2015年05月27日

旧帝大合格

409.jpg
現在発売中のクラビズムです。
年に1・2度くらいひっそりと登場しているだけなのですが、
「しょっちゅう出てますね」と言われることが多いです。
さすが有名雑誌^^;


今晩は、本日も粛々。

さて、寺子屋がかほく市にひっそりと誕生して、
1期生が去年、今年は2期生の大学受験で、早くも旧帝大合格が出ました。
東北大経済学部です。

高校受験で勉強のやり方をきっちり身に付けてもらい、
大学入試は、適度なタイミングでやるべきことを指示して、
あとは大学に行っても大丈夫な基礎教養を伝える。
これが、寺子屋の大学入試のイメージです。
ですから、高校からの入塾はお断りしています。
今まで20名以上断りました。

今年合格した、東北大・神戸大・早稲田大の生徒たちに、
それぞれに深い思い入れはあるのですが、
私自身は、合格した大学は正直どうでもいいのです。
普通に寺子屋生として勉強していれば、
金沢大より上〜帝大クラス、
難関私立(早慶上智ICU理科大)あたりは特に心配していません。
あ、言いすぎました。
少しだけ緊張します(笑)。

そんなことより、
帝大生としてふさわしい、意識や勉強の姿勢を身に付けて、
進学して行ってくれたのが、一番嬉しいのです。

1期生の金大(法)・獨協大(英文)・石川県立大に進学した生徒もそうですが、
入学後、教授陣から「良い方の部類の学生」と評価されるだろうなぁ、
という生徒に育ってくれました。

今年、高校入試も、
受験生の過半数が泉丘に合格していきましたが、
合格したことが嬉しいより、
泉丘生としてふさわしい姿勢を身に付けた上で合格してくれたことが、
何より嬉しいです。

2020年の教育改革が、
ちょうどそのような方向に流れているので、
寺子屋としては、
独立前から予想していたことです。
喜ばしいです。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに拝見し、少し思うところがあり、書き込みます。
息子が泉丘1年次、担任との面談に際し、「上3つ(東大、京大、一橋)が無理なら、慶応へ行かせます。」<息子は文系>と言ったら、担任から、(非難めいた)怪訝な顔をされたのを覚えています。田舎の高校では、今でも旧帝大と一括りで捕らえ、進学を誘導していますが、(理系はその通りですが、)文系は状況が異なります。特に、東京就職では、上記3校以外、早慶以下の扱い、場合によっては相手にもされません。就職が全てと言うつもりは毛頭ありませんが、これが現実なので、この点を含め、進学指導をして欲しいと思います。(三田会の実力といったことまでは不要ですが・・)
Posted by R.J.DIO at 2015年06月01日 13:20
R.J.DIO様

お久しぶりでございます。
コメントありがとうございます。

私も私大出身なので、田舎の公立高校の進路指導がいかに一面的か、よく存じております。2020年の教育改革では、高校に言われたことだけやっていて、受験対策オンリーで旧帝大に入ろうとする子たちが綺麗に排除されるような改革になってくでしょう。
喜ばしいことです。

都市部中高一貫校や、田舎の公立以外の常識に照らし合わせての進路指導は、今後とも引き続き行っていきます^^
Posted by ごんぼっち at 2015年06月01日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。