2016年11月04日

塾は月であり続けるのが本筋だと思うのですが

11gatu.jpg
クラビズムにちょいと寺子屋が顔を出しています。


今晩は、本日も粛々。

附属高校の説明会に行ってきました。
知的な取り組みの数々は、
受験予備校型にならざるを得ない地方都市の高等学校にあって、
異彩を放っています。

いつも説明会を聞いていて、
知的な素地がある生徒であるならば、唯一オススメしたい高校です。
そうでない生徒には、他にもたくさんオススメの高校があるのですが。

もちろん、附属高校を100%賛辞しているわけではありません。
附属生が今まで、来賓の人たちに挨拶をしているところを、
私は一度も見たことがありませんから、
附属生だからではなく、
個々の生徒や、そのご家庭の方針によって初めて、
エリートに相応しい人に育って行くのだと解釈しています。

今まで教えてきた生徒で、
普通の知的な、進学校らしい高校生と思える子は、附属生が圧倒的に多かったですし、
素晴らしく進学校らしい、知的な高校生は附属生でした。

浪人率が高いことを糾弾材料にされる方もいらっしゃるようですが、
入試からみると、一見無駄に見えるような、しかし大切な知的バックグラウンドを、
学校がじっくり育て、
塾が点取り屋という、
本来の役割分担を行える、
石川県で唯一の教育機関だと思います。

学校は太陽で、塾は月。
最近業界で流行っている某小説に出てくるフレーズですが、
私はこの方が居心地がいいんです。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:50| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。