2017年05月14日

寺子屋から世界へ(一人目)


今晩は、本日も粛々。


寺子屋卒塾生から、ボストン大学(universityの方ね)合格が出ました。
ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領や、
マルティン・ルーサー・キング牧師の後輩になります。

中学校のときは、国内の大学に関心があったようですが、
高校の先生や先輩からの話を聞いて、
海外の大学に関心を持つようになったそうです。

確かに、最近の東大総長や京大学長の話では、
「受け身の勉強ではなく、主体的な勉強が必要だ」とか、
「研究は対話が大切だ」とか、
本質的ではありますが、どうも志が低いなと。
もちろん原因の一端は、我々塾にもありますから、いつも反省させられますが、
このような状況では海外の大学に行きたくなるのも、
無理はないと思います。

私はこの生徒の推薦文を書くことと、
時折スカイプで近況報告や相談を受けていたくらいですので、
特に何か指導をしたということは無いのですが、
ひとつはきちんと自分のやりたいことと進学先を一致させて、その結果合格したこと、
(ですから、国内海外・偏差値の高低は、実はあまり重視していません)
それから、寺子屋のイズムを持った学生が世界に羽ばたくのは、純粋に嬉しいです。

私はまだ先進国に、海外旅行に行ったことが無いので、
いつかこの生徒が在籍しているうちに、アメリカに行ってみたいと
密かに考えています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。