2016年06月07日

芸能人


今晩は、本日も粛々。


いつもカタい話が多いので、たまにはライトな話題をカタくいきます(笑)。
私はテレビを観ないもので、
好きな芸能人は?と聞かれると、はたと困ってしまいます。

観ないというのもそうですが、
たまに観ても印象に残らないといった方がいいかもしれません。
女性は「身近に感じる」アイドル全盛ですし、
たいていのアイドルはなぜかティーンであることが多いので、
見た目が可愛らしくても、発言は未成熟そのものなので、
とてもじゃないですが、強い感情を抱けないんですね。

女性タレントで印象にとても深かったのは、Shellyさんです。
話している内容が知的なのと、
MCをやっている時に過度に出しゃばらないところが、
洗練されている印象でした。
あと、他のタレントさんと違って、
仕事を楽しんでいる感が伝わってきたところでしょうか。

もう1人、誤解を恐れずに言うと壇蜜さんです。
セクシー路線が・・・ではなく、
会話の切り返しがとても知的なところが、です。
ちょうど芸能ニュースで今しがた見かけたのは、
番組内で「最近キスしたのはいつ?」と振られたときに、
「私は去年、第三者の紹介で精査した結果、1日も早い再会を願って、記念にサラリーマンと」
と、舛添都知事の会見で繰り返されていた言葉を使って咄嗟に返していた感じですね。

そういえば、テレビに出たときに
とても言葉の使い方を注目する人がいます。
明石家さんまさんです。
こういう仕事ですから、相手の話を受け止めるという、傾聴スキルが必要なのですが、
私がとっても苦手としている話の聴き方を、
さんまさんはとても得意にしていらっしゃいます。
それは「相手の話をオウム返しに繰り返す」です。

よく相手から話を聞きだすポイントとして、
ビジネス書やはてまた恋愛指南書みたいなものまで、いろんなところに公開されていますが、
あれ、実は知っている人からすると、結構やられるとムカつくんです(笑)。
昔話したことある話題を、
「以前、面白いことを言ってましたよね。何でしたっけ?」と同じくらい、
白々しさを感じてしまうんです。
私だけですかね(笑)

さんまさんは、ゲストの発言を巧みに言い換えたり、
ツッコミ口調で反復したり、
俺もこうやな〜と、自分に置き換えながらやったりと、
バリエーションがとても豊富。
そして、本当に聞きたいと思っているよ、というリアクションを意識されていますね。
床に転がるなどの、過度なオーバーリアクションの時は、
おもんないけどやっとかな。。。って時が時々ありますね〜(笑)。多分ですが。
そういうのも含めて、
すごいなと見ていると、
何の話を、テレビでしていたか、忘れます(笑)。

まぁたまにテレビや、動画サイトで、
ドキュメンタリー以外を観ている時は、こんな感じで楽しんでいます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。