2013年12月15日

基礎力


今晩は、本日も粛々。



全国の塾長さんと意見交換していて、

あるひとつの意見に、

皆でとても賛同したのがあります。



いわく、

中学入試を行っていない、公立中学校では、

上位10%以上であっても基礎力に不安がある。



という話です。

どうせ寺子屋だから、レベルの高い話をしているんでしょう?

いえ、違います。


英語で言うなれば、
月や曜日でスペルミスがある、とんでもないスペルの過去分詞形を書く。

数学で言うなれば、
分数の計算でミスをする、基本的な公式や合同条件を間違える。

レベルの話です。


で、この程度でも、泉丘ならば合格することができます。

ですから、私は「泉丘や二水高校に合格できた」程度は、

学力の保証にならないと思うのです。



確かに、今まで教えてきて、

1回とは言わないまでも、2・3回言ってすっと身に付くレベルだったのは、

1名の生徒だけです。

それでも、相当私にバカにされたそうです。
(すみません、とんと覚えていません・・・)

というのは、言ったことを忠実に遂行するという能力に長けていましたが、

何か思いもつかないような、才能をきらっと感じさせる発言というのは、

とんとありませんでした。

高校生の時は。。。ですが。

大学時代には舌を巻くような、すごいことをわしわし言うようになりました。

きらっと光ることをばしばし言えるようになるまで、

それくらい積み重ねと熟成が必要・・・ということですね。



寺子屋の生徒で一番優秀な生徒も大したものでした。

打てば響くという言葉ではありませんが、

ぽんと投げかけた言葉に、私の想像以上の返事をしてきて、

時々背中に汗が伝います。

逆を返せば、こちらがいかに上手に打つかが要でしたし、

やれと言ったことを忠実に遂行は、いつもできたわけではありません。

中学生の時は。。。ですが。

高校に入ってから、こちらが辛くなるほど打たれますし、

私の想定したことより、遥かに大きなことを成し遂げるようになりました。

それくらい、試行錯誤が必要なのですね。


誰にでも分かる「素晴らしい才能」まで、

どれくらいの労力と苦労が、本人の中で必要かの証左です。


宇ノ気・河北台・津幡・津幡南・高松中学校で、学年1位を取っている生徒でも、

基本的に、基礎力に問題があると考えています。

とても優秀な学年で、

1位2位あたりの生徒が、基礎力をクリアーしている生徒でも、

高校が要求している学力には、まず応えようとしていないレベルです。

特に、復習を重視していたり、学校の課題を重視しているレベルだと、

100%アウトです。

それでしたら、稀に2位以下の生徒でも、向学心を刺激された生徒の方が、

ポンと突き抜ける可能性を持っています。

ひとつのテストでは、才能を測りきれないケースもありますから。



これらは人格を否定しているのではなく、

中学生や高校生というのは、そういう時期なんだと思います。



私の学生時代を顧みても、

こんなにも理解するのに、エゴや気分が邪魔して、

すんなりいかないものだなと、自分に呆れます。

成績はすごくはありませんでしたが、そこそこだったんですよ?

それくらい、脳みそに新たな回路を作るというのは、

難しい作業なのです。



ですから、

うちの子は、うっかりミスが多くて。。。

勉強方法が解っていなくて。。。

というのは、八百屋にマグロを注文しているようなものだと思います。



こういう時は、徹底して、

★授業のノートに返る

★嫌!というくらい繰り返す

という「基本中の基本」に振り返る必要があります。



よくいろんな勉強法の本で指摘されているとおり、

繰り返す=10回や20回はやること

です。




                            ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 09:16| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。