2015年12月01日

歯を磨くように、毎日勉強する習慣

1511チラシ表.JPG1511チラシ裏.JPG

11月30日(月)に入ったチラシです。
新中3は、あと4席で入塾待ち(増席予定無し)です。


今晩は、本日も粛々。

これだけ入試や学校のテスト内容が難しくなってくると、
・・・思考力・判断力・表現力重視のテストですね・・・
どうしても、
基本事項の取得、
基本事項の理解、
それらを実際に使いこなす(応用力)
という3ステップを行う必要がでてきます。

そうすると、
テスト前だけ勉強するような生徒は、果たしてどうなるんだろうと思ってしまうのです。
まぁ、だからこそ中3の地域統一テストで150点未満が大量発生してしまうのですが。

寺子屋生は幸い、統一テストで、一番悪い生徒でも平均プラス40点くらい。
平均だと河北郡市プラス100点以上
(本当はプラス120点を目指していたのですが・・・^^;)
は取れました。

まぁ、そのコツはと聞かれれば、何を置いても


★毎日勉強する習慣


これができていないとまず不可能です。
毎回の季節講習でも、毎日勉強してもらう習慣付けを意識した内容しているのは、
そういうことです。

勉強はおもしろいもので、
本人が怠け者かどうか、
部活が忙しいかどうか、
止むにやまれぬ事情があるかどうか、
どんな理由にせよ、

やったか、やらないか

で差がつくのであって、
我々大人が、その生徒が置かれている状況に同情できるかどうかは、
関係ないわけです。

まぁ、毎日勉強する習慣が無い生徒が、
進学校に行くと悲劇が待っているわけですから、
こういうことをまずしっかりと身に付けるというのは、
昔の受験と、
ある意味一番異なる点かもしれません。

しかしながら、思うわけです。
これだけ中学校内容が難しくなるということは、


毎日勉強する習慣がある生徒にとってみては、
知的好奇心が刺激される、いい内容にどんどんなってきている


ということだと、思うのです。



                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする