2016年10月23日

余熱で点数を取る

11gatu.jpg
20日発売のクラビズム11月号の、プチクラビズムに寺子屋登場です。


今晩は、本日も粛々。

寺子屋が低学年の指導を行うようになったのは、
生徒たちをみていて、

★一生懸命頑張っているのに、これ以上伸びないと実感する生徒が一定数いる

★本質的な勉強をしていなくても泉丘程度なら合格してしまう

ということに、なんとかしなければ、、、と、
ずっと思っていたからです。

今回はひとつ目について。

保護者の立場ですと、職場にやってくる新入社員のような人たちに感じるかもしれません。
真面目以外取り柄がない、高偏差値大卒の若い子。
目先のことには一生懸命ですが、
先を見通したことや、物事を疑ったり自分で考えたりが極度に苦手なタイプ。

本来であれば、
点数を追求していけば、自然に物事を考える力が身についていかなければいけません。
しかしながら、例えば、
比較的簡単な計算で、すぐ筆算を用いる。
英単語を、英語・日本語の一対一対応で覚えている。
漢字の部首の部分を書き間違える。
これらが平均点にいかない子たちがするならわかります。
学年順位で一桁や、
二水や泉丘志望の生徒でもやってしまう。
どうもおかしい。
小さなことのように思えるかもしれませんが、
論理や国語力なんて言われているものの正体を知っている人からすると、
由々しき事態です。

それで小学校高学年に力を入れ始めました。
それでも、高学年までに低学年内容が身についていない子の多いこと多いこと。
低学年内容や幼児教育の勉強を、私自身がやり直して、
私たちが学力と呼んでいるもの、
無意識の奥底まで潜ってみて、
当たり前とか、センスという言葉で片付けているものの正体を、
明らかにしようとしてきました。

それで分かったことを、
低学年で行っています。

初年度で低学年内容をやっていた3年生が、
今、4年生で高学年内容を実施しています。
今のところ全員が、
首都圏中学入試レベルのテストで偏差値60前後です。

低学年当時はがっつり宿題も出していませんし、
大量演習なんてのもやっていませんし、
春期・夏期・冬期の季節講習もやっていません。
が、
首都圏で、附属泉丘と同等またはそれより上の実績を出している
中高一貫校合格レベルです。
いや、県外受験の予定はありませんが(笑)。

点数を目的にして、結果的に学力が身につく方法が、
優秀な生徒でも通用しなくなってきています。
であればこそ、
学力を追究して、その余熱で点数を取る。
こういうアプローチが本当に大切だと、実感しました。

幸い、石川県は中学校受験熱が大都市ほどの熾烈ではありません。
中学校に入って部活漬けになる前に、
高校入試までの間に、
点数を取るという、学力をつける際のおまけ部分にスポットライトが当たるまでに、
じっくりこういうことが出来ます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする