2017年04月30日

北谷の夜


今晩は、本日も粛々。


昨日は深酒で、危うく飛行機を乗り過ごすところでした(笑)。
といっても、飛行機はいつも1時間前に行くので、
滑り込みではないですが。

米軍飛行場が返還され、
跡地を開発してできた北谷で、
塾長の集まりの十周年記念に参りました。

IMG_2123.JPG

IMG_2124.JPG

綺麗な景色ですが、
私が泊まっているとこもまだ米兵の犯罪があるみたいです。
70年代から比べると相当減ったみたいですが。

さて、とっくりと話をした後に、
新潟のうるさい塾長も黙らせるファンクを演奏してくれるお店に

IMG_2126.JPG

アメリカ文化に限らず、文化は一筋縄でいかないものです。


ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

空振り


今晩は、本日も粛々。


石垣島に到着して、向かったのは

IMG_2118.JPG

映画『標的の島』で、石垣島宮古島の、自衛隊基地配備問題についてです。
観客が750人と発表されていました。
石垣島の人口は4.7万人ほどなので、かほく市よりやや大きい。
結構な関心度合いです。

米軍基地ですら、私が大学生のときに賛否ちょうど半分ずつくらい。
沖縄独特の問題としてみると本質が見えなくなると思ったので、
近所に賛否分かれる施設がやってくるとき、自分ならどんな立場をとるかな?と
考えながら見ていました。

帰りに中学生か高校生の男の子が、
「お前は反対?」と自転車に乗りながら聞き、
既に乗っていた女の子が迷いながら「うん」と答えていました。
そのやりとりが印象的でした。

さて、昨夜から石垣島は観光客ラッシュみたいですが、
ホテルは何とか取れたものの、
お目当ての、10年ほど前石垣島を案内してくださったタクシードライバーも、
沖縄料理のお店をやっていて、BEGINの石垣島時代の縁者の方も経営が変わっていて、
会えずじまい。

今日は静かに一人で杯を傾けましょう。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱやぱや


今日は、本日も粛々。

白子温泉で朝4時まで飲んだくれた4名、
私以外は簀巻のように寝ていたのですが(激写すればよかった 笑)、
私は6時くらいに起きて、
朝風呂堪能しました。

バブル期の観光地として、
企業の城下町として栄えた白子温泉は、一時期青色吐息。
温泉は、テニスメッカとして、
産業玉ねぎの産地として、
息を吹き返しつつあるそうです。

羽田空港に向かう前に、


IMG_2115.JPG

サーファーで賑わう九十九里浜を案内していただきました。
外房海は違いますねー。
オリンピックサーフィン会場だそうです。

IMG_2116.JPG

実際は短いのですが、
まさに九十九里あるように見える景観です。

さて、これから石垣島に向かいます。
宿も決めていない風まかせの旅。
ちょいと情報いただきまして、
この後ある場所に寄ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

今日も明日も風まかせ


今晩は、本日も粛々。


昨日からGW休暇です。
自習室は空いていますし、塾生にはそれぞれ課題がありますので、
頑張ってください。

昨日は無計画に出発したら、
先日大阪で知り合った横浜の塾長さんからお誘いがあって、
異業種交流みたいなところに参加してきました。
弁護士方と、実務についていろいろうかがったり、
同業者と話したりと、
有意義な時間でした。

今日は、千葉の学習塾連合の首領と、
若手塾長3人で白子温泉に来ています。
のっけからディープな業界トークが炸裂しています。

IMG_2109.JPG

皆さんにも還元している情報は、
こういうところから得ています。

ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

【お知らせ】中1授業時間変更とゴールデンウィーク休講日について


今晩は、本日も粛々。


新中1の仮入部が終わり、平常の部活に入るので、
4月24日(月)授業から20時開始となります。


スケジュール表でも告知しておりましたが、
ゴールデンウィークの休講(授業が休みで、校舎は開いています)は、
4月27日(木)〜5月7日(日)となります。
高学年・中学生は学年によって、課題が出ていますので、どしどし来校ください。
低学年は、最低2回来校いただいて、宿題の進捗を見せたりや不明点を解決したりしてください。
高校生は授業はありませんが、来校ペースは平常通りです。


私は
東京1日、千葉1日、石垣島1日、沖縄本島2日、福岡2日、東京2日、京都2日
と、主に仕事関連の方々と語らう旅になりそうです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

標準的なレベル


今晩は、本日も粛々。


大阪で名門公立受験道場の会合に行ってきました。
指導形態も地域も考え方もバラバラな塾長さんたちでも、
本物でありたいという方向性が見事に一致していて、毎回とても居心地が良いです。

異業種の方も何名かおいでて、意見をうかがっていると、
塾は、異業種から見て普通のレベルに達している人が全体の3割程度しかおらず、
他人事ながら危機感を抱くことがあるくらいだそうです。

自分がそうならないように、いつも気を付けていることですが、
確かに、底辺のレベルの方は、
同業者だけでなく、異業種の人とも接点が少ない。
点数を上げることには熱心だが、ビジネスが下手くそ。
で、ビジネスが上手=汚い手段を使うと思い込んでいる。
という特徴があります。

そういう話を聞くたびに、
程度の低い人がいるもんだと、優越感に浸っているわけではありません。
そういうのが市場から淘汰されないということは、
私たちがもっとしっかりしていないせいなんだろうなぁと、
毎度とても反省します。

こういう想いも、
全国の塾長さんたちでも共有できるのが、
とても有り難いです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:18| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

大学入試に思う事


今晩は、本日も粛々。


寺子屋は中学校で在籍した子のみ、高校生の大学受験を指導しています。
例外(高校生になってから在籍)はごく数人いましたが、
今まで高校からの入塾は、20人以上?30人以上?断ってきました。

授業は少しだけ行っていますが、それも単に授業が無いと通っている気がしないという、
次元の低い要望に応えただけの話。
高1から基本週3回、
高3になったら基本毎日など、数少ないルールしか存在しません。
ですので、
最近泉丘や七尾高校あたりが躍起になって、
塾・予備校に行くなと脅しに近い形でやっていますが、
何ら抵触することはありません。


高校生は、勉強する場所さえあればいい。


数少ないルールをきっちり守れた生徒は、
ほぼ全員国公立大に合格しています。
別に国公立大がいいとは限りませんが、結果としてそうなっています。
(実際国公立を蹴って私大に行った生徒もいます)

コツはいくつかあるルールは、学力に深く関連するものなので、
それを守ってくれること。
あともうひとつは、大学入試にとらわれ過ぎないようにすること。

それだけです。

高校入試は大学入試の基礎固め以上に意味は無いですし、
大学入試もきちんと基本に則れば、それだけを目標にするほどの価値はありません。
ただ、
これらの受験勉強の周辺には、
たくさんに価値ある事象が転がっています。
これをきっちり伝えたいのです。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:03| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

4月8日


今晩は、本日も粛々。


春期講習前はともかく、
春期講習入ってから夏期講習までの時期は、
業界的に言いますと、
お問い合わせが少ない時期です。
それにもかかわらず、たくさんお問い合わせいただき、ありがとうございます。


さて、
本日4月8日は御釈迦様の誕生日、メリシャカでございます。
今の生徒たちが小さかった頃、
無名だったハロウィンがこんなに市民権を得たのですから、
メリシャカにもチャンスがあるのではないかと密かに考えているのですが、
何せ鍵アイテムが


甘茶


という地味さですので、なかなか厳しいものがあります。

あ、寺子屋で花祭りをやっているわけではありませんよ(笑)。
知識として、今日は何の日?と聞いていますが。

そういえば、教育勅語を暗唱させている幼稚園が、
いろいろと問題になっているのでした。
教育勅語って、思想的にどうこうより、
あれって国家神道の産物です。
特定の宗教を道徳の核に据えるのは、私は好みません。
幼稚園みたいに、私立がやるのは勝手ですが、公人はそれを擁護しちゃまずい。

君が代の問題の時も思いましたが、
政治的な見解や思想的な立場ばかりが問題になって、
これらが、
江戸時代までのたくさんある考え方のごく一部の、どちらかというと過激思想が、
伊藤博文たちにピックアップされてできた日本人の伝統とは少し離れたものであり、
それを国歌としたり、
政治家が「個人的にはいい内容だと思う」と公の場で発言したり、
そういう気持ち悪さは、あまり問題にならない。
んー、なぜだ。

公立学校では正信偈を必修としましょう
というアイディアがあったとしても、
私は反対するでしょうね。
特定のひとつだけを、公で取り上げるのは気持ち悪いからです。

あ、久しぶりにブログを書いたら真面目な話をしてしまいました。
とにかく、
メリシャカを忘れないでください(笑)


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする