2017年09月10日

唯一の進学校


今晩は、本日も粛々。

附属高校の塾向け説明会に行ってきました。
「いくつになっても主体的に学ぶような人を育てたい」
「宿題漬けにして、生徒の学びを奪いたくない」
「(夏服自由化に触れ)生徒には自由に振る舞うことはどういうことか、考えて欲しい」
「教育界の前衛として、2020年の改革は常に先取りしていた」

本当の進学校が言う言葉の数々だと思います。
残念ながら、こういう方針を採っている高校は、石川県内では附属のみ。
旧帝大医学部・2020年の入試対応は大丈夫です!と声高に叫ぶ高校はありますが、
その改革の骨子を理解して伝えていて、
さらにそれが可能な学力(学習習慣・姿勢・マインドを身に付けている)を持った生徒が集まる、
その両方を持っている状況を作れているのが、
附属高だけと言ってもいいかもしれません。

そして、2020年の改革の弱点を見抜き、
それに対して言及している高校はゼロです。
理由はシンプル、
高校では手の打ちようが無いからです。

今年の寺子屋は、
改革の弱点をどう補うか?という部分で、
うんうん悩んでいます。

このあたりを11月の保護者会で、
触れたいと思います。

それにしてもプライベートでお会いする、お子さんをお持ちの石川県内の方で、
私から見ていても「賢いなぁ」と思う方は、
皆さん、お子さんの附属中・高受験を考えていますね。


                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする