2017年05月26日

地方都市の優秀な子が抱える不全感

433.jpg

プチクラに連載しています。


今晩は、本日も粛々。

進学校の凋落がすさまじいというお話をしました。
大学受験予備校と化している進学校では、いたしかたの無いことです。
それだけでなく、
子どもの数がどんどん減っているのに変わらない上位高校の定員、
現役で国公立大学合格を求める保護者、
それに応えて点数を取る勉強重視の高校、
点数を取り、いい高校大学に行けさえすればいいと判断する塾、
附属・泉丘・二水程度の、全国的には何のネームバリューの無い高校で満足する生徒、
それぞれの共犯関係で、この状況が成立したわけで、
だからいけないというより、
進学校なんてその程度と考えて過ごした方が生産的ではないか?
というのが前回の話と補足です。

さて、優秀な地方都市の生徒は、高2〜高3にかけて、
あることを言い始めます。
この「優秀な」は、必ずしも成績に比例はしません。


★公立高校がつまらない、苦痛だ、早く県外に出たい


です。
たいてい、人と人が違うことが理解できる関係を求めてです。

こういう、
ちょっと賢い、
地方都市の進学校の子が抱えるコンプレックスって、
好きですね。

これが大学で都市部に進学した後の、
大きな起爆剤になるからです。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。