2016年10月23日

余熱で点数を取る

11gatu.jpg
20日発売のクラビズム11月号の、プチクラビズムに寺子屋登場です。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋が低学年の指導を行うようになったのは、
生徒たちをみていて、

★一生懸命頑張っているのに、これ以上伸びないと実感する生徒が一定数いる

★本質的な勉強をしていなくても泉丘程度なら合格してしまう

ということに、なんとかしなければ、、、と、
ずっと思っていたからです。

今回はひとつ目について。

保護者の立場ですと、職場にやってくる新入社員のような人たちに感じるかもしれません。
真面目以外取り柄がない、高偏差値大卒の若い子。
目先のことには一生懸命ですが、
先を見通したことや、物事を疑ったり自分で考えたりが極度に苦手なタイプ。

本来であれば、
点数を追求していけば、自然に物事を考える力が身についていかなければいけません。
しかしながら、例えば、
比較的簡単な計算で、すぐ筆算を用いる。
英単語を、英語・日本語の一対一対応で覚えている。
漢字の部首の部分を書き間違える。
これらが平均点にいかない子たちがするならわかります。
学年順位で一桁や、
二水や泉丘志望の生徒でもやってしまう。
どうもおかしい。
小さなことのように思えるかもしれませんが、
論理や国語力なんて言われているものの正体を知っている人からすると、
由々しき事態です。

それで小学校高学年に力を入れ始めました。
それでも、高学年までに低学年内容が身についていない子の多いこと多いこと。
低学年内容や幼児教育の勉強を、私自身がやり直して、
私たちが学力と呼んでいるもの、
無意識の奥底まで潜ってみて、
当たり前とか、センスという言葉で片付けているものの正体を、
明らかにしようとしてきました。

それで分かったことを、
低学年で行っています。

初年度で低学年内容をやっていた3年生が、
今、4年生で高学年内容を実施しています。
今のところ全員が、
首都圏中学入試レベルのテストで偏差値60前後です。

低学年当時はがっつり宿題も出していませんし、
大量演習なんてのもやっていませんし、
春期・夏期・冬期の季節講習もやっていません。
が、
首都圏で、附属泉丘と同等またはそれより上の実績を出している
中高一貫校合格レベルです。
いや、県外受験の予定はありませんが(笑)。

点数を目的にして、結果的に学力が身につく方法が、
優秀な生徒でも通用しなくなってきています。
であればこそ、
学力を追究して、その余熱で点数を取る。
こういうアプローチが本当に大切だと、実感しました。

幸い、石川県は中学校受験熱が大都市ほどの熾烈ではありません。
中学校に入って部活漬けになる前に、
高校入試までの間に、
点数を取るという、学力をつける際のおまけ部分にスポットライトが当たるまでに、
じっくりこういうことが出来ます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに同じ内容を杞憂している母親です。
現在中学一年生、まだ数回のテストしか経験をしておりませんが、テストの点数には見えていない不安を抱えております。
学力確認テストでもちろんいい点数を確保して欲しいあまりに 必要以上のテスト対策を繰り返す毎日に 意味がある行動なのか、しかしながら何をすべきかが見えてきません。
学年トップは480点をコンスタントにとります。
しかし もともとの学力が乏しい息子は初回こそ近い点数をとってきたものの、徐々に点数をおとし 先日の中間テストは440点取るのがやっとでした。
本人はもっと点数を取りたいと意気込んでおりますが、今以上にワークや教科書を隅々まで対策したとしても プラス10点から20点とるのがやっとと思われます。
ならば、重箱の隅をつつくような勉強を繰り返すよりは、これ以上の細かい対策は不要と割り切って別の視点での勉強を(勉強というべきかはわかりませんが)すべきか。。。非常に難しい判断なのです。
テストの点数はモチベーションアップは大いに貢献しますので そこは落としたくない、でも将来の大学受験やそれ以降の本当の力をつけるやり方をもつ事が肝要なのでは・・・と欲張りな母親は思うわけです。
先生のブログの内容に答えがあるのだと思うのですが、無知な私にはその先の正しい行動がみえてきません。
とりとめないコメントで申し訳ありません。
Posted by 恭子 at 2016年10月25日 23:06
恭子様

コメントありがとうございます。
最近の子は思っている以上に基礎力が足りないので、塾生には450点以上・学年順位5番以内が基礎学力が少しついている目安と話しています。
しかしながら、中学校より高等学校の方がより顕著なのですが、受験対策に明け暮れるあまり、本来の「テストの点数には即現れない」タイプの学力養成の時間が削られています。
ですので、ご家庭で「後伸び力」みたいな部分を補う状態です。本当は学校がやって、塾が点取り屋でいないといけないと思うのですが。

その具体的な方法までは、ブログでは匂わせるだけで書いてはおりません。私も経験上こうだろうなと思う部分を実践して、ようやく生徒たちに手ごたえがでてきたところですので、準公の場で言えるほどではないのです。
もしお差し支えなければ、ご連絡いただけましたらご相談に乗ります。
Posted by ごんぼっち at 2016年10月27日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。