2015年12月09日

ハマータウンの成道会野郎ども

1511チラシ表.JPG1511チラシ裏.JPG

最近入っているチラシです。
あと1回入ると思います。


今晩は、本日も粛々。

12月8日は、真珠湾攻撃の日でもあり、
ジョン・レノンの命日でもあり、
御釈迦様が悟りを開いたとされる、成道会(じょうどうえ)でもあります。

私は真宗大谷派の僧侶でもあるので、寺子屋はリアル寺子屋なのですが(笑)、
真宗は御釈迦様より、開祖親鸞上人万歳の色彩が強いのですが、
別院等では成道会の法要も行われております。
御釈迦様絡みで大事な日は3つあります。
灌仏会(かんぶつえ)4月8日、御釈迦様の誕生日、つまりメリシャカです(笑)。
成道会 12月8日
涅槃会(ねはんえ) 2月15日、御釈迦様の命日

ネットで般若心経の現代語訳が面白いと話題になっていたそうですが、
私もお参りをしながら、
もっとわかりやすく内容を伝えられないものかと、
毎度毎度頭を悩ませています。

勉強と共通することもとても多いのですよ?
例えば、
迷った時には、目の前の信じていることに一生懸命取り組んだら、
自分の使命は、向こうから勝手にやってくるぜ!
(もちろん続きには、その時にふと口から出る南無阿弥陀仏は、最高の念仏だぜ!とあります)
受験勉強に意味があるのかと、打ちひしがれるときなんてしょっちゅうあると思いますが、
目の前のことを粛々と取り組んだ人にしか、その意味なんて見えてきません。
そして、その意味なんて、人によって全部異なります。

例えば、
仏教で一番大事なのは信じることだぜ。
いくらたくさんのお経を読みかじっても、信じる心の無い知識は、
無駄なんだぜ!

反知性主義という言葉が、時々ニュース等で出てきています。
どうも「バカ」を小難しく言い換えただけみたいな使われ方をしていて、
辟易とするのですが、
ヘイトスピーチにしろ、語義を確かめずに言葉の印象で使うケースが目立ちます。
デモで安倍首相へのヘイトスピーチが行われている、
なんて文言を見た時には、頭がクラクラしました。

反知性主義は、理論にかなっているかどうかではなく、感情にかなうかどうかで判断する事
と、小学生にでもわかるようにざっくりと説明しています。
もともとは、私たちの知識偏重に対する警告から出た言葉で、
決して、「知性の無いバカ」というわけではありません。
だいたい、無知蒙昧な判断は、何も考えていないわけですから、
主義なんて言えるわけがありません。

知識偏重、理論偏重で見るのではなく、たまには生活者としての感情や、
感覚に耳を傾けてみましょうねという意味合いでもありますし、
もっと積極的に、お高くとまった賢い連中の机上の空論より、
俺たちの実学の方が役に立つんだい!という、
民主主義の発想でもあり、インターネットやベンチャーの発想でもあります。
それが極端に傾くと、最悪の衆愚政治になります。
マッカーシズムとか、廃仏棄釈運動とか、
お高くとまった連中は全部ぶっつぶせ、、、のように。

で、仏教(正確には、御文、、、あなかしこって言っているあれです)で言っている、
いくら仏典をたくさん読んでも、信じる心がなければ無駄だぜ!ってのは、
典型的な反知性主義だと思うんです。
仏典を理解しただけでOK、スペシャルだって思うなよ、
信じる心があって初めて、出発地点に立つんだぜって。

これは勉強にも通じる話だと思って、深く深く感動するわけです。
なんぼいい点取っても、知性が磨かれても、
学ぶという謙虚で素直な心を忘れたらアウトだぜ、、、のように。
仏典だけでなく、古今東西問わず、素晴らしい書物には必ずこうした、
猪突猛進作用と、ブレーキ作用を同時に含んでいると思うのです。
それは勉強も同じ。

受験勉強という、一見社会悪に、
なぜこんなにも塾の人たちや、学校の先生たちが熱くなるかといえば、
このような相互作用と、
さらに解が生徒によって異なり、
しかも受験の時点で終わらないストーリーが続いていくことにあると思うのです。
それは、
志望校の偏差値で表現できるようで、表現できないようで、
やっぱりできるという代物でもあるからです。

というお話を、
最近授業でしています(笑)。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:39| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする