2017年04月17日

標準的なレベル


今晩は、本日も粛々。


大阪で名門公立受験道場の会合に行ってきました。
指導形態も地域も考え方もバラバラな塾長さんたちでも、
本物でありたいという方向性が見事に一致していて、毎回とても居心地が良いです。

異業種の方も何名かおいでて、意見をうかがっていると、
塾は、異業種から見て普通のレベルに達している人が全体の3割程度しかおらず、
他人事ながら危機感を抱くことがあるくらいだそうです。

自分がそうならないように、いつも気を付けていることですが、
確かに、底辺のレベルの方は、
同業者だけでなく、異業種の人とも接点が少ない。
点数を上げることには熱心だが、ビジネスが下手くそ。
で、ビジネスが上手=汚い手段を使うと思い込んでいる。
という特徴があります。

そういう話を聞くたびに、
程度の低い人がいるもんだと、優越感に浸っているわけではありません。
そういうのが市場から淘汰されないということは、
私たちがもっとしっかりしていないせいなんだろうなぁと、
毎度とても反省します。

こういう想いも、
全国の塾長さんたちでも共有できるのが、
とても有り難いです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:18| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。