2017年03月08日

本来の勉強

1701チラシ.JPG
春期講習生募集中です。


今晩は、本日も粛々。

筑波大、東京農工大に次いで、富山大も合格が出ました。
これで中3から通っていた生徒は全員国公立合格です。
卒塾した生徒からも国公立合格の連絡を受けました。

寺子屋生は受験が終わっても、即本来の勉強に打ち込んでいると言いました。
大学入試を終えた彼らがどんな勉強をしているかといいますと、
大学で習う数学(全員理系でしたので)、
専門科目に関わる書籍を読む(寺子屋ではちゃんと調べられるようになっています)、
英語の文章を読む、
こういうのをやっている子が多いです。

で、大切なポイントなのですが、
これらの勉強は私が指示したわけではありません。
質問されて答えた勉強はありますが、
あくまで彼らが自発的にやったことです。

一番はおそらく、
先輩たちがそうやっていたのを間近に見ていたからだと思います。

今日、公立高校入試を終えた中3生たちを呼んでいたのですが、
その時間に来れなかった子も含めて、
要件が終わっても、自発的に勉強していった子が多かったです。
いわく、
勉強してないと落ち着かない(学習習慣が身についた証拠です)、
今まで読みたかった本ややりたかった勉強したい
(知的好奇心が備わってきた証左です)。

寺子屋7期生は、受験生としての意識が史上最低だったのですが、
何も指示をしていないにも関わらず、
勝手にやり始めた子が過半数いたのは、とても嬉しかったです。

私がどうこうというわけではなく、
寺子屋生たちが培ってくれた文化と、
学問はやはり面白いものなんだということが、
彼らの姿を見ていると、
改めて感じ入りました。

受験にしか価値を置いてない場合だと、
まずできないことだと自負しています。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。