2017年10月17日

人口だけの観点でみた、都会・田舎


今晩は、本日も粛々。

保護者会でずっと大学入試改革の話をしてきましたが、
早稲田大学の新思考入試のサンプル問題が面白いです。

入試前にレポートを提出
センター試験で8割の得点
個別試験で小論文

という、アメリカの大学のような入試形式です。
その個別試験の小論文サンプル問題が、
全国の各都道府県で、高校卒業者数・大学進学率・短大専門学校進学率・就職率の表があり、
重要だと思う問題点をひとつ挙げ、その解決策も含めて論ぜよ
というものです。

高校の宿題と勉強だけしている子たちはお手上げですね。
こういうふうに変わってくるというのは、
何年も前から言っています。
保護者のイメージからすると、
「重箱の隅をつつくような入試問題」の代表格だった早稲田が、
この変化です。
面白いですね。

さて、それとは別に、
高校卒業者数と人口が相関性が高いと仮定してみると、
人口という一面だけから都会・田舎を判断すると、面白いことがでてきます。

石川県より「田舎」の都道府県
秋田、富山、福井、山梨、和歌山、鳥取、島根、徳島、香川、高知、佐賀

石川県と同等くらいの都道府県
山形、大分、宮崎

石川県よりちょっと「都会」の都道府県
青森、岩手、滋賀、奈良、山口、愛媛、長崎

日本全国をまわると、妥当な感じなのですが、
狭い世界しか知らないと意外にみえるかもしれません。
生徒たちは驚いていたので面白かったです。
なぜ私たちの印象が覆されるか?を探ると、
石川県の本当のすごい部分と、大したことが無い部分が見えてきます。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:26| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。