2017年08月28日

夏期講習終了間際


今晩は、本日も粛々。

部活1〜2時間で高学力?=関係を初めて調査−学力テスト
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082800773&g=soc
時事ドットコム

単に実感的、経験的にどうこうより、
こういう実証データがあるととてもいいですね。

部活動が熱心なところでは、ハードでも泉丘などいい高校に合格できる子もいる
とおっしゃる方も多いですが、
忙しくても頑張れる2割、どうやっても難しい2割より、
頑張ったらどうにかなるかもしれない6割がどんな状態になるかを、
鑑みなくてはいけません。

私も漠然とこう考えてきましたが、
データ的に裏付けが取れました。

ちなみに勉強だけでなく、部活動においてもいい成果を聞いたことがあります。
某高校では、定期テスト期間中も普通に部活動をやっていたのですが、
定期テスト期間中は1時間ほどの基礎トレーニングのみとルールを変えたら、
学力が向上しただけでなく、
試験明けの大会で、過去最高の結果を出した部活が多かったそうです。
こっちの観点からもデータ的な調査をしてほしいなと思いつつ。

さぁ、夏期講習も明日が最終日。
慌ただしい日も、終わりが見えると寂しいです。
一部採点が終わったのを見ていると、
成績アップ事例は公開に後向きと散々言ってきたにも関わらず、
撤回して自慢したい例がたくさん出てきています。

また今年の後半、来年以降に向けて、
思索を巡らせる時間を作っていこうと思います。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

お盆明け


お盆明けから通常授業を再開しています。
何名か、お忘れになっている方もおいでるみたいですので、
一応ブログでご連絡しておきます^^

今日は、夏休みも粛々。

お隣のうのけ書店さん、
私が子どもの時から、絶賛立ち読みOKという、嬉しい本屋さんです。
ビニールをかけて立ち読み禁止というところも一般的になりつつあります。

言い分としては、
「本に載っている情報も価格に入っていますから」
書籍の文言を「情報」と述べる神経が分かりません。
知識と情報の差も分からない店員に腹が立つのをぐっと堪えて、
しかしながら出版不況が長引くご時勢、
少しでも本を買ってもらうためには、クローズドにするのも仕方がありません。

町の本屋さんが1件だけになってしまい、
図書館ですら本を置かずに、コミュニティスペースになってしまう中で、
でも粛々と、立ち読みOKにしてくださっています。
理由を先日、初めてうかがいました。
私も子どもの頃、立ち読みの常連だったのですが、
私くらいの頃から、
子どもの読解力の低下が目に見えて分かるほどひどくなってきたそうです。
(自分自身を鑑みると、本当にそうだと思います)
その時に、
「マンガでもいいから、字を読む機会を少しでも減らさないようにしたい」
という想いから、ずっと立ち読みOKにしているそうです。

かねてから、アマゾンで本を買うことが多かったのですが、
ネット書店が町の本屋さんに与える影響の大きさ、
そしてアマゾンという企業の体質(ヤマト運輸との一連の騒動なんて典型ですね)が好きではない、
というところから

e-hon(イーホン)


というオンライン書店を見つけました。
なんと、町の本屋さんにネット注文した本を届けてくれるというサービスです。
「本屋さんだとリアルに手に取れる本が少ない」、
「注文すると時間がかかる」という悩みと、
「オンライン書店を利用すると、リアル本屋さんにお金が落ちない」
という悩みとが、同時に解決する代物です。

まぁ、アマゾンほど書籍数が多くなく、
探しにくいことこの上ありませんが、
リアル書店を応援したいので使い始めました。

今までどえらい数の立ち読みをしてきたので(笑)、
少しでも貢献できたらと思います。


                                   ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 17:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ライフ・イズ・ビューティフル


今晩は、本日も粛々。


今回の映画授業は、私も存分に楽しみたくて、
去年『デイ・アフター・トゥモロー』でやったみたいに、
私も初見の映画を、即興で授業するという感じでやりました。

候補として3作品から多数決で選んでもらって、
タイトル通り、不朽の名作ライフ・イズ・ビューティフル。
みんなと一緒に観ていて、
好きな映画ベスト3に入りそうなくらいの、いい映画でした。

戦争の影が色濃くなり、人々の醜さが露わになっていく様子や、
強制収容所での絶望が一歩一歩主人公や周囲に降りかかってくる様子と、
明るく笑いに変えていく主人公と無邪気に父を信じるジョズエ君が、
一層悲しいすれ違いを強調する、
ハートにヒビが入いるようなお話でした。

そして、ブサイクなのに気障な台詞を吐きまくるグイドが、
どんどんカッコ良く見えてくるのも。


IMG_2260.JPG


それにしてもみんな、よく泣くの我慢できますねー。
別の意味でも感心しちゃいましたよ(笑)。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

あっという間の


今晩は、本日も粛々。

どトーのような夏期講習の日々でした。
例年より噴火が多めでしたが(苦笑)、
ちょい前は、
怒りより呆れて何も言いたくない気持ちが先立つことが多くて、
私自身にとってとてもいけない傾向だと思っていたのですが、
少しずつ、
元の熱意が戻ってきたように感じています。

支えてもらっている方々に、感謝です。

さて、明日の夜は、
中学生の希望者対象の。映画授業をします。
夜は、外から見ると真っ暗に見えますが(笑)、
自習希望の生徒は、ちゃんと別の場所をご用意しますので、
ご安心を。

さて実際に何を観るかは、きた生徒たちで多数決ですが、
候補は何にしましょうか。
今夜ゆっくり考えます。
そうですね、
せっかく夏らしい夏を迎えていますから、
季節感ある映画たちを用意してみましょうか。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

比較的大きめの噴火


今晩は、本日も粛々。

中1・中2のペースがたるい。
小学生からウチに来ている子はまだマシですが、
小学生でも遅め・中学生になってから来た生徒たちは、
寺子屋の厳しさをまだナメているみたいですので、
軽くたしなめてはいたのですが、どこ吹く風。

個別に「このペースだと間に合わないよ」
集団で怒りつける。
それでもペースを上げない子がいたので、
一定範囲を終えなければ、授業を受けさせないと宣言。
見事3名が引っかかりました。

まぁ、その次の日から、1名以外はきっちり仕上げるよう動き始めましたから、
怒った甲斐がありました。
それにしても、
ちょいエンジンかけていかなアカンですね。

中3なんて、
他の学年から「今年の子たち大丈夫ですか?」と心配される有様。
ホントに楽をさせてくれない生徒たちです(笑)。


                             ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

銃・病原菌・鉄


今晩は、本日も粛々。

中3生は朝8時から夏期講習です。
夜型が多い塾にはキツイですが、
生活習慣が乱れる生徒が多いので、こうしています。

いろいろな受験勉強法やスポーツの指導者の本を読んでいても、
まず「生活習慣を整える」ということができてはじめて、
勉強にしろスポーツにしろ、伸びると書いてあります。
むしろ、生活習慣が乱れていても練習すればOKと書いてあるものは、
ひとつもありません。

よって、昼ごはんは塾で食べることになりますが、
休憩と、知的好奇心を持つのを兼ねて、
頭が良くなりそうなDVDや動画を見せています。

まぁ、だるそうに見ている子もいますし、
目を輝かせてみている子もいますし、
義務感で見ている子もいます。
知的好奇心は種蒔きみたいなものなので、
発芽しない種蒔きは無駄だと考えるほうがおかしな話、
どうなるか分からないが、
とにかくいいと思ったことをやるという感じで見せています。

多少難しいかなと思っていたのですが、
意外と好評だったのがジャレッド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』。
ナショナル・ジオグラフィックから映像が発売されています。

世界中で文明がスタートしたにも関わらず、
なぜ富める文明とそうでない文明ができたのか、
カギは「どこでその文明が誕生したか」であり、
その浮沈を握った三要素が銃と病原菌と鉄だという話です。

これが書籍として発売される少し前、
現代思想では「世の中全体を説明するような『大きな物語』はもう紡げない」というのが、
常識となっていました。
しかし、そんな壮大な大きな物語を紡ごうと30年研究した人がいました。
学問への情熱って、すごいですね。
なんだかなーもう・・・という感じです(笑)。

国際政治でも地政学という、
その国がどこに位置しているかによって方針や性格が異なるという、
つい少し前まで「過去の学問」と烙印を押されていた学問分野が注目を集めています。
こういう裏話は、
ブログでこっそりと。。。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

知性を歪めるもの


今晩は、本日も粛々。

最近授業の合間に中学生にしていた話です。
稲田防衛大臣がようやく辞任となりました。
いろいろ報道を集めてみると、
どうも防衛省内部から、辞任の理由にあたるようなニュースの数々がリークされたのかな?
と思うような後半の報道ラッシュでした。

”ネット右翼のアイドル”稲田朋美防衛大臣辞意〜その栄枯盛衰を振り返る〜

『「三十歳を過ぎるころまで政治や歴史に何の関心を持たなかった市井の弁護士」が、或る日、ネット右翼的世界観に「目覚め」たことにより、一挙に保守層・ネット右翼層の寵愛を受け、代議士にまでなった。無知が故に既存の右派的世界観を忠実にトレースし、またトレースするしか術を持たなかった稲田は、防衛大臣という国家国防を担う重責を、全く果たす実力がないにもかかわらず、下駄を履かされた状態で任され、そして自業自得の如く自滅するに至る。』

言い得て妙だと思います。

しかしながら、職業柄、もうひとつの側面が気になっていて、
寺子屋が間違っていないか、自問自答しながら経緯を見守っていました。

稲田氏は早稲田大卒後、1年で司法試験に合格した、
「才女」だったそうです。
試験に合格するだけの勉強を勉強だと考え、
そこに貫かれている精神を理解することを無駄と排除してきた人間は、
例えば、在日外国人という日本の全人口比わずか1.5%の、
さらにごく一部の人の不正が国家を滅ぼすなどという、
(科学的な根拠がないという意味で)オカルト言説に惑ってしまうのかということです。

そういう意味では、不可解な大事件を起こしたオウム真理教の幹部たちが、
軒並み高学歴だった、、、という出来事の劣化版再現のようにとらえていました。

私も受験産業に関わる身、
目先の点数や合格のために、知性を歪めてしまっていないか、
点数や合格のために、テストがカバーしきれない知性の部分を補う。
両方をきちんとつなぐ役割を担っていきたいです。

それにしても、
北朝鮮がミサイルを発射する可能性が一番高いとされていた、
7月27日祖国解放戦争勝利記念日前後に防衛大臣が辞任するなんて、
結局、
ミサイルが日本には飛んでこないと、
官邸は分かっていて、危ない!と叫んでいたわけですね。
露骨ですねー。


                                ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 18:00| Comment(2) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

独立を前に


今晩は、本日も粛々。


夏期講習が開始して、愛知県から今度独立する予定の方が見学に来てくれました。
寺子屋のブログをみて、教育方針にいたく賛同してくださり、
わざわざ教材会社さんを通じて、今回のご縁に到りました。

私も独立前、
いくつかの塾を見学したのですが、
どの方も快く、しかも企業秘密みたいな部分をバンバン教えてくれました。
この御礼は、後続たちに返すのが筋だと思い、
オファーがあればなるべく受けるようにしています。

なんて言うと偉そうですが、見られる方が勉強になることが多いのです。
例えば、生徒の当たり前のような振る舞いひとつとっても、
他人から見ると至らないとこが目立つこともあります。
そういう恥ずかしいところも含めて、
人から見られて初めて気づくこともあります。
だから私にも得になることてんこ盛りなのです。

勉強の楽しさを伝えることって、
とても大変です。
うまく見せ方を工夫して、
知の世界へ入門する生徒が出てくるといいですね。


ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする