2017年09月21日

教育改革勉強会


今日は、本日も粛々。

IMG_2325.JPG

勉強会に来ています。
独自に研究をしているので、新しい発見はありませんが、
切り口の面白さや、着眼点の正確さ、具体的な方策のヒントを得ることができます。

教育改革と言われていますが、
入試問題が激変するのは、実はもう始まっています、、、と、
再三言っています。

で、どう変わるのか?というのは、論理的思考の重視です。
まぁそれもわかりきっています。
論理的思考というのが何が厄介かと言いますと、
大人には当たり前すぎて、どうしていいかわからない、、、ということです。

実際に指導者に聞いてみてください。
「論理的思考」って一言で言うと何ですか?
論理って何ですか?
まぁ、私が推測する感じですと、答えられる塾の先生は片手でしょうね。
じゃあ分かっていないかというと、そうではなくて、
当たり前すぎてうまく言語化できないんでしょうね。
あ、これらを質問する方も明確に言語化できないと、答え判断できないですよ(笑)。

分かっているだけでなく、ちゃんと言語化できる塾の先生として、
いろんな試みを手を変え品を変え、やってみているのですが、
寺子屋生がだいたいこの時期に言い始めることを、
今年の受験生も言い始めました。


記述問題がずっと三角だったのに、丸が付くようになってきた。

記述問題って簡単だと言っている意味がわかってきた。

グラフ表が出てくる問題って、簡単だね。

そういうことを言い始めると、受験の後半には偏差値70以上がみえてきます。


こう書くとお手軽に聞こえますが、
中1からじっくりと数年計画で、場合によっては小学生から仕込んで仕込んで、
受験という、初めて真剣に勉強と強制的に向き合うタイミングで花開いた
という事象です。

3ヶ月くらいでやることもできるんですが、
ずっとその生徒に付きっきりになる必要がありますので、
そんなに私は暇ではありません(笑)。
ですから、寺子屋は夏期講習で原則、募集を終了しています。

で、高校入試を考えると、ここまでなのですが、
もうひと仕込みしないと、進学校に進んだときに沈没してしまいます。
そこが難しいのですがね、
何年もかけて寺子屋で頑張ってくれた生徒には、
10年先まで先を見据えて教えたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:41| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

台風を追いかけて帰宅中(笑)


おはようございます、本日も粛々。

昨日金沢に到着予定でしたが、
台風18号の影響でサンダーバードが運休で、もう一泊。
早朝に新幹線に乗っています。

九州で美味しいと、昔から評判のお店に行ってきたのですが、
ネット上のレビューでは、
サービスが最低との書き込みが少数ですがありました。

確かに愛想満面というわけではありませんでしたが(笑)、
築年数が経った建物は、そう思えないくらいに掃除が行き届き、
調度品も、例えば何十年も囲炉裏で燻された竹を用いた一輪挿しなど、
これまた手入れが隅々までしてあり、長年使い込んだ物。
お庭も、こんなに美しくなるには何十年かかるのだろうというくらいの美しい苔庭で、
漆塗の器も、漆が剥げるくらい使い込んであります。

こういうのもサービスなのですが、
サービスを受ける側が未熟だと、もてなされていることにすら気付かない、
客商売の宿命といえば宿命なのですが、
職人を殺すには刃物は要らぬ、無知な客がいればよい、、、
というのを骨身に沁みて分かっているので、
加えて、小さな正義を振りかざして、
相手を蔑ろにして平気な小者が世の中にはおいでなので、
切なくなりました。

さて、飲食店が名店かどうかは、
お掃除の具合をみるのがよいとはよく聞きますが、
個人的にはもうひとつあります。
帰りにちょっとやってみました。

お会計のあと、おばちゃんに
「とても美味しかったです、ご馳走さまでした」と、
きちんと目を見て、心から伝えます。
そのとき、愛想がいいとはいえなかったおばちゃんの顔が、
パッととてもいい笑顔になりました。
これですよ、これ。

おだてられても、心は動かず、
貶されても、真摯に聞くべきところだけしっかり受け止める、
ただ気持ちが伝わったのを実感できさえすれば、
それが何よりの幸せ。

頑張っていいものを作ろうとしている人たちだけの聖域なのに、
誰にでも門戸が開かれている、
この不思議な一瞬。
いくらか未来が好きになっちゃいますね。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

数学の文章題が好きな生徒


今晩は、本日も粛々。

低学年を教えるようになって、
高学年・中学生になって伸びなくなるメカニズムが、
少しずつ理解できるようになりました。

早い子では小学校1年生から始まっていて、
いくつかポイントみたいな部分があります。

そのうちのひとつが、こういう問題。
ドラえもんがどら焼きを7個持っています。
犬神佐清(すけきよ)君はドラえもんより4個少ないどら焼きを持っています。
どら焼きは合わせて何個ですか?

なぜドラえもんと佐清なのか?
それは去年の「たまには違う格好で勉強する日」の

IMG_1906.JPG

私のコスプレですが、
佐清君の仮面は、生徒たちは元ネタを知らなかったせいか、
真剣に怖いと言われて凹みました(笑)。

それはともかくとして、
こういうところをじっくり考え方からやっていくので、
大抵、寺子屋の小学生たちは、
文章題が好きになっていきます。

最初は算数=計算問題と考えていた子たちも多いのですが、
こういうちょっとしたごまかし理解の積み重ねが、
代数の分野を苦手にしちゃいますし、
算数と国語が対照的な科目といった、間違った印象を与えてしまいます。

こういうところにひと手間加えたいですね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

【お知らせ】今週後半の授業について


今日は、本日も粛々。

スケジュール表にありますように、
今週後半、14日(木)15日(金)16日(土)は、
カリキュラム調整のため休講となっております。
休校ではありませんので、
自習はできますので、存分にご活用ください。

さて、8月学力テストの答案(偏差値表は今週中くらいに届きます)と、
学校の実力テストの結果を集めています。
目覚ましい成果を上げた子もいれば、
横ばいの子もいます。
生徒には「今回のテストの結果が悔しかった子は、勉強時間を増やしなさい」と、
お伝えしました。
まぁ、不思議なもので、
目覚ましい成果を上げた子ほど、
以前の成績が良かった子ほど、
勉強時間を増やしていますね。

こうやって差が開いていくわけです。
中1時点で点数がほぼ一緒だった子たちが、
中3になると100点以上差が開く、、、なんてことは、
頭の良し悪しではないということです。


                        ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 18:03| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

唯一の進学校


今晩は、本日も粛々。

附属高校の塾向け説明会に行ってきました。
「いくつになっても主体的に学ぶような人を育てたい」
「宿題漬けにして、生徒の学びを奪いたくない」
「(夏服自由化に触れ)生徒には自由に振る舞うことはどういうことか、考えて欲しい」
「教育界の前衛として、2020年の改革は常に先取りしていた」

本当の進学校が言う言葉の数々だと思います。
残念ながら、こういう方針を採っている高校は、石川県内では附属のみ。
旧帝大医学部・2020年の入試対応は大丈夫です!と声高に叫ぶ高校はありますが、
その改革の骨子を理解して伝えていて、
さらにそれが可能な学力(学習習慣・姿勢・マインドを身に付けている)を持った生徒が集まる、
その両方を持っている状況を作れているのが、
附属高だけと言ってもいいかもしれません。

そして、2020年の改革の弱点を見抜き、
それに対して言及している高校はゼロです。
理由はシンプル、
高校では手の打ちようが無いからです。

今年の寺子屋は、
改革の弱点をどう補うか?という部分で、
うんうん悩んでいます。

このあたりを11月の保護者会で、
触れたいと思います。

それにしてもプライベートでお会いする、お子さんをお持ちの石川県内の方で、
私から見ていても「賢いなぁ」と思う方は、
皆さん、お子さんの附属中・高受験を考えていますね。


                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

寺子屋文庫、大量追加


今日は、本日も粛々。

約100冊くらい、どどーんと買いました。

IMG_2285.JPG

IMG_2286.JPG

本の大人買い、羨ましいでしょ?と生徒たちに言いまくっていました(笑)
冗談はさておきまして、
マンガで理科・社会の本を中心に置いていたのですが、
小学生の子たちは、
マンガだから読む、絵ばかりを見る=本を読むと思っている素振りが多々見られ、
様子を見ていてとてもまずいと感じ、
今回の大購入に到りました。

21世紀版 少年少女世界文学館 全24巻
21世紀版 少年少女日本文学館 全20巻
ズッコケ三人組シリーズ Aセット 全26巻
ズッコケ三人組シリーズ Bセット 特27巻

小学生向けで97冊、

サイエンスペディア1000
マスペディア1000
経済は地理から学べ!
経済は世界史から学べ!

なるほど日本地理 気になる疑問から学ぶ地理の世界
 自然環境・国土・行政・産業・生活文化・歴史的背景
なるほど世界地理 気になる疑問から学ぶ地理の世界
 地図・自然環境・民族・生活文化・産業・環境問題

合計103冊!
その他にも冬期講習のときのために、DVDを数本購入しました。

生徒を指導していて、彼らが愚かだと感じるときというのは、よくあります。
ですがほとんどの場合は、生徒の前に立っている、
私のような人間が実は愚かだということの証明に他なりません。
まぁ、生徒のせいにすれば楽ですけどね、
成績が上がって、しかも勉強が楽しくなるというのは永遠の理想ですが、
理想を諦めて「成績だけ・合格だけ」というのはどこにでもある塾ですので、
寺子屋は敢えて理想を追っかけたいのです。

寺子屋は学力も、
現在の学力=テストの点数と、
未来の学力=知的好奇心や知的なベースと、
両方を大事に考えています。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:25| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

夏期講習終了しました


今晩は、本日も粛々。

先だって、ようやく夏期講習終了。
まだ不確定要素があるのですが、残席状況を更新しました。

ここ2年ほど、小学生のお問い合わせがとても多いのですが、
ぽつぽつ来る中学生をみていると、
小学校内容がきちんと入っている生徒と、そうでない生徒が極端!
学校で400点以上取っている子でも、
きちんと入っていない子もたくさんいます。
泉丘程度でしたら、
それでも合格してしまうのが本当に恐いと、よく言っていますが、
その証左みたいな出来事を聞きました。

県内某有名進学高校がボリドロンという、
寺子屋でも使っている空間図形を作るパズルを買ったそうです。
英語では、寺子屋でもしつこくやっているフォニックスを取り入れたそうです。

やはり進学校の先生も悩んでおられたんですね。
自校に入学してくる生徒が、それまでにやっておかなくてはいけないことが、
全然身についていないということに。

寺子屋が低学年をやり始めた理由は、
トップ高に合格していく生徒でも、
知性ではなく、単に試験対策だけで乗り切ってしまう生徒がいる。
問題演習をしていても、これ以上伸びないという臨界点を感じる生徒がいる。
それに対しどうしたらいいか?
と考えて編み出したものですから。
某進学校さん、ようやく数年前の私に追いつきましたね(笑)

冗談はさておきまして、
テストの点数の割に視野が狭い、
近距離的な考え方しかできない、
難しい問題より簡単な問題を好む、
世の中の事象に関心が無い、
こういう傾向がみられると、勉強を表面的にしかとらえておらず、
ごまかしで点数を取っているケースです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする