2016年05月09日

旅から日常へ


今晩は、本日も粛々。


経営や学習指導は、計画・戦略戦術という理性の賜物。
日頃そういうところにどっぷり漬かっていると、
感受性が鈍る時を感じてしまうんですね。
今日はこんなに空が綺麗だったのに、何も感じないとか、
生徒がいつもよりいい顔しているのに、気付かないとか。
で、たいてい感性が鈍る時というのは、プラスの物事を感受することから抜け落ちるというのが、
人間のダメダメさというか、面白いというか、厄介なところです。

朝、雨が降っているから中尊寺に行こうとか、
真面目な施設ばかりだったから、ミーハーなとこに行こうとか、
ぶらぶら歩いて、ここは美味そう^^とふらっと入ってみるとか、
そういう無計画な旅を、
私は勝手に「感性のチューニング」と呼んでいます。

こういった遊びのために仕事を頑張るのか、
仕事を充実したものにするために、遊びで切り替えるのか。
私にとっては、遊びも仕事も連続のうちにあるので、
わざわざ区別する発想がよくわかりません。
高度な次元で、全体像を把握してしまえば、
仕事や遊びといった区別は、ただのコンテンツになってしまいます。
こういう考え方も、
今から振り返ってみると、勉強の構造ととてもよく似ています。


★人間は旅をしないと、真に孤独にはなれない


と言ったのは誰だっけ?
仕事や遊びを、自身の人生の中で意味づける。
塾長なんて、生徒や保護者から「先生」なんて持ち上げられて、
坊さんなんてのも同様で、
いとも簡単に天狗になってしまう世界ですから、
日頃からなるべく多くの人に関わり、
たまにそんな記号が通用しないような世界に身を置くという在り方が、
本当に大事だなと今回も痛感しました。

さて、昨日は母の日だったのですね。
京都を除いて、日本ナンバーワンスイーツに輝いている、山形県腰掛庵のわらび餅。
母親にお土産といって渡しました。
寺子屋保護者から、塾長みたいにしっかりした人に、ウチの子も育って欲しい
なんて言葉を頂戴したこともありますが、
私は相当遅咲きで、
自分自身の心の問題にケリを付けて、他者に心を配るまで相当時間を要し、
両親にはかなり長い間心配かけどおしでしたから、
決して褒められたものではありません。


image.jpeg


久しぶりに生徒たちの顔を見たのですが、
旅の最中は心配し通しだったので、個人的には久しぶり感がありません(笑)。
また、
飄々と、しかしラディカルにやっていきましょう^^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

せせらぎをBGMに


おはようございます、本日も粛々。


福島県に入り、無事47都道府県制覇です。
といっても、口にするほど感慨はないのですが(笑)、
青森空港から、ずっと一緒だったレンタカーを返すときは、
柄にもなくセンチメンタルな気持ちになりました。
5月2日から6日間で、1330キロ。
長いような短いような、不思議な気持ちになります。

野口英世記念館は、リニューアルされたばかりのせいか、
子供連れを中心に、たくさんの人で賑わっていました。
おそらく、職人的な実験技術を持つ医師の最後の人なのでしょう。
正確に、スピーディーに、同じ分量の薬品を試験管に分けるなど、
論文の内容を追跡できないケースもあったようです。
こういう人物が、未だに人気があるのは、嬉しいですね。

同時にダメ人間でもあったようで、
放蕩三昧することもあった点は、すぽっと抜けていました(笑)。

個人的に新しい発見は、
なかなかオシャレな人物であったこと、
気障で自身の顔でお気に入りの写真を大事にとっておいたとのことです。
職人的なこだわりが、趣味や自分にも向かっていたわけですね(笑)

さて、本日は天童温泉を探した時に偶然見つけた、
福島市からほど近い、飯坂温泉のこの宿でのんびり過ごします。


image.jpeg

外観が、ちょっとこわいです(笑)



image.jpeg

フロントです。
三島由紀夫の小説に出てきそうな雰囲気です。



image.jpeg

和室の隣には、昭和30年代の富裕層が住んでいた家の応接室みたいです。



image.jpeg

ファミコンコーナーが。
スーパーマリオ、もちろんやってみました(笑)



image.jpeg

部屋から川が見えます。
この応接室で、せせらぎを聞きながら、
47都道府県で会った人や行ったところなどを思い出したり、
kindleで本を読んだり、
寒く感じたら温泉に入り、
部屋で紫煙が風に弄ばれるさまを眺めたり、
時が遡ったような旅館で、
時が止まったような過ごし方ができるのが、
妙に居ごこちがよく、
でもそれは、旅が終わる切ない気持ちと、
また仕事に打ち込める歓びすらも、
まだ目の当たりにしたくないという、
駄々みたいなものです。

朝5時に起きて、ひと風呂浴びてから、ブログ更新。
東京で用事を済ませてから、寺子屋に戻ります。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 06:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ラスト1県を前にして


今日は、本日も粛々。


山寺付近のお店は旅館以外、全部閉まっていました。
そこで通りすがりの現地の人っぽい人に聞き込みです。
夜の気分は、お蕎麦ですね。
山寺から山形市までの間で、美味しいお蕎麦屋さん、ありませんか?
近くにホテルや旅館があるとこならベストです。
すると、最近テレビに出たよってところが、
天童温泉にあるよ、と。

将棋の天童市は知っていましたが、そこに温泉があるとは思いませんでした。
名門公立受験道場でもお馴染み、岡本塾さんから、
絶品スイーツが天童にあると聞いていたので、ちょうどいいです。

観光客向けというのは推測がつきましたが、
ただの蕎麦じゃなくて十割そばという点と、
東北のいかにも観光地レベルがどれくらいか知りたくなりました。
車に戻って調べると、温泉旅館がいくつか空いています。
決まりですね。

天童温泉に着いて気付いたのですが、
異様にラーメン屋が多いです。
フロントの人に聞くと、
山形では親戚が集まるとラーメンの出前を頼むくらい、ラーメン好きだと。
石川県の寿司感覚ですね
ところ変われば、食の感覚も変わる。
そういえば、
青森人は、形と味でリンゴの品種を、
北海道では、同じくジャガイモの品種を判別できると言っていました。

んー、気分は蕎麦だったのに。
じゃ、奥の手でしょう。


image.jpeg


image.jpeg


両方頼めばいいんです(笑)
味は若干物足りないですが、観光客用にすれば、一定水準をクリアしています。

山形の純米酒もグラス1杯だけ飲んで、温泉に入って、
翌朝、珍しく体調が悪いです。
明らかに食べ過ぎですね。。。

温泉に浸かったり、景色を眺めたりしながら、
チェックアウトギリまで体力の回復を待ちます。
こりゃ、会津若松城は行けなさそうです。

できれば鶴亀両方セットで見たかったのですが。
ぐぅ。。。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

仏繋がり


加茂水族館を後にして、そこそこと向かったのは、
土門拳記念館です。

仏像を撮るのでも有名な方で、
写真家初の記念館ですね。
私、結構ファンなんです^ ^

ここもしこたま楽しんで、15時くらいにまであっという間になりました。
タイミング的にもどんぴしゃです。
向かった先は、中尊寺に続きまたも天台宗の

image.jpeg

山寺という通称で有名な、立石寺(りっしゃくじ)です。
この階段が約1000段ありまして、


image.jpeg

この上くらいにあります^^;
日頃の運動不足が祟りますね、太腿にきます。
腿上げ、大事です。


ゆっくり15分くらいかけて、1000段余り登ると、

image.jpeg

水墨画みたいな世界が待っていました。
ちなみに、それぞれのお寺にはきちんと庫裡(くり)があって、
坊さんが住んでいます。
いろんな場所に浄財を求める場所があっても責めないでくださいね。
多分、観光による収入がないとやっていけないはずなので。。。


とはいえ、

image.jpeg

これには笑いました。


image.jpeg

登ったのはこれくらいの高さです。


image.jpeg

最上段の奥の院


image.jpeg

街が一望できます。


image.jpeg

わざわざ夕方に来たのは、このためです。
夕焼けを見たかったのです。
この後、20分くらい待つと、この山々が茜色に染まって、
涙が出そうになるほど美しかったです。

写真?


見惚れていて撮り忘れました(笑)
是非、直接その眼で見てください。

image.jpeg

ちょっと降りた場所で思い出して撮りましたが、
この色が山々一面を覆っていると想像してください(笑)。


亀井勝一郎は、大和古寺風物詩だったかで、
山に寺社があるのは、
一歩登るごとに、己が低くなり、そこに神が入ってくると言いましたが、





神じゃなくて、仏やろっ!





じゃなくて、

人智を超えたものへの畏敬、
そこに寺を築く情熱、
昇華したような信じる気持ちが、年代を超えて伝わってきます。

いやー来て良かった^ ^



。。。と、問題はここからです。
この後、泊まる場所やプランが全くありません(笑)
さぁ、どうしましょう?


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェリーフィッシュとチリドッグ


そいつがあれば生きていけると、
思っている俺はケツの青い、最新型のピストル〜

朝っぱらから車をとばして向かったのは、


image.jpeg

月山と水面が美しい、天然の日本庭園みたいな場所。


ここは、通称クラゲ水族館として有名な、
加茂水族館です

image.jpeg

フグに見つめられ、
写真は撮っていませんが、鱈にガンを飛ばされ、

image.jpeg

美しいクラゲの乱舞。


皆さんが見に行った時のために、
ごく一部だけアップします。

image.jpeg



image.jpeg


image.jpeg



image.jpeg



image.jpeg


何時間いても飽きないですが、
さすがに人が多かったです(笑)。

バブルの好景気にも関わらず、年間入場者数が9万まで減り、
クラゲに特化しようと思い立ち、
展示種類が世界一まで特徴を出したみたいです。

お土産もクラゲ一色。
アイスなどの中にもクラゲ入り。
徹底しています。

寺子屋もそうですね。
人口4万に満たない都市にあっても、
上位校に徹底的に特化しています。
それだけじゃ物足りず、
低学年のうちから、思考力を鍛える練習をしているくらいです。
こういうコンセプトの塾は、
金沢にもなかなかない。。。なんて言ってもらえています。

地方にあっても徹底的にとんがれば大丈夫。
見本みたいな水族館です。
あ、沼津の深海水族館もそうですね。

早速、次へと向かいます^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気持ちにえぐりつける


おはようございます、本日も粛々。


東日本大震災で、最も死亡率が高かった場所のひとつ陸前高田は、
結構精神的にやられました。
内陸から車で向かったのですが、まだ海が見えないうちから、更地が目立ち、
戸惑っているうちに高田小学校が見えました。

陸前高田は奇跡一本松を観光スポットにして、
多くの観光客で賑わっていました。

敢えて海岸近くの道路を通って、宮城県気仙沼に向かいます。
真っ直ぐ向かったのはここです。

image.jpeg

復興商店街
プレハブで一生懸命やっていました。
5年以上経過して、まだこの状態です。
気仙沼も、津波でボロボロになったビルや家屋が、ところどころにあります。
プレハブ自体も、おそらく2・3年ほどしか経っていないのではないでしょうか、
まだピカピカです。

宮城県は通過するだけの予定でしたが、
慌ててお菓子屋さんを探して、買い込みます。
いわしパイ人数分に、ネタを少し。ネタの方は数が少ないので、
早いもの勝ちね。

image.jpeg

対岸から気仙沼を眺めます。
日常ではこんなに穏やかな景勝地なのにね。
石巻は海岸近くまで行けませんでしたが、街は元気でした。

この経路も、ただの偽善的な同情です。
ただ、私たちの世代は、阪神・淡路大震災のときの後悔があります。
10年経って、他人事で済む人たちには昔の悲劇。
文字通り、劇。
しかし神戸の人たちから、
街は賑やかさを取り戻していても、いたるところに爪痕は残っているし、
気持ち的にも復興が終わった気が何一つしない。
という話を聞いて、ショックを受けたのを、
今でも憶えています。
だから私は今回、

★忘れないようにする

という道を採りました。


さて、石巻の後、大学時代の友人がたまたま仙台にいたので、
落ち合って牛タンをば。
娘さんも大きくなって、今年小学校4年生。
1時間ほど談笑して、
山形市へ。

岩手、宮城、山形と強行軍でした。
車中、眠くならないように一人カラオケも、
青森で買ったCDを全部聴き倒してしまいました(笑)

46都道府県まできました。
山形県は回りたいところが実はもう決まっています。
珍しい(笑)
では、行ってきます^ ^


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 07:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

カナリア鳴く空


今日は、本日も粛々。


image.jpeg

原敬記念館の庭園です。
盛岡に舞い戻ったのは、原敬記念館と、
盛岡市先人記念館(新渡戸稲造、米内光政、金田一京助)を観たかったのです。

新渡戸稲造は、寺子屋にお呼びしたい方の一人、
佐谷先生の著作『民俗学・台湾・国際連盟』で、関心が高くなった方です。
原敬は、人柄や政策過程の面であまり好きじゃないですが、
政治思想的には好きな路線にある方なので。
米内光政は、十五年戦争期間の首相で最も好きな方です。

たまたま盛岡市を代表するような著名人が、
揃って国際協調派というのも、また面白い話です。


そしてもうひとつ、盛岡に舞い戻ったのは、
太平洋側経路で、石巻まで行きたかったからです。

陸前高田です

image.jpeg

image.jpeg

まだ、津波でボロボロになった建物が少しだけ残っていました。
(すみませんでし、写メ撮る気持ちになれなかったので、画像ありません)
瓦礫撤去もだいぶ終わり、少しずつ、復興しつつあります。
訪れる方も結構多いです。
これから世間の関心は薄れていく一方なのに、
自分たちの生活は戻っていない。
今後のほうが辛いはずです。

追悼施設で手を合わせて、
生徒たちへのお土産は、ここで買って、
次は気仙沼に向かいます。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

また、リンゴ


さて、次に足を伸ばしたのは、


image.jpeg

渋い名刹でしょうか。


image.jpeg

歴史好きとしてはたまらないお城でしょうか。


image.jpeg

映画やドラマの撮影現場によく使われる、
えさし藤原の郷です。

たまにはミーハーなとこも行かないとですね(笑)
富山の太田先生@教銘舎のオススメで寄ってみました。
岩手県のお土産をここで買おうとしましたが、
江刺もリンゴで有名なんです(笑)

さて、今から盛岡に北上します。
南下していたのにけったいなルートを採りますが、
2つ理由があります。

詳しくは明日。。。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めくれたゴールド


東北の午前は雨でした。
東北の木々に雨がよく似合います。
ということは、行き先が決まりました。


image.jpeg

しっとりした青の美しいこと。


image.jpeg

陽が出てきたので、陰翳礼讚ですね(笑)
もうわかりましたか?


image.jpeg

本堂です。
さすがに仏像は撮りません。

中尊寺です。


image.jpeg

敢えて逆光を狙ってみました
あとは、讃衡蔵(宝物殿)を見れば満足なのですが、
一応金色堂も見ましょうか。。。

あ、中尊寺に来られる方は、必ず讃衡蔵は観てください。
平安時代作の阿弥陀如来像や、鎌倉時代の大日如来(一木造翻波式)は圧巻ですし、
当時の僧の数珠片はすり減りかたが、ぱねぇです。

さて、後ろ向きな気持ちだった金色堂ですが、
予想以上に良かったです。
多分、藤原清衡はかなりの仏教マニアです。
金色堂の正面は阿弥陀如来像という説明でしたが、結んでいる印が違います。
何かしらの意味があるのでしょうね。
藤原清衡は、朝廷や有力貴族と租税を巡ってやりあったので、
ジャイアンっぽい性格だと思っていましたが、
平清盛っぽい人だったのかもしれません。
帰って調べてみます。

さ、次は毛越寺?
いえいえ、、、

ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しく煙る森


おはようございます、本日も粛々。


朝5時に起きて、朝食と朝風呂の前に車を動かします。
学生時代に上高地に行った経験から、
どうしてもやりたいことがあったんです。


image.jpg
弘前城では葉桜でしたが、田沢湖ではちょうど満開です。
花見?いえいえ、一路田沢湖に向かいます。


image.jpg
あいにくのお天気ですが、
夜半からの雨は止んでいます。これは好条件。


image.jpg
やはり人間の想像を遥かに超えたものには、
必ず信仰が付き纏いますね。


image.jpg
朝靄に煙る、美しい湖畔です。
そうなんです、早朝の湖は、
この靄や霧の美しさがあるんです。


image.jpg
その靄の中に突入しました(笑)
これをやってみたかったのです。
間違っても安易に、スモーク・オン・ザ・ウォーターなんて言いません。

さぁ、今日はどこに行こうかな。
今日も明日も風まかせ。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする