2016年12月11日

神戸でセミナーです


1611チラシ中学.JPG1611チラシ.JPG

最近入っているチラシです。


ぐーてんたぁく、本日も粛々。

IMG_1955.JPG

神戸ベイシェラトンホテルで、セミナーです。

そういえば、他都道府県の先生が、年3〜4回くらい県外に出張に出るくらいで、
やれやれ出張好きなこって、と冷笑されたという話を聞きました。

狭い塾の中と、地方都市の中で自閉している先生が、
将来豊かな生徒たちの前に立つ。
私には、罪深すぎてできません。

塾の先生って、生徒に言っていることを自分が出来ないなんて、
たくさんあります。
先生方にイベントの出欠連絡をすると、
欠席する先生が、言いづらいから返事をしない、
理由も言わない、周囲も注意しないなんてしょっちゅうです。
授業欠席連絡をしない、理由も言わずに休む塾生を許しているのですかね。
塾って本当にレベルが低いです。

地方都市の子どもは、ただでさえ視野が狭いです。それは仕方がない。
その視野の狭い子どもを、視野の狭い指導者が教える。
地方都市では、地元を出たことがない学校の先生もおいでる中、
グローバルな世界で、どローカルな人間しか育たない。
これは、未来を狭めるという意味で、罪悪です。

たかが、受験を突破するという、
狭い狭い・小さい小さい事柄であっても、
いろいろな先生と接していれば、
自分より遥かに先をいっている方や、
自分が思いつかなかったようなことに着手している方、
自分が取り組んでいることが、実はなかなか良かったことを、
単に自負だけでなく、集団の中で実感できるかという点。
たくさん得られるものがあります。

勉強会に出るのが目的になっていればカッコ悪いですが、
アンテナを立てるためや、小さいことでも即実行できること、
たくさんありますよ。

積学は遠くに到る。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:19| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする