2017年06月29日

ゼロと1は天と地ほどの差がある

1706チラシ.JPG

最近入っているチラシです。
おかげさまでたくさんお問い合わせいただきまして、
ありがとうございます。


そういえば、初めて金沢情報に出してみました。

kj0628表紙.jpg

中3は6月で募集停止、
ご紹介に限り夏期講習前まで行いますが、
金沢情報は、急に掲載が決まったので、
中3に限り、7月9日日曜お問い合わせ分までとします。
今までお問い合わせがあった方は、夏期講習前まで受け付けております。


今晩は、本日も粛々。

先週、知のスレッジハンマー第4弾で、
ボストン大学に合格した生徒に、入学前に日本に寄ってもらって、
少し話してもらいました。

東大が推薦入試や女子学生・地方の公立出身者を増やして、
多様性の中での学びを作りたい、と言っていますが、
人種のサラダボウルと言われる国の多様性は、
そんなのの比ではないみたいです。

留学経験のある方は、
「県外に出るのも国外に出るのも、勇気があるのは一緒」なんて言いますが、
そう言い放てる時代になったというのは、
羨ましいといいますか、
高校生や大学生の時にそこまで発想が至らなかった自分に、
バカと言いたいです(笑)。

海外の大学に行かなくては学べないということはありません。
ただ、
いろんな世界があるってことをまず知って欲しいと思います。

中1生たちが、いくつかこの講演者に質問を書いて行きました。
内容は「そんなん聞いてどうするの?」(笑)という質問ばかりでしたが、
何かを聞いて、吸収してみようと思った姿勢が、
まず大事です。
頑張って結果を出した人に対し、
あの人と私は別世界に住んでいるからと、
勝手に距離を作って何も問わない、何も話せない、
そんな「沈黙する羊たち」みたいな生徒に育つことが、
私は一番落ち込みます。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

思考力の天敵

1706チラシ.JPG

月曜に入ったチラシです。
早速お問い合わせをたくさんいただいて、嬉しいです。


今晩は、本日も粛々。

都市部で中学校受験を教えている方がよく、
九九があかんとか、
大量演習形式だけじゃダメ(たくさん問題を解くのがダメではない)とか、
言っている理由が最近になって、
少しずつ分かるようになってきました。

小学校算数の天敵は、九九・筆算・方程式。
楽なやり方を先に覚えてしまうと、
応用が利かないカチコチの方法しか使えなくなってしまうんですよね。
安易な先取り学習(これも先取りが悪いわけではない)も同様、
楽を覚えてしまうと工夫しなくなるのが人間の脳みそです。

大量演習は寺子屋もやっていますが、
低学年や高学年・中学生で使い方を変えています。
頭を使って工夫したり、じっくり考えることを抑圧しない程度にやる必要があります。

低学年を教えていると、
高学年や中学生・高校生に必要なものがどういうものかということも、
深く深く理解できるようになってきました。
こういう傾向を踏まえないと、
「思考力系の問題は、難しいから捨てなさい」と指導するしかなくなるわけですね。
怖い事です。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:24| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

【おしらせ】知のスレッジハンマー第4弾

1706チラシ.JPG

今日から入り始めたチラシです。
中学から入塾した子には高校に入ってからも、
小学校ならもっとのびのびと、
伸びきったゴムみたいにならない、後伸び力をお伝えしたいです。


今晩は、本日も粛々。

不定期に各界のユニークな方が寺子屋に来て、思い思いに勉強について話す、
知のスレッジハンマー。
自分や保護者・地方都市の学校の範囲での価値観をぶっ壊すような巨大な鉄槌。

第1弾:沖縄から米軍基地を無くしたい大学生の講演
第2弾:宇宙がエンターテイメントビジネスに?これからの時代は地方が面白い
第3弾:イスラエルで軍隊に入ってきたけど何か質問ある?

で、第4弾は初めてこの子を、ただの語りではなく、
「知のスレッジハンマー」ゲストとしてお呼びします。
テーマはまだ考えていません(笑)。
21日水曜、20時くらいからか、21時くらいから1時間ほどの予定です。

楽しみですね。


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

中1増席します

433.jpg

発売中のクラビズムで、寺子屋低学年のご紹介をしています。
低学年は金沢からのお問い合わせがとても多いです。


こんにちは、本日も粛々。

IMG_2175.JPG

岩波から出た、数学全史を買いました。
紀元前1億5千万年前からの数学を、写真付きでまとめたものです。


さて、夏期講習に向けてそろそろチラシが入ります。
新中1としてスタートしたとき、サクッと残席が埋まり、しばらく満席にしていましたが、
4席だけ増席します。

学年トップ10を目指したい、
トップ10程度では満足しない、
そんな生徒たちからのお問い合わせを、お待ちしています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:48| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

私立高校説明会

433.jpg

それにしても上戸彩さん、可愛いですね、、、が表紙のクラビズムに、
ちょいと出ています。


こんにちは、本日も粛々。

北陸学院高校の説明会です。
私立の入試改革では先導的な活躍をしていましたが、
最近は少し落ち着いてきました。

ただ、
説明会で豊富な情報提供があるので、
毎回楽しみにしている説明会でもあります。

2020年の教育改革についても、
賛否を言っている呑気な方もいる一方で、
そういう程度の問題ではなく、
どう無理なくカリキュラムに盛り込むか?を発表できている数少ない高校です。

改革から予想される利点と欠点に、
どう対応するかまでは、考えていても発表できる状態にあるところは、
都市部の名門中学・高校しかないみたいですね。
お、「しか」じゃないですね。
寺子屋と、都市部の名門学校だけみたいですね、、、の間違いです(笑)

冗談はさておきまして、
成績中間層に関しては、2020年以後は北陸学院高校のような、
進路形態をとるようになるでしょうね。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:56| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

成績アップを宣伝しなくなった理由

433.jpg

発売中にクラビズムに、ちょいと出ています。


こんにちは、本日も粛々。

成績アップ事例を公開しなくなったのは、
大して珍しい事例ではなくなったからだと言いました。
もうひとつ、理由があります。

成績アップを実現するのに、まず最初に何が大事かと言いますと、

★本人の覚悟

です。
成績アップ事例を豊富に公開していた頃、
塾に通ってさえいれば、成績が上がるんでしょう?と、
斜に構えたようなお問い合わせが増えてきました。

はじめは、寺子屋もナメられたもんだと憤慨していたのですが、
ひょっとして、安易に事例を公開したからこそ、
安易な姿勢を招いてしまったのでは?と思い至るようになりました。

これは成績アップを宣伝しているのが悪いと言っているのではありません。
たまたま寺子屋は、違う方針を採ったというだけの話です。
時々、気まぐれに公開することはあると思うのですが、
ガンガン宣伝することはしばらくないでしょう。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:06| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

【お知らせ】恒例の6月保護者会について


今晩は、本日も粛々。

月曜にブログをアップする予定でしたが、
すっかり後回しになってしまいました。

恒例の保護者会を実施したいと思います。
小4以上中2以下(小1〜小3は参加したい方はどうぞ)
6月24日(土)10時〜12時
6月25日(日)13時〜15時
ふたつの時間帯からお選びください。

中3(なるべく保護者・生徒同伴で)
6月25日(日)19時〜21時

近日中に出欠確認メールをお送りします。
内容は、
恒例の入試分析なのですが、
去年に続き2020年を明らかに睨んだ問題がぽんぽんと出てきましたので、
そちらを少しご紹介。

(途中になっていました、、、追記)
残りの内容は、受験学年と非受験学年で分けてお話しします。
受験学年は、受験への心構えや、
進学校の生徒らしい高校生になるためのポイントお話しします。
非受験学年では、
知的好奇心を育むポイントみたいなお話をしたいなぁと思っています。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

テストで伸びたことをお知らせしなくなった理由

433.jpg

こっそり今年も寺子屋登場です。


今晩は、本日も粛々。

中間テストがぞくぞく返ってきていて、
自己最高得点更新やら、自己最高順位取ったやら、
いろんな報告が来ていますが、
ブログやチラシをお知らせすることは、ここ数年一切していません。

したほうが、宣伝としても、生徒のやる気アップのためにも、
いいのは分かっているのですが。

理由のひとつは、学年トップ10やら、点数大幅アップやらが、
寺子屋的には大して珍しい事柄ではなくなっていることです。
毎年1月の保護者会で、
実際の成績推移を全員分お見せするという、大胆なことをやっています。
他の塾さんのことは知りませんが、
結構すごい数字が、毎年踊ります。
点数や順位が良くなったことよりも、
考え方が前進したり、物事を深く考えるようになったり、積極的になったり。
そっちの方がかけがえのない財産です。

極め付けは、
とある高校に大逆転合格できた保護者の方から。
「点数が数点違ったとしても、人生に大して影響はない」と言われ、
一生懸命指導して、点数を上げることまではいいのですが、
それを誇らしく思うことに馬鹿馬鹿しくなりました。

点数が上がって、大逆転できれば、
何か思うことを抱えてくれ、その後の生活が変わるはずだ。
こう無邪気に考えること自体が甘かったわけですね。
ですので、生徒の成績以上に、考え方や取り組み方を注目するようになりました。

もうひとつ理由があるのですが、
それはまた次回に。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 21:05| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

小学生や中学生に難しい問題を与える理由

433.jpg

現在発売中のクラビズムに寺子屋がひっそり登場しています。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋の小学生・中学生のテキストは、
教材会社さんが「全国でも採用しているところはほとんどないくらい難しい」教材を
選んでいます。

理由はいくつもあるのですが、代表的なふたつ。
「丸が付く楽しさより、じっくり考える楽しさを伝えたい」

ごまかし勉強が身に付いている子は、
マルが付くことが勉強だと勘違いしています。
マルが付くためには、平気でズルをします。
泉丘の生徒のうち、このごまかし勉強で泉丘にたどり着いてしまった不幸な生徒は、
文章をまとめるという課題すら、解答の暗記で乗り切るそうです。
大学の課題は、数冊の本をまとめる作業があるのにねぇ(笑)。

マルが付かなくても、じっくり考えて解く。
ああでもない、こうでもないと考えるのが、人間は本能的に楽しいことを、
思い出してもらいたいのです。
そして、失敗から工夫することが、学問の出発点であることを伝えたい。

これが、私のイメージしている勉強です。
まぁ、ある種の理想論です(笑)。
ですが、それだけでなく、実際に成績という点取りゲームの部分でも、
実は難しい問題集を用いた方が、絶対にいい!と言い切れる部分があります。

算数・数学だと分かりやすいのですが、
簡単な問題集ほど、計算が基礎で文章題が応用という、単純な図式で構成されています。
本当の基礎は、
分数は何か?とか、かけ算ってどういうこと?のような、
概念を徹底的にやらなくてはいけないはずです。
にもかかわらず、
簡単な問題集ほど、概念に触れず、計算ばかり。
難しい問題集はたっぷりと概念に触れます。

概念がわかっていない子に、
計算方法を工夫したり、文章題で日本語から数式を読み取ったり、
できるわけがありません。

つまり、
生徒のレベルに合わせて、簡単な問題集を使えば使うほど、
計算等はできるが、考え方は分からないという、
伸びない生徒予備軍を作り出すことになります。

これに過去問対策で点数だけは取ってきた子たちが、
進学校に大量にいます。

なるべく本質的なアプローチをしようと思うと、
むしろ難しい問題集を使った方がよいと、結論にならざるを得ないんですね。


                              ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 11:09| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする