2015年12月30日

鴻鵠の志


今晩は、本日も粛々。


12月18日に自殺した、
ソウル大学の学生の遺書がネットに公開されていました。

「先に生まれた者、持てる者、力のある者の論理に屈服することがこの社会の道理であり、
 生存を決めるのは箸とスプーンの色だった。
 私とはあまりにもかけ離れたこの世の中で耐え抜いていく理由がない」

ソウル大学は、日本でいうと東大でしょうか。
優秀な学生だけに、
世の中を見通しすぎたのだと思います。

私も就職の時は、文字通り、血を吐くほど悩みました。
が、私はこの学生よりバカだったせいか、
彼が言及している内容には、当時も今も一点も共感できません。

小学校や中学校の時、中国の歴史が好きでした。
一番気に入っていたのは、燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや。
その辺にいる人たちに、私の大志は分からないだろう。
まぁ、この名言を遺した人は、
結局「大志」の内容が、自分の域を出なかったため、
反乱を起こして一大国家を作り上げましたが、秦の逆襲に合い、
落城寸前の城を自分だけ逃げようとして、部下に暗殺されます。

が、自分が胸に抱いている情熱に誇りがあれば、
先人の論理に従って生きることを、「屈服」と表現する必要がありません。
そのことをこの名言は教えてくれます。

そして、もうひとつは、
高校・浪人時代に憧れていた予備校の先生たちでしょうね。
当時私は、自分が何をしたいか?すらおぼろげでした。
しかし先生方は、何をしたいか?ではなく、どうやって夢を具体化するか?について、
取り組んでおられました。

もし、今の世の中が、
「先に生まれた者、持てる者、力のある者の論理」であるならば、
その論理は如何様にして出来たのでしょう?
その前にあった論理たちを、ぶっ壊してできたはずです。
ぶっ壊す原動力は、先人たちの論理と常に対抗してきたのでしょうか?
いえ、
むしろ中から食い破ってきたというケースの方が多いと思うのです。

鎌倉六仏教を作った僧侶たちは、皆、比叡山延暦寺に在籍していました。
徳川家康は、各地の大名の捕虜として転々とする生活を幼少期していましたし、
明治維新も、幕府内の重要人物多数から協力を得て、成し遂げられました。
世界史でしたら、もっと豊富にでてくるでしょうね。


ダライ・ラマ14世は言います。
適切なルールの破り方を学ぶために、ルールを守りなさい、と。


そして、自分を支えた最大の論理、
それは、
悩んでいる自分は、
うじうじしていて嫌だなとは思いますが、消してしまいたいとは思いません。
しかし、悩みに負けた自分は、
どんなことがあっても消したいと思うくらい、憎々しいです。

悩んでいるときは、
自分の好きな人たちが心配し、自分の嫌いな人たちは無関心です。
悩みに負けた時は、
自分の好きな人たちが哀しみ、自分の嫌いな人たちが喜びます。

私の視野が狭いところでしょうね。
私は嫌いな人が喜ぶ選択は、したくないんです(笑)。

まぁ、いろいろ行動してみると、
同じ考え方をしている人なんて、日本ですらごろごろいますよ。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。