2016年11月18日

しっかり読めを科学する


今晩は、本日も粛々。


AIが登場して、いずれそれが我々の職を奪うかもしれない。
と、言われていますが、
たいていは、
対人関係スキルがあれは、AIに追いつかれないと、
一笑に伏す人が多いですね。

私もそう思いつつ、
日頃生徒たちを指導していて、
この子は将来、コンピューターより安心して仕事を任せられるだろうか?
とふと考えて不安になる時があります。

というのも、
AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20161114-00064079/

この衝撃的な内容、
AIが9割クリアしている基礎読解力テストで、
公立中学校の生徒の、約5割が不正解。

塾関係者や学校の先生からすると、
納得、むしろもっと多いと思ったというのが、正直な感想だと思います。

寺子屋生は平均偏差値60超えています。
が、いい成績を取る生徒でも、泉丘に合格する生徒でも、
小学校4年生レベルの係り受け関係を分かっていない生徒は、
山ほど見かけます。

国語の成績だけ悪い子は、すぐ課題が見つかっていいんです。
問題は国語の成績だけはそこそこ取れている生徒です。

だいたい、こういう子たちは、
言ったことをすぐ忘れる。
怒られても謝らない。
テストに出るかどうかにしか関心がない。
行動が衝動的。
のような特徴があるので、
指導者は、何かおかしい・何とかしなければと思っているケースが多いです。

で、この傾向に世の中も気づきつつあって、
就職試験にこういう出題がされるようになってきていたり、
この研究者は実際に2020年の教育改革に深く関わっている方だったりします。

寺子屋でも毎講習会のたびに、
オプションで、附属泉丘の国語基礎編と題して、
こういう基本的な係り受けの読解に取り組み、

多少難しい内容でも読んで、心が動く経験を積ませようと、
通常授業内の取り組みを行っています。

受験テクニックが、生徒たちの能力を伸ばす面と、
むしろ後退させる面の両方が、
科学的に実証されてきています。
そういうところに目配せが出来る塾に価値を見出す、
そういう方たちのために、
私ももっと工夫していこうと思います。
詳しくは、1月の保護者会でお伝えしますね。

あ、明日あたり、11月の保護者会の出欠連絡を送ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 12:57| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする