2015年09月15日

知覧特攻平和会館


鹿児島中央駅から、車で1時間ほど。
お茶で有名な知覧に行きます。

お目当ては陸軍特別攻撃部隊の記念館。
特攻隊で亡くなった方々の遺品や遺書、家族からの手紙、写真が展示されています。
もうね、涙無しには読めませんでした。

祝日でもない、月曜のお昼にもかかわらず、たくさんの人がいました。
私がいた2時間くらいでも、5〜60人くらい。
お年寄りのツアーだと思うでしょう?
いえいえ、若い方が半分くらい。
中には女性一人というのも、何名か見かけました。

遺書の展示では、3分の1くらいの方が、
ハンカチで目元を拭ったり、鼻をすすったりしながら、観ていました。
だって、特攻隊員の大半が、
20代の若い兵や、学徒出陣のメンバー。最年少17歳。寺子屋4期生と同い年。
日本人全てが勇敢な民族なら、
今で言う中間管理職クラスが一番多いはずです。

なんだかね、こういう光景を見ていると、人間って捨てたものではないと、
思うんです。
特攻隊を送り出していた知覧の人々や、軍人の一部が、
終戦後、戦争に関わる資料を極秘のうちに処分されていく中、
隊員の資料などを必死に隠し、
終戦5年後から、こういう会館を作るように働きかけ、
今、ユネスコの世界記憶遺産申請に、尽力しています。
彼らの情熱に頭が下がると同時に、

会館でも語られていませんでしたが、
兵士の遺書や家族への手紙は、検閲されていましたし、
特攻隊のほとんどは、戦艦に激突する前に撃ち落とされています。
(確か、成功率は2%だったか忘れましたが、とても低い数字でした)
それを考えると、
兵士の命を犠牲にすることが前提という下策だっただけではない、
悲哀を帯びます。

一方で、彼らが出撃した主な戦いは、沖縄戦です。
沖縄戦は、沖縄の人たちと本土の人たちとの断絶を端的に示す戦いとして、
語られることが多いですが、
それを超えた、沖縄と本土という二分法を超えた悲劇でもあったという証左です。
こういう点からも接点が持てないだろうかと、
ふと感じました。


それから隣の知覧ミュージアムに。
こっちはガラガラ(笑)
お目当ては、隠れ念仏です。
薩摩藩は、キリシタンだけでなく、浄土真宗を弾圧したことでも有名です。
隠れて真宗を信仰してきた知覧の人々。
信仰は、日本では引いてみられることが多いですが、
穏やかかつ真摯な祈りに、
心を打たれない人はいません。

若干へこたれながら、
大いに考えさせられ、
ほのかに温かいものを感じながら、
熊本城へと急ぎます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 研修の旅、なかなか実りあるようで、嬉しく思います。当時の『特攻隊員』の方々と、その周りの皆様の心中と生き様は、戦後70年を経た今だからこそ、私達はもちろん、できるだけ沢山の人々が、改めて真摯に学び直す良い機会だと痛感しました。                  塾長には長崎での学びを是非とも塾生に熱く語って下さい。『合掌』
Posted by てっちゃん at 2015年09月16日 05:05
てっちゃん様

コメントありがとうございます。
知覧特攻平和記念館は、素晴らしい施設です。ある程度の年齢になったら、子どもでも感じるところはあると思います。
Posted by ごんぼっち at 2015年09月17日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。