2016年06月28日

【お知らせ】中学生のご家庭への配布物


今晩は、本日も粛々。


保護者会で、石川県の公立高校入試分析について、
特に中2以下ではさらりとだけ触れましたが、
詳細な分析を冊子(合格本vol.1)をお渡しいたします。

7月上旬にはこちらに届きますので、到着次第随時、生徒に配布していきます。
中3生はもちろんのこと、
中2と中1生にも配ります。
2年もしくは3年分たまれば、
相当な情報量になると思いますので、
ぜひぜひご活用ください。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

勉強を楽しむためには

1606チラシ.JPGチラシ小学生.JPG

先日入った、中1・中2用チラシと、
小学生用チラシです。


今晩は、本日も粛々。

おかげさまで、1日1件ペースでお問い合わせをいただいております。
ありがとうございます。

勉強の楽しさを伝えたい。
こういうコンセプトの塾は、珍しいと思います。
物事を楽しむには意志の力が必要です。
そして、楽しむということは贅沢なことです。

ですから、楽しむだけの意志力が足りなかったり、
その贅沢さを理解できなかったり、
そういう場合はめちゃめちゃ厳しいです。

そういえば「受験生の夏休み、1日4時間」という今の子どもたちに合わせて、
皆が達成できる目標を掲げた中学校がありました。
可哀想に、
ハードルが高ければ高いほど、乗り越えた楽しさがあることも知らなければ、
低いハードルを設定されて、「バカにされている」と感じる気概も無いわけですね。

楽しさは、エサのように与えられるものではありません。
積極的に自分からつかみにいくものです。


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

燃え尽きました


中1・中2の募集チラシと

1606チラシ.JPG


小学生専用チラシが入りました。

チラシ小学生.JPG


土日に保護者会を行いました。
2020年の改革は、情報感度の高い保護者には追い風ですが、
そうでないご家庭ではとんでもないことになる改革ですよ。
で、厄介なことに、もう公立高校や中学校では、
この内容に沿っていろんな準備が進んでいます・・・ということを、
丁寧に論証いたしました。

これで新たに発表があった時に追加情報を行うだけで、
10月か11月の保護者会からは、ちょっと違う切り口でお話しいたします。

それにしても、
わざわざお忙しい中お越しいただくのですから、
少しでもためになる、少しでも面白い内容をと準備していますので、
毎度毎度、
終わった後の燃え尽き感がすごいです。

アンケートも1名以外、すべて最高の5でした。
全部5になったら、もう保護者会やらないでおこうと思っていたので、
ギリセーフです(笑)。

さぁ、
今度はどんなお話しをしようかな。。。


                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

小学生専用チラシ

チラシ小学生.JPG


今晩は、本日も粛々。

小学生専用チラシを出してみました。
数年後、ひょっとしたら、
小学生からいる生徒以外は、中学生になっても寺子屋に在籍できない。。。
って感じになっていくかもしれません。

というくらい、
小学生の下ごしらえが大事になってくる時代になってきました。

ですので、
二ヶ月に一度、京都まで低学年指導の勉強会に行ったり、
小学生の授業をいじってみたりしてみました。

小学生のうちに、
じっくり考えることは楽しい、
毎日机に向かうのが当たり前という習慣、
そして、
勉強が楽しいことを体感

してほしいと思います。
中学校受験をしないケースでも充分です。
保護者のかたがこっそり行って欲しいなと思っている高校も、
泉丘でいいんです。

点数を取ることには興味があるけれども、
世の中や人間に無関心というエリートより、
勉強の楽しさを噛みしめることができるエリートを育てていきたいなというのが、
寺子屋のモットーです。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

鶏も卵も先です。

1606チラシ.JPG

先日入ったチラシです。
毎日のようにお問い合わせありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

授業の際に折に触れて、
時事的な話や、ちょっとした雑談をすることが、
知的レベル向上には大切と考えています。

ここ最近はちょっと大変です。
6月23日は、沖縄で慰霊の日です(沖縄戦終結の日)
明日はイギリスEU離脱か残留かの国民投票が行われます。
7月10日は参院選。
話すのにちょっと時間がかかるところが多いですし、
中学生でしたら、イギリスが4つの連邦で成り立っていることすら知らないですから、
道のりが果てしないですが、
ちょっとずつ話していこうと思います。

基礎基本の徹底、応用の次は、
こういう社会に対する関心が次のステップになるのですが、
では実際の取り組みはというと、
基礎基本ができてから応用、応用ができてから視点を社会に広げる・・・
というふうにやってはいけないというのが、
難しいところです。

進学校に行って、
点数を上げることには興味はあるけれども、
世の中の変化に全く無関心という、
トンマにならないように、じっくり小中学生のうちから、
こういう内容を話していきます。

面白いもので、
小学生の方が、こういうの食いつきがいいんですよ。
まずは基礎基本ができてないうちに難しい話なんて・・・
逆ですよ^^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

チラシが入りました

1606チラシ.JPG

ずずんとチラシが入りました。
早速お問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。


今晩は、本日も粛々。

今の中1・中2は激動の大学入試を受けることになります。
ですので、成績アップを媒介にしながら、いかに下ごしらえをするか?
が、とてもとても大事な学年だと考えています。
今回の改革は、
成績上位10%ほどにはとても大きな影響があります。
つまり、寺子屋生はドンピシャで当てはまります。

今の中学生が学んでいる教科書で、改革の目玉だったのは数理社。
今回の改革で目玉は英語。影に隠れて国語。
ようやく全教科揃うわけですね。
ですので、じっくり時間をかけて、
下ごしらえを。

受験のイメージが、直前に頑張って仕上げていくファーストフードから、
じっくり仕込みをしていく和食に変わっていくということです。
キーワードは、知的好奇心。

そういえば、
今読んでいる本が斎藤環さんの『人間にとって健康は何か』。
質の高い人生を維持していくには、
知的好奇心などといった特性が不可欠という、
ユニークな考察で、面白くてぐいぐい引き込まれていきます。

今までの受験勉強でも、知的好奇心などの特性を伸ばすために設けられていたのですが、
点数を取るテクニックで、ごまかしも通用しちゃうので問題になっていたんです。
それが、変わるという理解でいいと思います。

こういうところまで考えている塾っていいなと思われる方は、
ぜひお問い合わせください。
いい高校に入りさえすればいいんでしょう?という方は、
他塾さんにお問い合わせください^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

清潔願望


今晩は、本日も粛々。


明日チラシが入ります。
中1・中2対象です。

1606チラシ.JPG

勉強ごときでくじけたくない、
気合が入った子たちからお問い合わせ、お待ちしています。


さて、18歳選挙権施行初の国政選挙が行われます。
(中2以下の授業で、実は雑誌1冊分、テーマについて書かれたものを読んでもらってから、
授業中に少しお話をしました)
それに合わせてか、今年は政治家から流行語になりそうなものが飛び交っています。

数年来のヒットになりそうな予感がするのは、
消費税増税延期は絶対にしないと言っていたが、
延期を決定した安倍首相が、野党からの追及で出た一言


「約束とは異なる、新しい判断をした」


ぜひ皆さんも使ってください。
宿題を忘れたときに、部活遅刻したときに、約束をうっかり忘れてたときに、
「約束とは異なる、新しい判断をしたんです」

個人的には、福田康夫首相辞任会見での一言、
「あなたとは違うんです」
以来のメガヒットでした。

もうひとつは、舛添問題ですね。
「違法ではないが、一部不適切」これもまた使いやすいですね。

それにしても、舛添問題は報道や空気が気持ち悪かったですね。
もちろんモラルとして、
また弁明のやり方がまずかった等々、
追及されてしかるべきなのです。

しかし、法律違反したわけでもなく、
しかも金額は東京都の予算からすると微々たる金額の引責させて、
50億ほどかけてもう一度選挙。
叩きたいから、叩いている。
市中引き回しのうえ、打首獄門を観ている感じでした。
観ている私たちの感情をスッキリさせるために、
徹底的に僅かな悪を叩く。。。という意味でです。

ちなみに、こういうのを全体主義といいます。
私たちが許せない、汚いと判断するものを排除するときって、
びっくりするくらい気持ちがいいでしょう?
ベッキーさんの不適切な関係(懐かしい表現ですね)しかり、
野々村議員のことしかり。

。。。というお話を、
学年によっては数回に分けてお話ししています。


あ、そういえば
中3は今月で募集を締め切ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

安定志向


今晩は、本日も粛々。


気付いたら1週間ブログを更新忘れていました。
高校生の将来の夢や、
高校生の保護者の方が子どもに就いてほしい職業のデータを見ました。
公務員・医療関係がずらっと並んでいて、
高校生の女子に「アイドル」とあるのが微笑ましいです。

キーワードは、経済的安定。

とにかくリスクを背負いたくない・・・みたいなコメントが多かったです。
が、リスクの少ない人生ってあるんでしょうか?

私が小学校の時、バブル全盛でした。
両親が公務員だったので、私や家族の生活には無風に近かったですが、
しょっちゅう言われていました。
公務員なんて安月給で可哀想に・・・みたいな話。
中学校でバブルが崩壊して、バカにしていた人たちは手のひら返して言いました。
いいね、公務員は安定してて。
私の世の中に対する冷めた眼は、こういうところからも培われました(笑)。

高校のときには、つい10年前まで大学生の人気企業たちが、
ばったばったと潰れてたり、買収されたりしていきました。
で、最近では、
外資系企業どころか、
日本以外で働くのも普通の世の中。

公務員もこれから、クビになる世の中になっていくでしょう。
教員は少しは大丈夫かな?
数を減らしたいという財務省の思惑と、忙しいからもっと増やせという文科省の綱引き。
現在のところ財務省やや有利。

で、安定って何ですか?
誰かに雇われているということは、
会社が潰れるかどうかを自分で回避できないってリスクを背負っているわけですね。

いくら経済的な安定なんて言っていても、
大きな災害、テロ事件、戦争ひとつで全部吹っ飛ぶわけですから、
そう考えると、
安定を望むより、多少のリスクにへこたれない人になった方が、
よっぽど現実的だと思います。

昔の人はいいこと言いますね。
可愛い子には旅をさせよと。
昔でしたら、生命の維持自体が不安定でしたからね、
尚更なのでしょう。
若いうちに苦労させて、タフな子に育てなさい。

寺子屋生もそうなっていってほしいですね。


                             ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

芸は身を助ける


今晩は、本日も粛々。


高大接続改革で、今後の塾業界、
中学生・高校生は映像授業全盛期を迎えるかもしれません。
なぜか。
高度な内容を教えられる先生が少ないからです。
幸い、寺子屋はそういうところに手を出さずに済みそうです。
手を出したとしても、補完的に扱うに留められそうです。

私は明治学院大学という、偏差値的には大したことがない大学出身です。
第一志望でもなかったのですが、
教授陣が素晴らしい
(といっても当時は書籍を出している先生が多かったという判断でしたが)
という理由で志望校に加えまして、結局進学することになりました。

大学の授業は、中学校・高校に比べて知的刺激に充ちていて、
それはそれは楽しんでいました。
法学部政治学科でしたが、
人文・社会科学を全般的に楽しみました。
この時に得た思考は、ビジネスでも教育でも仏教でも、
本当に役に立っています。

今回高大接続改革で、
生徒が勉強する内容に深く食い込んでくる理論のうち約3分の2を、
趣味として眺めてきた学問分野がカバーしてくれています。
残り3分の1の自然科学分野は、
普段私と教えている母親が、実はカバーできています。

「学問なんて、何の役にも立たないもんだぜ」と同級生に揶揄されてきましたし、
「しょうもない」と大人に言われ続けてきましたが、
音楽を聴き、本を読み、友や先生と語らい、映画を観てきたことが、
今や今後の教育のキーワードになってくるくらい、役に立ってくれるとは。
当時は夢にも思っていませんでした。

久しぶりに音楽でも1曲。
VAN HALENの『Not enough』



どんなに愛してみても、探してみてもそれでは足りない。
疲れ果てて気付いてみたら、実はすぐ傍にあった。

青い鳥と同じで、昔からあるシンプルな歌ですが、
当時アメリカを代表するアーティストにかかると、こんなにムードが出ます。

当時絶頂期にあった彼らは
今はバンドとしては分裂状態で、
サウンドの核であるギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンの家庭もバラバラになりました。
どんな状態でも、
それで充分ということはありません。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 13:23| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

高大接続改革セミナー


今晩は、本日も粛々。


現中2から始まる・・・いえ、もう既に開始している教育改革の、
セミナーに行ってきました。
この内容に基づいて、毎年保護者会を行っていますが、
これだけ大きな変化があるにも関わらず、
8割くらいの保護者は知らない(某塾2000名ほどの保護者アンケートより)だそうです。

実際の現場にいる教員たちは、
これへの対応に、日々頑張っているそうです。
つまり、
今の生徒から少しずつこの改革内容を取り入れていって、
準備を始めているということです。

その一端は、公立高校入試の変化・中学校の定期テストや実力テストの変化にも、
表れてきています。

実際、寺子屋でもこの変化に対応するために、
あるものを導入しました(小4〜中2)。
今この教材を使っているのは、石川県では寺子屋ともうひとつだけ(仲良しの塾)だそうです。
生徒の前に立っている人が感度が鈍い・・・
なんてのでは困りますので、
私も一生懸命、状況把握に努めています。

それにしても、世の中はどんどん面白くなっていきますよ^^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする