2018年03月18日

低学年は・・・が命


今晩は、本日も粛々。

新中1は春期講習が始まりました。
新中1に関しては、春期講習の募集は締め切ります。
残りの学年も含めて、残席がかなり変わっていますので、
お問い合わせいただければと思います。

さて、今日も京都で勉強会。
勉強=机に向かうものというのは、
多分、最も勉強のイメージを悪くしているものだと思います。
本当は体を動かすというのも大事なのですが、
塾の範疇ではさすがにないと思いますので、
塾の観点で言うなれば、
低学年は必ず、・・・を使って勉強していないとアウトです。

1D70BBB3-FCAF-4DFD-B74C-0BD91028C005.jpeg

計算プリントで優秀な子でも、
こういうことをきちんとできる子とできない子、
くっきり分かれます。

できない子は、算数を完全にごまかしでやっている子です。
計算は得意だけど、
文章題・時計・長さや面積・図形・規則性などの問題が苦手、
という傾向があります。

計算が得意でも、
偶数足す偶数を奇数で間違えて、
惜しい!なんて言っていたら、
算数が全く出来ていないと考えて結構です。

机に向かって勉強するのがダメなのではありません。
それだけだったり、
答えが合っていればそれでよしとしていたり、
それがあかんわけです。

勉強は抽象的な世界ですから、
それを支える具体的な体験をしている者のみが、
入れる世界です。
机にかじりつけば入れる世界じゃないんです。

厄介なのは、
賢い大人でも、
その賢さがなぜ身についたのか、
分かっていない(しかも分かる必要性もありませんしね)ということです。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 14:49| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。