2016年07月17日

何度言ったら分かるの!


今晩は、本日も粛々。


京都で低学年指導の研修です。

image.jpeg


研修してくださる先生がよく象徴的に繰り返す言葉があるのですが、

「子供は200回言って1回入る」

寺子屋も低学年指導をしていて、初めて実感しました。
そう考えると、大人はなんと短気なのでしょうか。
我々が大人になるまで、いかに周囲の忍耐に支えられてきたことでしょうか。

もちろん、200回を100回・50回・・・と減らしていく努力も必要ですが、
本来そういうものだということは、何度心に留めてもやりすぎではありません。
保護者だけでなく、
我々指導者も。。。です。

中学生になったら、1回聞いたら1回行動になるように、
意図的に促していきたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 12:07| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。