれないことについてどうこうなどというのは、
その各論にすぎません。

TPPの議論も同様で、医療・保険・農業の分野から大きな反対の声が上がっていますが、
それらは各論のお話しであって、
全体的な議論ではありません。

そういう意味で、この日経のサイトはとても面白かったです。
私もまず、基礎知識を固めるところから始めています。
秋の臨時国会が開かれるのであれば、これも焦点になるでしょう。

TPP 巨大経済圏の実力

面白かったですよ。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする