2016年08月31日

本を読むことの効用


今晩は、本日も粛々。

いろんな塾で「夏の終わり」というタイトルでブログが更新されているのを見て、
私が夏の終わりというフレーズを聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、



この曲なんです。
中学校の時に初めて聞いたのですが、
未だにこの時期になったら必ず思い出します。


さて、よく「国語を上げるには本を読め」がいかにでたらめか?という話をしているのですが、
本を読むことと学力の相関は、確かにデータとして存在します。
昔読んだ本の中で出てきたので、
出典は忘れてしまったのですが、
如実に得点差で表れていたのは、国語ではなく

★理科

でした。
しかも、本人が読んだ本の量ではなく、

★ご家庭にある本の冊数が201冊以上

というデータだったと記憶しています。
データとして得られたわけではない経験則ですが、
社会という科目も、読書量に比例しているように思います。

日本人の平均蔵書数は170冊ほどだったかな。
小さい頃に大事なのは、読み聞かせや本屋さんに連れて行くだけでなく、
保護者も本を読んでいる姿を見せるのも大事なんですね。

個人的に、根性のある子や考え方がしっかりしている子は、
小学校の時に伝記が好きだった率が高い気がしています。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

考え方の分岐点


今晩は、本日も粛々。


受験生は、学年の雰囲気を非常に大切にします。
寺子屋7期生は、これまであまり生徒同士の交流も盛んではなく、
ノリもそんなによくなかったのですが、
ここにきて、若い子たち独特の勢いが出てきました。
まぁ、それもまた注視が必要ですし、
もっと頑張ってもらわなくてはいけないのですが、
ひとまずいい夏期講習になりそうです。

さて、生徒を指導していて、一番難しいなと思うのが、
塾やご家庭の価値観に、生徒・子どもが抵触した場合の見抜き方です。
私の場合、


★その子の長所にかげりが見られた場合


そう判断します。
判断したのに、対処ができない時があります。

そういう時に、
塾なんて、受験の時だけ頼りにされて、後は使い捨て扱いされるものだなと、
宿命の前に嘆息します。

それが普通でしょ?という同業者が多い中で、
そんなことばかりではないと言う、塾長さんに囲まれていたり、
実際にそうではない寺子屋生を見ていると、
私はとても恵まれていると感じるのです。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

【お知らせ】電話連絡復活


今晩は、本日も粛々。


復活しました、電話。
ご心配おかけしました。

夏期講習もいよいよラストスパートです。
もう体力が若い頃と違いますね。
冬期講習くらいから、少し新しい仕組みを考えて、
体力温存しようと思います。

もうひとつは今年、
今まで以上に痛感したんですが、
寺子屋レベルであっても、
集団授業を受けるような前提を作るのに苦労します。
別の道から、
今までと変わらない頂上まで登ってもらわないといけないですね。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

【お知らせ】寺子屋へのお電話での連絡について


今晩は、本日も粛々。


ただ今、寺子屋へのお電話はつながらない状態になっています。
1・2日で復旧すると思いますので、
それまでの間、ご連絡はメールにてお願いします。

宜しくお願いします。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 03:46| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

知性と心


今晩は、本日も粛々。


寺子屋恒例、映画で授業日でした。
ブログと授業で、ちょいと呼びかけしただけなのですが、
満席御礼でした^ ^

image.jpeg

ほらミニシアターみたいな
ゾクゾクする雰囲気です。

今回は小学生や中1もいたので、
ストーリー的には単純で、映像がすごいので飽きない映画を3つチョイスし、
多数決で選んでもらいました。

デイ・アフター・トゥモローです^ ^

地球に氷河期が来て、大混乱という映画です。
映画で授業ですので、
講義のテーマは、

「父親」の回復がテーマの映画が乱立するアメリカ社会の病理。
(わかりやすく、ルフィみたいなリーダーばかりでいいのか?でも可)
知性と心が揃って初めて、人間は人間らしく生きられる。

というテーマでした^ ^

みんなが楽しんでいただけたのでしたら、嬉しいです。
いやー、映画って、
ホントいいものですね〜。

また機会があればやりましょう。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:31| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

無邪気な無神経


今晩は、本日も粛々。


http://mainichi.jp/articles/20160807/k00/00m/040/085000c
相模原殺傷 被害者の姉「とても名前は公表できません」 毎日新聞

気持ちがへし折れるような、言葉でした。

「この国には優生思想的な風潮が根強くあり、
すべての命は存在するだけで価値があるということが当たり前ではないので、
(被害者の名前を)とても公表することはできません」
と、複雑な思いを明かした。

優性思想とは、生まれてきてほしい命とそうでない命を区別し、
生まれてきてほしくない命については、人工的に生まれてこないように、
または社会から排除してもよいとする考え方です。

そんなに日本って、障碍者等々を差別しているの?と思うかもしれませんが、
親しくさせていただいている先生が、
今回の相模原殺傷事件についてイギリス人に聞いてみたところ、
そのイギリス人が述べた感想をかいつまんで紹介します。


それにしても160人もの障碍者を一ヵ所に集めた施設が、日本に何ヵ所もあることが驚きです。
イギリスにそのような施設があったのは、ビクトリア朝(1837〜1901年)のことです。


確かに、家族となるべく近くにいて過ごす、という観点からすると、
20名程度の施設が、街中にあるというのが、
老人や障碍者施設としては、適切な在り方なんでしょうね。
それが「当たり前」の文化からすると、
今の日本のあり方は、大量隔離・差別以外のなにものでもありません。

いずれ寺子屋恒例、各界で活躍する知人に「今の若い人たちに頑張ってほしいこと」
をお伝えする「知のスレッジハンマー」にお呼びしたいと思っている方のひとりに、
障碍者の就職支援を行っている方がいます。
この方自身も身体に障碍を持っていますが、社会で立派に活躍しています。

また、脊髄性筋委縮症を患って、寝たきりの24歳の方が、
一部上場を果たす会社の社長さんです。
http://www.dailymotion.com/video/x3mwzzq_%E5%A4%A2%E3%81%AE%E6%89%89-2016%E5%B9%B41%E6%9C%8817%E6%97%A5_fun
(夢の扉2016年1月17日)

世の中に知的労働が占める割合が多くなると、
障碍の有無は、そんなに大きな差でなくなるという証左です。

もちろん、こうやって世の中で活躍する方々ばかりでない事は承知しています。
でもそれこそ、活躍する人もいればどうしようもない人もいるというのは、
障碍の有無や年齢、性別、人種、国籍、性的マイノリティーなどなど、
どういう人にも当てはまることです。

とにかく、私たちの「当たり前」の背後に、
ひょっとしたら差別の構造があるのではないか?と疑ってみることは、
とても大切です。


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 20:50| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

練習量


今日は、本日も粛々。


寺子屋では、基本的に長時間勉強を是とします。
中には、
「小学生から勉強させるなんて可哀想」
「効率良く勉強すれば、長時間勉強は不要」
「勉強時間のわりに成績が今ひとつ。勉強時間と成績上昇が伴わないといけない」
こんな戯言なんか、(聞くに堪えない罵詈雑言のため自主規制)と思っています。

いみじくも4257安打という世界記録を達成したイチロー選手が言っていました。
小学校の時から猛練習していたら、
あいつはプロにでもなるつもりか、といつも笑われてきた。
この反骨精神が原動力です、と。

反骨心なんて、今までのイチローからすると珍しい発言ですが、
大事なのは、


★冷やかされるくらいの練習量をしていた


という点です。
今のイチロー選手に、
小学生のうちから野球漬けなんて可哀想、
効率良く練習すれば、もっといい選手になったはず、
練習時間の割にヒット数が少ない、
なんて言う人はいないでしょう。

イチロー選手でなくとも、東大や京大生に、同様のことを言いますか?
中には東大生や京大生は、我々よりコミュニケーション能力が足りないと、
おっしゃる方もおいでますが、
誰にも真似できないような特殊能力を伸ばした人にも、
常人と同じ能力も持っていなくては認めないなんて、
何様のつもりでしょうね。

かつては蛍雪の功のように、
学問の努力を認める空気はあったようですが、
スポーツは美談になって、
勉強は認めない、
おかしな話です。


。。。なんてことは言いません(笑)。

世間がこれだけ勉強を高く評価しないということは、
ちょっと頑張ればすぐ差をつけられて美味しいと思いませんか?

人工知能がいかに発達しても、
複雑な人間の知性を、すぐに全ての面で乗り越えられるでしょうか?
中途半端な知性は、
コミュニケーション能力を磨いて、
対人関係で生き残っていくしかないかもしれませんが。

どんなに科学が発達しても、それを使うのは人間の知性と心です。
知性と心を磨くのに勉強を馬鹿にした国は、
一部の独裁国家だけです。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

【お知らせ】13日の土曜日


今晩は、本日も粛々。

8月13日の土曜日、
夏期講習の中休みです。
私は粛々と、日中墓地にいる予定です。

夕方以降は空くので、
せっかくですから、映画を使った授業をやろうと思います。
何を観るかは、集まった人たちで決めようかなと。

知的な世界にお連れいたしますよ^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 04:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする