2015年04月24日

国語以外の科目との関係1【附属泉丘の国語7】


今晩は、本日も粛々。


イマドキの子が、どうも国語を苦手としている気がする。
その正体は、論理的思考力がポイントというお話しでした。
論理的思考力というと大上段な気がしますが、
その正体は、例えば部首を覚えて漢字を整理整頓する(抽象と具体の関係)といった、
小さい事象ですが、
その教科のカギになる部分が大事ですということでした。

さて、国語は全教科の土台と言われていますが、
そうであるならば国語の問題は全教科に波及しているはずです。

寺子屋がやっている、地頭をよくする文章処理能力育成講座で、
小4レベルの日本語読解を高校生にやってもらっている時のことです。
論理的思考力は、
@言いかえ
A対比
B原因理由
この3つだと言いました。
理系の高校生に関しては、Bが異様に発達していて、@が特にいいかげんです。
文系を得意にしている高校生は、@Aが上手で、Bを苦手としています。
面白いくらい、くっきり分かれました。

ただ文系理系問わず、苦手としていたのが、
@の言いかえのうち、
・抽象と具体
・比喩
この2つの部分は、顕著でした。

もう1点、
テストでは優秀な成績(80点前後です)ですが、
小4レベルの国語に歯が立たない子もいました。
つまりは、表面的になぞる勉強がくせになっているということです。

このあたりを次回はちょっと掘り下げていきたいと思います。



                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。