2015年08月28日

場所の感覚


今晩は、本日も粛々。


アメリカ人禅僧、日本社会の構造に分け入る

という本を、半分くらい読み終えました。
例えば、今流行りの言葉で言うなれば、パワースポット。
欧米人には、迷信っぽく見えるそうで、
はたと膝を打ちました。

代々お寺をやっている(父で23代目)家に生まれると、
知らず知らず身についている感覚というものがあって、
そのひとつがこの、場所的な感覚なんだと思います。
別に寺っ子(笑)でなくては身につかないわけではなく、
どうしても敏感にならざるを得ないといいますか。

小学校の時、法隆寺に行きましたが、
素晴らしいは素晴らしいのですが、あくまで過去の遺物として感じましたが、
カンボジアのアンコールワットに行った時は、
信仰が今も生きているその圧倒的な雰囲気に、胸が熱くなりました。

西洋人に理解できなくて、東洋人に理解できるというわけではなく、
そういう切り口で言うなれば、
寺子屋は場所を売るところでありたいと思います。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする