2016年05月10日

寺子屋ってついて行くの大変なんでしょ?


420.jpg

発売中のクラビズムに寺子屋が登場しています。


今日は、本日も粛々。

よくタイトルみたいに言われるんです。
実際のところはよく分かりませんが、
さくら個別指導学院@愛知県岩倉市のブログ記事に名作がありました。

「中学生は夜12時までに寝よう!」と再度お伝え!

テスト勉強で日付越え?と思われるかもしれませんが、
愛知県は7割方内申点で高校が決まります。
さてこの記事に対して、

>あなた方の塾は夜10時頃(正確には9時40分)まで授業を続けていますよね?
>これは一体どういう事でしょう?
>いくら急いでも、夜12時までに寝られる筈がありませんよね?

なんてコメントが寄せられたそうです。
あー、ワカリマス。
私もこういった、ネット社会の醍醐味みたいな言い分で悩んだ時期があります。

寺子屋の授業時間も、22時くらいですが、
このさくら個別指導学院の國立先生もびっくりしていた、
部活が夏時間19時・冬は18時半の河北郡市ですから
(しかも19時ぴったりに終わるとは限らない)、
で、私自身部活動は頑張って欲しい派なので、


「宿題も1日1ページちょっとくらいが目安、
ただ復習のしかたや勉強のしかたを工夫してもらって、
私も授業を工夫して、クリアしていく」


という形式を採っています。
で、今までの傾向を見ていて、これをキツイという子は、

・テレビを観ている時間が長い
・タブレットやスマホを持たせて、しかも保護者が管理していない
というケースが圧倒的に多かったです。
・宿題や復習をやらない(笑)→後々退塾になるケース

まぁ、実態なんてこんなもんです。
受験期になると、
22時まで授業を受け、その後復習のために自習して22時30分頃帰宅、
で学校が休みなら7時30分くらいには再度自習に来る、
という生徒が大半でしたから、
どういう生活リズムで臨んでいるか?ということの方が大事ですね。

実際、寺子屋の生徒・保護者にお話しを聞いてみても、
それぞれのご家庭なりにいろいろ工夫をされています。
で、そういうご家庭ほど「いやー、でも普通じゃないですか?」とおっしゃいます。
それを聞いて私は、
ご家庭や学校の努力も、その生徒の個性を形成する大切な要因と
感じるわけです。

上位校という目標に対して、
適切なリズムで生活を工夫したり、その工夫の補助をご家庭がしていたり、
こういうのも大切な訓練ですね^^
生活どうこうってところまで「塾が管理してください」=「先生にお任せしていますから」
でしたら、
そういうエリートってちょっとヤダなと思ってしまいます。

附属・泉丘・二水みたいな、上位校に進学するということは、
将来のエリート候補ですよね?
それにふさわしいプライドを持った生徒を、
塾・学校・ご家庭でスクラムを組んで、
育てていきたいと思っています。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 16:09| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする