2017年03月12日

センスや地頭

1701チラシ.JPG
春期講習生募集中です。


今晩は、本日も粛々。

恒例の、京都で低学年指導の勉強会に来ています。

寺子屋を作る前、大手塾にいた頃の最後あたり、
今まで漠然と感じていた子供たちの変化を、強烈に思い知りました。
頑張っても頑張っても、成績が頭打ちになってしまう生徒の存在です。

そこで独立後、小学校高学年に力を入れ始めたら、
なんとかなった生徒と、そうでない生徒にくっきりと分かれました。
9歳の壁という言葉があるように、
低学年から着手したい。

現代は便利になりすぎて、普通に生活しているだけで感覚的に身についた能力が、
いろんな子どもに身につくとは限らない。
私たちが、優れていて、今の子が劣っているというわけではありません。
今の40代半ばから39歳くらいまでは、学力低下を研究者たちから言われ始めた世代です。

低学年から指導したいと思いましたが、
いろいろな人に会ったり、指導方法を見たりしても、どうにもピンとこない。
ひどいのになると、
低学年や幼児を相手にしているのに、センス・地頭・親のせいで片付ける方、
パズルをやれば論理的思考力が身につきますなんて、
多分論理的思考力を分かってないんだろうなという方、
そんなのがゴロゴロといました。

今、京都で習っている先生にお会いした時、
一発で本物だと思いました。
ジグソーパズルの最後のワンピースを見つけた感じです。
しかもそれを、30年以上前から着手されている。

分かりやすくいうなれば、1+1=2ではない。
ひとつとひとつが合わさるとふたつという算数、
いえ、考え方の土台作りです。
宇ノ気にゆかりが深い西田幾多郎先生の孫、
教育哲学者上田薫先生の著作に『抽象への抵抗』がありますが、
『抽象へのブリッジ』というような内容です。

計算ができるようになってから文章題なんて、アホな進み方はしません。
概念を知ってもらえば、計算問題も文章題も同じです。
いえ、むしろ計算問題は文章題です。
今低学年の子たちは、文章題が急速に得意になりつつあります。
そしてこれが高学年になった時に、
国語へとつながります。

国語は全教科の土台である。
その通りですが、その意味を分かって言っている人はごく僅かです。
算数・数学と国語が同じ科目であって、
それをふまえて教えると、とても楽です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。