2017年06月20日

思考力の天敵

1706チラシ.JPG

月曜に入ったチラシです。
早速お問い合わせをたくさんいただいて、嬉しいです。


今晩は、本日も粛々。

都市部で中学校受験を教えている方がよく、
九九があかんとか、
大量演習形式だけじゃダメ(たくさん問題を解くのがダメではない)とか、
言っている理由が最近になって、
少しずつ分かるようになってきました。

小学校算数の天敵は、九九・筆算・方程式。
楽なやり方を先に覚えてしまうと、
応用が利かないカチコチの方法しか使えなくなってしまうんですよね。
安易な先取り学習(これも先取りが悪いわけではない)も同様、
楽を覚えてしまうと工夫しなくなるのが人間の脳みそです。

大量演習は寺子屋もやっていますが、
低学年や高学年・中学生で使い方を変えています。
頭を使って工夫したり、じっくり考えることを抑圧しない程度にやる必要があります。

低学年を教えていると、
高学年や中学生・高校生に必要なものがどういうものかということも、
深く深く理解できるようになってきました。
こういう傾向を踏まえないと、
「思考力系の問題は、難しいから捨てなさい」と指導するしかなくなるわけですね。
怖い事です。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。