2016年10月22日

プチクラビズム

11gatu.jpg

20日に発売された、クラビズム11月号のプチクラビズムに、
低学年の勉強のコツについて書きました。


今晩は、本日も粛々。

IMG_1851.JPG

こんな感じで、登場しています。

教育関係者とお話しをしていて、
勉強面に関して素晴らしいと、関係者が絶賛するご家庭の共通点を探すと、


★子供が関心を持った事に、すぐ具体的なアクションをする


ということになるのかな?と思います。
あくまで小学生うちの話ですが、
関心を持ったことについて、家でお話ししたり、
本屋や図書館に連れていってあげたり、
博物館などの施設に行ったり。

賢い保護者でありがちなのは、
抽象的には子供の関心や興味を分かっているのですが、
具体的なアクションに結びつけられていないケースです。
小学生で大切なのは、
速く計算することでも、暗記が得意なことでも、
テストの点数が良いことでもありません。

分かっているようで分かっていない保護者は、
小学生のうちはたっぷり遊ばせるのが大事、とそれは事実なのですが、
遊びという具体的な世界が、
抽象化すると何につながっているか保護者が把握していなければ、
ただの暇つぶしと同じです。

具体的な経験をたっぷりさせて、
抽象的な理論や経験則上の理論に結びつける。
計算を速くしたり、点数を取るテクニックを身につけたりは、
高校入試の時で充分ですが、
その前にこれらが入っていないと大変です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
根保先生芸能人みたいでカッコイイです!
Posted by 古賀 at 2016年11月09日 15:54
古賀さん、コメントありがとうございます。

褒めてもお経しか出てきませんが(笑)、
ありがとうございます。嬉しいです^^
Posted by ごんぼっち at 2016年11月09日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。