2017年04月14日

大学入試に思う事


今晩は、本日も粛々。


寺子屋は中学校で在籍した子のみ、高校生の大学受験を指導しています。
例外(高校生になってから在籍)はごく数人いましたが、
今まで高校からの入塾は、20人以上?30人以上?断ってきました。

授業は少しだけ行っていますが、それも単に授業が無いと通っている気がしないという、
次元の低い要望に応えただけの話。
高1から基本週3回、
高3になったら基本毎日など、数少ないルールしか存在しません。
ですので、
最近泉丘や七尾高校あたりが躍起になって、
塾・予備校に行くなと脅しに近い形でやっていますが、
何ら抵触することはありません。


高校生は、勉強する場所さえあればいい。


数少ないルールをきっちり守れた生徒は、
ほぼ全員国公立大に合格しています。
別に国公立大がいいとは限りませんが、結果としてそうなっています。
(実際国公立を蹴って私大に行った生徒もいます)

コツはいくつかあるルールは、学力に深く関連するものなので、
それを守ってくれること。
あともうひとつは、大学入試にとらわれ過ぎないようにすること。

それだけです。

高校入試は大学入試の基礎固め以上に意味は無いですし、
大学入試もきちんと基本に則れば、それだけを目標にするほどの価値はありません。
ただ、
これらの受験勉強の周辺には、
たくさんに価値ある事象が転がっています。
これをきっちり伝えたいのです。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:03| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。