2016年12月19日

やっぱり普通の事でした


今晩は、本日も粛々。

1月に行われる名門公立受験道場模試、
その忘年会に行って来ました。
皆さんお馴染みの、サンライズさん・岡本塾さんもいました。

寺子屋が着手している、
生徒の地頭を鍛えるアプローチは、
石川県ではおかしな人と言われ、
かほく市ではそれ以前の、受験生でも無いのに勉強しているのはおかしいと、
言われ放題です。
まぁ、気にしたことはありませんが(笑)。

いろんな先生たちとお話ししていると、
そういうところに着手している塾がゴロゴロいます。
私は寺子屋のことを、
至って普通の塾と捉えています。
とんがっている塾と評されることも多いのですが、
お気持ちは嬉しいのですが、
平凡極まりない塾だと思います。

しかし、点数を追いかける・合格を目指すだけで終わっている方が多数派ですから、
平凡に映らないだけで、
点数や合格を追いかけつつも、そこだけで終わらない在り方は、
将来世の中を考えると普通の事だと思うのです。
ですので、ブログで成績アップ自慢をするのはぴたりとやめました。
寺子屋では珍しい出来事では無いからです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 12:09| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。