2017年09月21日

教育改革勉強会


今日は、本日も粛々。

IMG_2325.JPG

勉強会に来ています。
独自に研究をしているので、新しい発見はありませんが、
切り口の面白さや、着眼点の正確さ、具体的な方策のヒントを得ることができます。

教育改革と言われていますが、
入試問題が激変するのは、実はもう始まっています、、、と、
再三言っています。

で、どう変わるのか?というのは、論理的思考の重視です。
まぁそれもわかりきっています。
論理的思考というのが何が厄介かと言いますと、
大人には当たり前すぎて、どうしていいかわからない、、、ということです。

実際に指導者に聞いてみてください。
「論理的思考」って一言で言うと何ですか?
論理って何ですか?
まぁ、私が推測する感じですと、答えられる塾の先生は片手でしょうね。
じゃあ分かっていないかというと、そうではなくて、
当たり前すぎてうまく言語化できないんでしょうね。
あ、これらを質問する方も明確に言語化できないと、答え判断できないですよ(笑)。

分かっているだけでなく、ちゃんと言語化できる塾の先生として、
いろんな試みを手を変え品を変え、やってみているのですが、
寺子屋生がだいたいこの時期に言い始めることを、
今年の受験生も言い始めました。


記述問題がずっと三角だったのに、丸が付くようになってきた。

記述問題って簡単だと言っている意味がわかってきた。

グラフ表が出てくる問題って、簡単だね。

そういうことを言い始めると、受験の後半には偏差値70以上がみえてきます。


こう書くとお手軽に聞こえますが、
中1からじっくりと数年計画で、場合によっては小学生から仕込んで仕込んで、
受験という、初めて真剣に勉強と強制的に向き合うタイミングで花開いた
という事象です。

3ヶ月くらいでやることもできるんですが、
ずっとその生徒に付きっきりになる必要がありますので、
そんなに私は暇ではありません(笑)。
ですから、寺子屋は夏期講習で原則、募集を終了しています。

で、高校入試を考えると、ここまでなのですが、
もうひと仕込みしないと、進学校に進んだときに沈没してしまいます。
そこが難しいのですがね、
何年もかけて寺子屋で頑張ってくれた生徒には、
10年先まで先を見据えて教えたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:41| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。