2017年05月19日

これが当たり前の進学校


433.jpg

表紙の方、綺麗だなと思ったら上戸彩さんだったんですね。
テレビを見ない私ですら名前を知っている人だけあります(笑)。
そのクラビズムの恒例企画ぷちくらで、連載を書いています。
お見かけしたらほっこりしてください。


今晩は、本日も粛々。

毎年のことですが、進学校に進学した生徒たちから、愚痴をよく聞きます。
勉強に対してやる気がある子が少ない、と。
これはもう、
10年以上聞き続けている話なので、
もう高校はそういうものと思った方がいいのでしょう。

保護者の方が持っているイメージと、進学校がかなり異なってきています。
進学校に進学している生徒で、
その学校の格に合った生徒はどれだけカッコいいか、
ぜひお話ししてあげて欲しいと思います。

私も、
あまりに進学校の生徒としてふさわしくない生徒が多いので、
それに対して抵抗する気持ちで、
寺子屋本楽寺を立ち上げました。

それでも卒塾した生徒で、進学した先の高校の先生に謝りたくなるような、
体たらくの生徒を輩出することもあります。
ですが、
合格することも、成績アップもそうですが、
各高校の先生が、こんな素晴らしい生徒がいたと胸を張れるような生徒を育てる。
こればかりは、必ず毎年挑戦し続けていますし、
これからも決してそこはぶれません。

どの高校でも、
素晴らしい生徒というのは、特に地方都市の場合、
あることを高2から高3にかけて言い始めます。
それについては、また今度。。。


ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。