2017年03月06日

通じ合う感覚

1701チラシ.JPG
春期講習生を募集しています。


今晩は、本日も粛々。

日曜に、友人が一周忌でしたので、横浜の友人2人と共に、
お墓参りをしてきました。

新潟との県境にある小さな町、石川県でいうと中島町とか押水とか、
あのあたりのイメージですね。
亡くなるまで、タイミングの問題であまり語り合えなかったのですが、


地方都市に育った、上位高校出身者の複雑な感情


というのがあります。
大学時代都会に出たときに、地方出身者同士でも、
きちんと考えて中高を過ごした子たちには、
敢えて語らなくても何かを抱えているのはよく分かりました。

私が独立して塾を作ろうと思った時に、選択肢は2つありました。
東京・横浜で国語専門塾を作る、
かほく市にトップ校専門塾を作る。
結局後者を選んだのは、お寺を継ぎたいというのが第一ですが、
第二は、そういう生きづらさを抱えた子たちの力になりたいというのが、
ありました。

寺子屋では各中学でトップ10に入る子たちが多いですが、
5番内くらいをキープできるようになったら、
学年1位を目指して、
何々模試で1位を取れ、
なんてことはあまり言いません。

そういうことは、普通の塾さんが頑張ればいいことであって、
進学塾を名乗るからには、
たっぷりと本来の勉強をしてもらいたいなと思っています。

先日も保護者の方からお話しをいただいたのですが、
点数を追っかける塾ならたくさんありますが、
点数を取りながら、知的好奇心を伸ばす塾って、ホント無いんです、と。
点数や実績でもそこそこ頑張っていますが、
それは受験本来の意味、勉強本来の意味を踏まえられたから、できたことです。

富山市内に出て、とある本屋さんに立ち寄りました。
棚がきちんと整理された、今どき珍しい本屋さん。
その文筆家さんが発表している主著がきちんと置かれていて、
さらに最新刊でも注目どころが置かれている。
その棚の担当者さんがオススメしたいポイントが隅っこに主張されている。
ヘイト本が置かれておらず、置かないことをわざわざ自己主張していない。

久しぶりに何時間いても飽きない、いい本屋さんに会いました。
昔はリファーレの中にあるリブロが良かったんですが、今どうなっているだろう。。。

こういう本屋さんみたいに、
分かっている人が見ると「おっ!」と思う塾でありたいなと思います。


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 16:01| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。