2016年06月17日

安定志向


今晩は、本日も粛々。


気付いたら1週間ブログを更新忘れていました。
高校生の将来の夢や、
高校生の保護者の方が子どもに就いてほしい職業のデータを見ました。
公務員・医療関係がずらっと並んでいて、
高校生の女子に「アイドル」とあるのが微笑ましいです。

キーワードは、経済的安定。

とにかくリスクを背負いたくない・・・みたいなコメントが多かったです。
が、リスクの少ない人生ってあるんでしょうか?

私が小学校の時、バブル全盛でした。
両親が公務員だったので、私や家族の生活には無風に近かったですが、
しょっちゅう言われていました。
公務員なんて安月給で可哀想に・・・みたいな話。
中学校でバブルが崩壊して、バカにしていた人たちは手のひら返して言いました。
いいね、公務員は安定してて。
私の世の中に対する冷めた眼は、こういうところからも培われました(笑)。

高校のときには、つい10年前まで大学生の人気企業たちが、
ばったばったと潰れてたり、買収されたりしていきました。
で、最近では、
外資系企業どころか、
日本以外で働くのも普通の世の中。

公務員もこれから、クビになる世の中になっていくでしょう。
教員は少しは大丈夫かな?
数を減らしたいという財務省の思惑と、忙しいからもっと増やせという文科省の綱引き。
現在のところ財務省やや有利。

で、安定って何ですか?
誰かに雇われているということは、
会社が潰れるかどうかを自分で回避できないってリスクを背負っているわけですね。

いくら経済的な安定なんて言っていても、
大きな災害、テロ事件、戦争ひとつで全部吹っ飛ぶわけですから、
そう考えると、
安定を望むより、多少のリスクにへこたれない人になった方が、
よっぽど現実的だと思います。

昔の人はいいこと言いますね。
可愛い子には旅をさせよと。
昔でしたら、生命の維持自体が不安定でしたからね、
尚更なのでしょう。
若いうちに苦労させて、タフな子に育てなさい。

寺子屋生もそうなっていってほしいですね。


                             ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。