2016年05月06日

仏繋がり


加茂水族館を後にして、そこそこと向かったのは、
土門拳記念館です。

仏像を撮るのでも有名な方で、
写真家初の記念館ですね。
私、結構ファンなんです^ ^

ここもしこたま楽しんで、15時くらいにまであっという間になりました。
タイミング的にもどんぴしゃです。
向かった先は、中尊寺に続きまたも天台宗の

image.jpeg

山寺という通称で有名な、立石寺(りっしゃくじ)です。
この階段が約1000段ありまして、


image.jpeg

この上くらいにあります^^;
日頃の運動不足が祟りますね、太腿にきます。
腿上げ、大事です。


ゆっくり15分くらいかけて、1000段余り登ると、

image.jpeg

水墨画みたいな世界が待っていました。
ちなみに、それぞれのお寺にはきちんと庫裡(くり)があって、
坊さんが住んでいます。
いろんな場所に浄財を求める場所があっても責めないでくださいね。
多分、観光による収入がないとやっていけないはずなので。。。


とはいえ、

image.jpeg

これには笑いました。


image.jpeg

登ったのはこれくらいの高さです。


image.jpeg

最上段の奥の院


image.jpeg

街が一望できます。


image.jpeg

わざわざ夕方に来たのは、このためです。
夕焼けを見たかったのです。
この後、20分くらい待つと、この山々が茜色に染まって、
涙が出そうになるほど美しかったです。

写真?


見惚れていて撮り忘れました(笑)
是非、直接その眼で見てください。

image.jpeg

ちょっと降りた場所で思い出して撮りましたが、
この色が山々一面を覆っていると想像してください(笑)。


亀井勝一郎は、大和古寺風物詩だったかで、
山に寺社があるのは、
一歩登るごとに、己が低くなり、そこに神が入ってくると言いましたが、





神じゃなくて、仏やろっ!





じゃなくて、

人智を超えたものへの畏敬、
そこに寺を築く情熱、
昇華したような信じる気持ちが、年代を超えて伝わってきます。

いやー来て良かった^ ^



。。。と、問題はここからです。
この後、泊まる場所やプランが全くありません(笑)
さぁ、どうしましょう?


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。